呂布特集
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

中国最初の正史『史記』のあらすじ解説と「本紀」の謎

司馬遷(しばせん)




司馬遷(しばせん)

 

史記(しき)』は前漢(ぜんかん)(前202年~後8年)の司馬遷(しばせん)が執筆した歴史書です。『史記』は後世の呼び名であり、最初の書名は『太史公書(たいしこうしょ)』。中身は「本紀」・「表」・「書」・「世家(せいか)」・「列伝」で構成されています。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

この形式は「紀伝体(きでんたい)」と呼ばれ、後の歴史書にも使われました。そもそも『史記』とは何か?『史記』について語ると長くなるので、筆者は分けて語ろうと考えています。

 

今回は史記の構成の1つ「本紀」について解説します。

※記事中の歴史上の人物のセリフは、現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「史記 あらすじ」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった

関連記事:なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?

 

 

「本紀」帝王の記録

 

「本紀」は大雑把に言えば帝王の記録です。『史記』を筆頭とした後の歴史書も始まりは、「本紀」からになっています。『史記』の最初は「五帝本紀」。

 

これは中国の開国伝説であり現在、信じる人はいません。大昔の人は信じていたようですけど・・・・・・

それが終わった後は殷王朝と周王朝を扱った「殷本紀」、「周本紀」が掲載されています。はっきり言うと、これも伝説のような内容が占めています。

 

紂王

 

具体例では「殷本紀」には殷の紂王(ちゅうおう)が酒の池を作って、木に肉をつるした「酒池肉林」の話や「周本紀」には西周の幽王(ゆうおう)が愛人の褒娰(ほうじ)を笑わすために諸侯を集めるための鐘を無駄に鳴らした結果、諸侯に背かれて命を落とした話があります。

 

始皇帝(キングダム)

 

「周本紀」が終わると「秦本紀」が出て、その後は始皇帝(しこうてい)個人を扱った「秦始皇本紀」が登場します。

 

 

不可解な構成の「本紀」

項羽(はじめての三国志)

 

「秦始皇本紀」終了後は、項羽こうう個人を取り扱った「項羽本紀」となります。

 

ここで疑問が生じます。項羽は天下統一や皇帝になったわけでもないのに、なぜ本紀があるのか?一説によると、司馬遷は始皇帝の対立者として項羽が必要であり、後に前漢が出来上がるためにもその対抗者として項羽を省くわけにはいかなかった、と言われています。

 

その証拠に「項羽本紀」の次は「高祖(こうそ)本紀」・・・・・・つまり、劉邦(りゅうほう)の本紀です。「高祖本紀」終了後は「呂后(りょごう)本紀」・・・・・・劉邦の妻の本紀になっています。

 

やはり項羽と同様であり、どうして皇后に対して本紀が置かれるのか疑問視されました。これに関しては、劉邦の後を継いだ第2代恵帝(けいてい)から第4代後少帝こうしょうてい)が病弱・年少であったことから、呂后が摂政をしていました。

 

呂后は皇帝に準ずる権力を持っていたことから、「本紀」を設けられたと言われています。

 

消えた「今上本紀」!?

武帝は前漢の第7代皇帝

 

そして「本紀」最大の謎は「今上本紀」・・・・・・司馬遷が仕えた前漢第7代皇帝武帝(ぶてい)の本紀が存在しないことです。『史記』の目録には「武帝本紀」と記されており、「武帝本紀」の本文も存在していますが、これは矛盾しています。

 

なぜなら、武帝というのは死後にその皇帝に付けられるおくり名なので、司馬遷が『史記』を執筆していた時に呼ぶはずがありません。日本で例えるのなら、今の天皇を令和天皇(れいわてんのう)と言わないのと一緒です。

 

また、司馬遷も『史記』の内容紹介に該当する「太史公自序(たいしこうじじょ)」で「今上本紀」を書いたと記しています。現在、「武帝本紀」は『史記』の中にある「封禅(ほうぜん)書」をもとに、後世の人が創作したと研究の結果が出されています。

 

「今上本紀」はどこに消えたのでしょうか?

今でも永遠の謎とされています。

 

漢代史ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が『史記』の構成の1つ「本紀」についての解説でした。筆者は大学時代に『史記』の翻訳本を半年間かけて読みましたけど、頭にはほとんど入りませんでした。

 

通学電車の中で少しずつ読み進めていき、「本紀」だけで2か月かけたことだけは記憶しています。この間、友人にその話をしたら、「もう1度やってみなよ!」と言われました。

 

もう無理・・・・・・

 

※参考文献

・小倉芳彦「司馬遷―「記録者」の意義と生涯―」(『世界の歴史3 東アジア文明の形成』 筑摩書房 1960年所収)

・宮崎市定『史記を語る』(初出1979年 後に『宮崎市定全集5 史記』岩波書店 1991年所収)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:『史記』のはじまりは三皇本紀?五帝本紀?

関連記事:【史記】には解説書が3つ三家注って何?

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 




晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 解煩督 呉 司馬炎は滅呉するまでに時間がかかった理由は?呉は手強かった?
  2. 孔明 なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム…
  3. 張嶷 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認…
  4. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  5. 田豊 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが…
  6. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  7. 王昭儀 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性
  8. 成廉、魏越、呂布 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 敵対勢力を殺害する賈南風
  2. 前原一誠
  3. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  4. 病気がちな孔明
  5. 長坂の戦いでの趙雲
  6. キングダム
  7. 騎射の術に長けた騎馬兵士

おすすめ記事

  1. 漢代まではリアルダンジョンだった蜀 城 銅雀台
  2. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 卑弥呼
  3. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 対蜀戦を任される前の曹真はどんな活躍していたの? 後ろ向きになって弓矢を放ち虎を倒す曹真 虎豹騎
  5. 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの? 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  6. 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面 スピリチュアルにハマる光武帝

三國志雑学

  1. 二刀流の劉備
  2. 軍師孔明
  3. 劉備主役
  4. 曹操に降伏する教祖・張魯
  5. 劉邦


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  2. 梁興と馬騰
  3. 月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家
  4. 郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

おすすめ記事

はじめての三国志 画像準備中 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族) 蜀軍に魔法と魔獣を使って徹底抗戦した木鹿大王がおもしろい 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは 王翦 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何? 五虎大将軍の趙雲 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 南蛮胴を身に着けた織田信長 【織田信長の噂】信長の遺体が見つからない理由と天皇に就任しようとしていた説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP