キングダム「楚は弱い?疑惑の楚討伐戦」



はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、その主人公と言えば飛信隊の大将、(しん)です。

後には、対楚戦争で蒙恬(もうてん)を副将とし大将軍として戦う事になる信ですがその結果は惨敗(ざんぱい)でした。

でも、「楚は秦に並ぶほどの強国であり、いくら信でも負けるのは仕方がない」として信の敗北を青春の蹉跌(さてつ)と片付けてしまう向きもあります。

しかし、事実は小説より奇なり、実は楚は弱く、信の敗北は予想外の大チョンボだった可能性もあるのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム614話ネタバレ予想vol5「秦でクーデターが成功しない理由」

関連記事:キングダム最新614話ネタバレ予想vol4「どうして楚は秦を滅ぼせたの?」

 

百万の楚に二十万の秦軍を向かわす秦王政

嬴政(始皇帝)

 

楚の動員兵力は、史記や戦国策に帶甲百萬(たいこうひゃくまん)と書かれるなど、秦と同等の兵力であるかのように見えます。

また、秦王政は用心深く悪く言えば猜疑心が強い人物だったので、兵力百万の楚を攻めるのに、それなりの用心をすると考えるのが自然です。

ところが、秦王政は楚を攻めるのに、「二十万で充分」と豪語した信を採用し「六十万ないと難しい」と言った王翦(おうせん)耄碌(もうろく)したと見做(みな)し、、

楚攻略を信と蒙恬に任せて大敗させています。

 

これは、圧倒的にオカシイ記述ではないかと思います。

あれほどに用心深い政が、楚の動員兵力を度外視して、五分の一の兵力しかない信をどうして向かわせたのか?

秦王政が内心で信を疎ましく思っていて、敗戦を利用して殺そうというのでない限り、楚は二十万の兵力さえあれば、

十分に倒せると見積もっていたと考えない限りは辻褄(つじつま)があいません。

本当は弱かった楚

病気になった兵士

 

実際の楚は、帶甲百萬とは呼べないレベルまで弱まっていた、それを証明する記述は史記四十巻楚世家(そせいか)にあります。

それによると紀元前278年、秦の白起(はくき)に王都(えい)を抜かれた楚の頃襄王(けいじょうおう)は、東地の兵を収めて十餘萬(じゅうよまん)を得て秦を攻撃し

失地回復を図ったとされています。

白起(春秋戦国時代)

 

二十三年 襄王乃収東地兵 得十餘萬 復西取秦所拔我江旁十五邑以為郡 距秦

 

郢は回復できないものの、十五の邑を取り返したと書かれているので、それなりに成果を挙げたのでしょうが、

頃襄王が得たのは、十万余りの兵力である事に注目すべきでしょう。

帶甲百萬と謳われた楚ですが、事実上、その動員兵力は1/10に低下したのではないでしょうか?

洛陽城

 

郢が秦に奪われた紀元前278年時から、秦による楚の討伐があった紀元前225年までには、半世紀の(へだ)たりがありますが

当時の人口の増加率を考えると秦王政が楚を滅ぼすのには、二十万で充分と踏んだのは、決して楚を軽んじた行動ではないように感じます。

秦王政の認識では、精々十余万の兵力しかない楚に対し王翦が六十万を要求したのは、途方もなく臆病な進言であり

信の言った二十万が、妥当(だとう)な要求に映った可能性が高いでしょう。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. キングダム
  2. キングダム52巻
  3. 炎上する城b(モブ)
  4. キングダム52巻
  5. kawausoとおとぼけ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP