姜維の逸話を読み解いてみる。意識高い系かそれとも悲劇のヒーロー?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀の姜維

 

姜維(きょうい)のキャリアってよくよく考えると不思議なところがありますよね。

 

二刀流の劉備

 

蜀を支えていた人材というのは、たいてい劉備玄徳(りゅうびげんとく)が生きていた時代のイケイケムードの時に集まった人たちですから、劉備死後、魏と蜀の国力差がどんどん開いている時期になってから加わった姜維は、キャリア設計としてはかなり異色です。

 

魏から蜀に下る姜維

 

そのうえ少なくとも『正史』のほうに依拠するかぎり、魏で特に不遇だったようにも見えないのです。むしろ魏の国内に母親を置き去りにしての蜀入りというのですから、家族親戚の縁も失った孤独な後半生になったといえます。

 

老婆心ながら、ちょっと気になってくること。姜維はいったい蜀軍に入って幸せだったのでしょうか?

 

自称・皇帝
当記事は、
「姜維 逸話」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維と鍾会はなんで手を組んだの?二人の思惑を考察

関連記事:姜維の評判はどうなの?正史注釈者や魏志春秋著者や正史著者から見た姜維

 


 

姜維の逸話から見えてくる「母子家庭での苦労人」としての姿

水滸伝って何? 書類や本

 

彼の生い立ちを『正史三国志』の「蒋琬費禕姜維伝」からおさらいしてみましょう。

 

晋の陳寿

 

正史の著者、陳寿(ちんじゅ)の筆では、このように説明されています。

 

・姜維は幼くして父を失い、母と暮らしていた。

・父は異民族の反乱の際に身をもって郡将を守り、戦死した。

 

さらりと触れられているだけですが、お父様は相当な武人であり、最期も華々しいものであったと推測されます。

 

残された幼い姜維は母子家庭で育てられ、苦労をしたことも多かったでしょう。また父親の働きぶりや、死に方の見事さの話などを親戚からされて、男子としてはどのような心境だったでしょうか?

 

プレッシャーと感じていたのでしょうか。それとも「自分もいずれは一流の武人に!」という想いを強くしていたのでしょうか?

 


 

二十代の姜維が蜀軍に参加した経緯とは?

孔明と姜維

 

同じく「蒋琬費禕姜維伝」によれば、姜維の蜀入りの経緯は以下の通りです。

 

・二十七歳だった姜維は、街亭の戦いに魏の側の武将として参加していた

・そのとき、魏軍の将軍たちは相互の疑心暗鬼で混乱していた

・諸葛亮の軍勢出現の情報で天水の太守がなぜか戦場離脱してしまった

・それで姜維軍は前線に取り残されて帰る場を失い、やむなく諸葛亮に投降した

・そのときたまたま馬謖が街亭で敗北した

・泣いて馬謖を斬った諸葛亮が蜀の中央に「この姜維という人材はいいよ!」とめちゃくちゃ推挙してくれた

・それでなんとなく、諸葛亮と一緒に蜀に帰還した

 

だいたいこのような記述で綴られているのですが、率直なところ、話のつながりがいまいち釈然としない箇所であります。


『正史』に挟まれる裴松之の注釈が、姜維をめぐっていろいろと陳寿の本文と食い違う件

歴史書をつくる裴松之

 

『正史』の特徴のひとつは、著者の陳寿の本文間に、後世の人物である裴松之(はいしょうし)がたびたび異伝や異論を注釈として挟み込んでくるところにあります。

 

この裴松之による注釈というのが、しばしば陳寿の人物観とは「ぶつかって」いて、作者と注釈者との「見解の相違」がしばしば面白い読みどころともなるのですが、たとえば姜維についても、「姜維は功名を樹立することを好む人物であった」という裴松之の注釈が入っています。

 

裴松之(歴史作家)

 

同じ「蒋琬費禕姜維伝」における裴松之の注釈では、こんなエピソードも紹介されています。

 

・姜維はもともと魏の郭淮と馬遵の部下だった

・三将にて軍を率いて巡察している最中に諸葛亮軍の出現の情報が入り、「こりゃやばい」と郭淮がさっさと退却してしまった為、残った馬遵と姜維の間もギクシャクした

・それぞれ「勝手に行動しよう」という流れになり、姜維は姜維でいったん冀県に戻ったが、いろいろあって諸葛亮との交渉役を任された

・そこで諸葛亮と会っていろいろと気に入られているうちに戦争が始まり、帰るに帰れなくなった姜維は、蜀に降伏して諸葛亮についていくことになった

・その後、離れ離れになった母親から、「魏に帰ってきてほしい」という手紙を受け取ったが、それに対して「良田を得た人間は生家の田など恋しくなくなるものですし、将来に大望のある男は故郷のことなど忘れるものです」という、かなり冷たい内容の返事を出した

 

こちらは、なんだか姜維の印象があまりよくない経緯説明となっています。

 

基本的には「功名や出世のためにやっているのではない!」というスタンスの英雄が多い蜀陣営の中で、「大望の為には家族も云々」と言い切ってしまっているというのは、ちょっと異色な雰囲気ではないでしょうか。

 

個人的な意見としては、いわゆる「意識高い系」のキャリア志向の人に感じるような、ちょっとした反発も感じてしまいます。


まとめ:そもそも姜維とその他の蜀の将達はうまくいっていたのだろうか

孔明と姜維

 

そういえば姜維はナリモノ入りで蜀に加わったように見えて、実はやけに彼をヨイショしているのは諸葛亮一人だったりします。

同じく正史の記述によると、

 

・投降した姜維を従えた諸葛亮は蒋琬に向けて手紙を書いた。

「この姜維という男は与えられた仕事を忠実に勤め、思慮精密であり、涼州における最高の人物である」

「度胸もあり、兵士の気持ちを深く理解し、漢王朝への忠心も高く、人に倍する才能を有している」

 

この手紙はなんだかやりすぎにも思えます。

 

三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

現代にたとえれば、優秀な新卒を手に入れて舞い上がった人事担当者が、内定辞退を恐れるあまりめちゃくちゃ気を使っているような、大人の文章らしからぬ「興奮とあせり」を感じます。

 

泣いて馬謖を斬る諸葛亮

 

泣いて馬謖を斬っちゃった直後なので、諸葛亮もなんだか冷静でなかったのかもしれません。そして現代でいえば、こういう経緯で入った若者というのは組織の中でいろいろとイヤな目にあい、うまくいかなくなるパターンです。

 

蒋琬(しょうえん)

 

その後の蒋琬(しょうえん)費禕(ひい)との微妙な関係を見ると、さらにこのあたりが、実際はどうだったのか心配になってきてしまいます。あくまで仮説ながら、もしかしたら姜維って仲間からはあんまりよく思われないタイプだったのかもしれません。

 

ナリモノ入りで蜀に加わったものの、同世代から理解を得られず孤立して生涯を終えた悲劇のヒーローなのか。それとも「男というものは大望の為には家族もなんとやら」な傲岸な「意識高い系」であり、周囲に反発されても仕方のない人だったのか。

 

ここは解釈が分かれるところと思いますが、皆さんは、どうお考えでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維は五丈原で何をしたのか?諸葛亮死す!愛弟子の姜維が取った行動とは?

関連記事:姜維はなぜ魏から蜀に寝返った?

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 


 

関連記事

  1. 本当は蜀と同名を結びたい孫権
  2. はじめての変

    1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

    三国志のゲームなどをやっていると兵糧という言葉を目にします。…

  3. 袁紹VS公孫瓚
  4. 周瑜はナルシスト
  5. はじめての晋

    何で曹操は漢中で劉備に負けたの?

    これまで、劉備(りゅうび)対曹操(そうそう…

  6. 正妃 卞夫人

    デザイン担当:よりぶりん

    卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2

    最愛の息子、曹昂(そうこう)が戦死したと聞…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 2019年 9月 02日

    初めてコメントをいたします。いつも、このサイトを拝見させていただいております。
    個人的に、陳寿からしても文武両道であったことは記述があるので、もしかしたら「才能はあったけど根回しができるタイプではなく、周囲から浮いてしまいうまくいかなかった」のかもしれないですね。私の中では彼はいわゆるコミュ障だったのではと考えています。才があった故に周りから疎まれることも少なからずあったかもしれないですし、もう少し周りを見ていれば…と考えずにはいられませんね。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP