ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張飛の魅力をもっと知ろう!実は脳筋なだけじゃない張飛

実は頭がイイ賢い張飛


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

五虎大将軍の張飛

 

三国志における有名武将の一人、張飛(ちょうひ)。この張飛は色々なメディアやゲームで紹介されていますが、その多くが「知力が低い脳筋」として描かれていますね。

 

実は頭がイイ賢い張飛

 

しかもそのせいで失敗してばかりみたいに……しかし張飛はそんなに脳筋ではありません!そこでこの脳筋なイメージを覆しつつ、より張飛の魅力を知って頂きたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「張飛 魅力」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽と張飛はどんな出会い方をしたの?正史三国志と三国演義を比較してみた

関連記事:蛇矛の長さは2メートル67センチ!本当に張飛は使っていたのか?

 


 

張飛は結構頭が良い!

張飛は文武両道

 

さて脳筋でいつも失敗しているイメージのある張飛ですが、その武勇は凄まじく、万夫不当と色々な人物に称えられています。しかもその一方で、段々と知略の面でも成長をしていくのです。

 

大声を出す張飛

 

例えば長坂の戦い。ここで張飛は劉備を逃がすために殿として橋の上で曹操軍と対峙します。この時の曹操軍は大軍、対する張飛は僅かな兵士しか従えていませんでした。張飛は橋を一つを残して破壊、背後に兵士たちを潜ませて残った橋の上で曹操軍を迎え撃ちます。

 

そして兵士たちには伏兵を装うように命令して背後に控えさせます。この伏兵を警戒して曹操軍は進むことができませんでした……伏兵を演出した張飛……賢い子!更に入蜀時には敵将であった厳顔を説得しますが、そこではこんなエピソードがあります。それを次に紹介しましょう。

 


 

自分が信頼した人間にはとっても敬意をはらうよ!

亡くなる張飛将軍

 

張飛の最期と言えば部下に背かれての暗殺です。また粗暴な振る舞いが多い張飛は、多くの人に怖がられていました。しかし張飛がただ粗暴なだけではなかったというエピソードとして、それが江州での厳顔の生け捕りがあります。

 

この時に張飛は厳顔を詰問する場面があるのですが、ここで張飛に屈することなく、厳顔は「我が州には首をはねられる忠臣は居ても、降伏する将軍はおらぬ」と張飛に言い返します。これに張飛は激怒して厳顔の首を取ろうとしますが、厳顔は怯えることなく「「首を刎ねるならすぐにやれ」と言い放ちました。この厳顔の振る舞いに張飛は感動、その後は厳顔に敬意を持って接したといいます。

 

このように、張飛は自分が感服した相手に対してはちゃんと敬意を持って行動できる人物なのです。


 

張飛の粗暴さは劉備をかばうため?

張飛と劉備

 

「でも張飛は乱暴ですぐ暴力を振るうよ!」という張飛のイメージがありますよね。しかしこれは三国志演義の演出。実際は劉備がやった行為や、劉備の失敗を張飛に落とし込んで演出していることが多々あるのです。

 

三国志演義の劉備は仁徳の人ですから、それを覆すような行為はできません……そこで張飛に、という訳なのです。

 

とはいえ、張飛が全く粗暴ではなかったという訳ではありません。張飛は上官に対して敬意をはらう一方で、兵士などの下の身分の人たちへの扱いが良くなかったと言われています。このことから後に暗殺されてしまうのですが、別の見方をすれば張飛は上の人物の立場にコンプレックスを抱えていたのではないでしょうか。

 

そう考えると、張飛は何だか人間味のある、親しみやすい人物と思えてきます。


  

 

 

張飛の色々なエピソードと民衆受け

張飛、劉備、曹操

 

そんな張飛ですが、長坂での仁王立ちは、三国志演義で民衆にもとても受けの良いシーンだと言われています。このシーンではみんなが盛り上がって楽しんでいるんですね。また意外にも、張飛が暴力を振るうシーンも喝采が湧くのだとか……つまり意外にも、粗暴な張飛というのは民衆受けが良いのです。これは張飛のコミカルな人気、と言えると思います。

 

史実ではないものの、花関索伝では張飛は関羽の妻子を殺すことができずにひっそりと逃がすなどの行動をしたように描かれています。筆者はここにも、張飛の人間味を感じるのです。劉備が仁徳の人、関羽が軍神、と称えられている中で、張飛というのはより民衆に近い、同じ目線を感じられる人物と思われていたのかもしれませんね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

 

張飛と言えば脳筋、というイメージは聊か間違いであることは分かって頂けたでしょうか?張飛はやや暴力的な印象がありますが、そこを踏まえても張飛には関羽たちとはまた違った魅力があります。それは「人間味」。

 

ある意味張飛が暴力を振るうシーンも、人々からは憤りを見せる人間味、と捉えられていたのかもしれませんね。皆さんもただ張飛の行動を暴力的と見ずに、改めて張飛の行動を見直してみて下さいね!

 

参考記事:張飛 wikipedia

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛にはどんな逸話があるの?イメージとは違う張飛の実像

関連記事:張飛はすごい神だった!関羽に劣らず張飛の神格化もスゴイ件!

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵 【衝撃】馬の乗り方を知らなかった三国志武将
  2. 王異 軍師・司馬懿と女策士・王異を比較!軍配はどちらに!?
  3. 空を飛ぶスーパーマン袁術 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  4. 曹操と虎豹騎 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  5. 袁術と劉繇 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯…
  6. 陳寿(晋) 三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成した…
  7. 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む
  8. 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 陸遜
  3. おんな城主 直虎
  4. 騎馬兵 騎馬軍団

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ! 孔明
  2. 劉禅は父親に似ず暗愚であるって本当? 君たちはどう生きるか?劉禅
  3. 【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの?
  4. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった 太平道 黄巾賊
  5. 漢唐訓詁学なんてのがあるけど、漢と唐って似てた?それとも全然違った? 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  6. 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌

三國志雑学

  1. 王平は四龍将
  2. 蜀の劉備
  3. 蜀の外交官・鄧芝
  4. 于吉と張角
  5. 異議ありと叫ぶ司馬懿


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 虎形棺座
  2. 安土城 織田信長が作らせた城
  3. おんな城主 直虎
  4. ボロボロになった馬超
  5. 七星剣

おすすめ記事

劉備 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは? 丁奉(ていほう) 丁奉の能力を数値化してみた(呉書丁奉伝を参考) 張飛の男気人生 長坂の戦いとはどんな戦いだったの? 孔明 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ! 司馬懿 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの? 山頂に陣を敷いた馬謖 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった! 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかしエピソード 濮陽の戦い編 kawauso kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すってよ!」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP