ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉備は実像とは違う?本当に仁徳の人?劉備の真の魅力とは何か?

劉備の黒歴史


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

法正と劉備

 

三国志の英雄の一人として名高い劉備(りゅうび)、彼の人望に惹かれて多くの仲間たちが集っていく三国志演義では前半から中盤までの多くは彼の生涯を追っていくように描かれていると感じます。

 

劉備の黒歴史

 

しかしそんな人望がある心優しい仁君とは仮の姿、劉備の実像はそれとは全く違った姿であり、三国志演義から三国志を見始めた人はショックを受けることも。そこで今回は劉備の実像に触れつつ、そんな劉備の新しい魅力を追っていきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「劉備 実像」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:逃げるが勝ち!劉備の逃亡人生を考察してみたよ

関連記事:【劉備の逸話】大耳児のネーミングは曹操?大耳児の由来から劉備の逸話を紹介

 

 

三国志演義の印象が強い劉備

劉備

 

一般的な劉備という武将のイメージは、仁徳の人でしょう。民衆を大事にして、弱者の味方であり、どこか頼りないものの数多くの味方たちが彼に惹かれて集まって、一勢力となっていく……悪い言い方をすれば成り上がりでもありますが、成長を感じさせてくれる人物です。

 

劉備と公孫瓚

 

始めは力のない人物が、最終的に一つの国を持つまでに成長していくというのはドラマを感じますし、見ていてとてもワクワクしますよね。しかしこれらのイメージはあくまで三国志演義でのイメージ。つまり現在でも劉備のイメージというと三国志演義でのイメージが強いのです。

 

 

劉備の実像をはっきりと簡潔に言うと

三国志の主人公の劉備

 

では正史の劉備のイメージは、というとこれは三国志演義とはがらりと変わってきます。

 

……オブラートに包まずに一言で言うなら「裏切り者」でしょうか。

劉備は国を持ちません。元々は傭兵をやっているようなものなのです。

 

劉備と曹操

 

なので色々な人に仕えていきますが、その先々で世話になったはずの人物から離反していきます。そうして最終的には何やかんやで乗っ取った国のトップになる……世渡り上手というか、上手くやった呂布と見るべきか……この劉備が後世で仁徳の人となるのは、もしかしたらものすごい魅力とかがあったのかもしれません。

 

劉備

 

ただし筆者は、正史の劉備は決して無能とは思いません。寧ろこの劉備は新しい魅力を持っているとまで思っています。


劉備の新しい魅力を開いてみよう

劉備と曹操

 

確かに正史の劉備を見ていると、三国志演義の劉備とは全く人物像が違います。しかし正史の劉備には、正史の劉備の魅力があるのです。

 

藏覇(臧覇)と劉備と曹操

 

その最大の魅力が「機を見る才能」であると思います。その時期、瞬間にどう動くべきか、何をするべきか、何処に向かうべきか、それを見極める才能が劉備にはあるのです。だからこそ初期は誰に仕えるべきかを見極め、つまり同盟者や頼るべき人物をすぐに変えるので裏切り者として見えてしまうのではないかと思います。

 

海上での戦い 劉備と曹操

 

しかしこれは乱世に置いて、才能と言うべき能力です。時勢が読めない人物たちがどうなってしまうか、それは正史も三国志演義でも同じですよね。劉備はこれに対して非常に有能です。この才能は劉備の新しい魅力とは言えないでしょうか?そして同時に劉備は義に厚い、という面も確かにあるのです。それについて紹介しましょう。


実像の劉備の魅力

張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

 

劉備は関羽(かんう)張飛(ちょうひ)とは正史では義兄弟ではありません。桃園の誓いはあくまで三国志演義での出来事です。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

しかし正史では「先主與二人寢則同牀、恩若兄弟」という文章が出てきます。これは「劉備と関羽張飛は寝る時も一緒で、まるで兄弟のようだ」ということで、三人が義兄弟とは言わずともずっと一緒にいた、良い関係であったことを窺い知れる文章だと思います。

 

ブチギレる劉備

 

だからこそ劉備は関羽張飛の死に憤り、最終的に国を傾けることになったとしても行動をした……つまり時勢を読む才能に長けて居ながら、義にも厚い、そんな人物像が見えるのです。時勢を読む才能に長けている、そして情に流されずにその時勢に乗ることができる。

 

キレる劉備になだめる黄権

 

しかしその一方で長い付き合いだった人物たちの死に怒ることのできる、血の通った人間。それこそが劉備の実像であり、新しい魅力だと筆者は思うのです。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

劉備の実像、いかがだったでしょうか。

 

三国志を読んでいると三国志演義の劉備が胡散臭く感じてしまうように、三国志演義を読んでからだと衝撃を受ける劉備の実像。しかしその劉備の姿もまた、魅力溢れる人物像であると筆者は思います。

 

皆さんはどちらの劉備が好きでしょうか?

 

参考文献:関張馬黄趙伝

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮の忠義を劉備は疑っていた?劉備の遺言を考察してみた

関連記事:劉備は髭如きで人殺しをした?サイコパスの一面を分かりやすく解説

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 劉姫 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  2. 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない!
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  4. 曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活
  5. 曹丕 大都市西安の碑林博物館をよかミカンが見学したよ
  6. 黄巾賊を退治する曹操 黄巾の乱が英傑たちにどんな影響を与えた?蒼天すでに死す!黄巾の乱…
  7. 魏と国号を決める曹丕 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  8. 呉蜀赤壁の戦い 赤壁の戦いは計略の宝庫

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 苦肉の策(笑)
  2. 美女を集めた曹叡
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  5. 周瑜と孫策
  6. 三国志大学を目指す曹操
  7. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  8. 劉禅
  9. 鮮卑大人、育延
  10. 嬴政(始皇帝)

おすすめ記事

  1. キングダム595話休載スペシャル「羌瘣の巫舞の元ネタは何?」 羌瘣
  2. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  3. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」
  4. 劉備も孫権も黄巾賊と変わらない!三国志の蜀の皇帝劉備と呉の皇帝孫権は魏王朝から見たら黄巾賊と同じだった!? 曹操と黄巾賊
  5. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 司馬懿と公孫淵
  6. みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

三國志雑学

  1. 多様化が進む蜀の国
  2. 劉備
  3. 蜀の魏延


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム52巻
  2. 魏延と孔明
  3. 上杉謙信
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  6. kawauso編集長
  7. 土安(南蛮族)

おすすめ記事

劉備の黒歴史 劉備は実像とは違う?本当に仁徳の人?劉備の真の魅力とは何か? 鼎(かなえ) 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!! 曹丕 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった 曹植は軟弱ではなかった 【8月の見どころ】8/16公開予定:孔明vs曹植の言論バトル 賈詡 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!? 村田新八 村田新八とはどんな人?「西郷どん」でアコーディオンを弾いた薩摩藩士 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP