ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関羽がむしろ学問の神様?受験へのご利益まで期待される『神関羽』様は現代社会でも大忙し!

関帝廟 関羽


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

横浜関帝廟

 

横浜や神戸の中華街にも「関帝廟(かんていびょう)」があるおかげで、中国の民間信仰では関羽は「神様」にまで昇格していることは、日本でもよく知られていることと思います。

 

横浜関帝廟

 

歴史上の人物が死後に民衆から慕われて神様として祀られるようになるというのは、日本でもよくある話で、同じ東アジアの文化として親近感すら湧きますよね。

 

関羽の青銅像

 

ところが実際に中国や台湾を訪問して、地元での関羽(かんう)信仰を覗いてみると、日本で伝えられている関羽像とはかけはなれた「スーパーな」関羽像に出くわすことがあり、びっくりする場合があります。

 

五虎大将軍の関羽

 

てっきり武術の神様や勝運の神様かと思いきや、商売繁盛の神様となっている場合もあり、さらには学問の神様として「お受験の際には関羽様にお参りに行こう」となっている場合もあるのです!

 

自称・皇帝
当記事は、
「関羽 学問」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国時代は荒療治が日常茶飯事だった?

関連記事:五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!


台湾にある巨大関羽像も手に持っているのは武具ではなくて「書物」!

赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉

 

ひとつ、台湾の例をあげましょう。

台北からデイトリップで行ける場所に金瓜山(ジングアーシー)という土地があります。

 

 

ここの勧済堂というところにはなんと10メートルを超える巨大な「関羽像」があり、訪れる人々を圧倒的な迫力で見下ろしているのですが、これだけ威風堂々とした関羽様が手に持っているのは、青龍偃月刀ではなくて、書物なのです!

 

まるで二宮金次郎の如く書物を開いて手に持っている、筋骨隆々の豪傑とは!文武両道の極みと言いますか、読書中の姿勢でありながらどこか豪放と言いますか。


関羽は確かに読書人だった?『春秋左氏伝』を暗誦できたというその実力!

関羽は神様

 

ちなみにこの台湾の巨大関羽像が持っている書物は、『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん
)
』です。中国の古典として有名な歴史注釈書であり、古代世界から「読書人がたしなみとして読んでおくべき名著」として受け継がれてきました。

 

関羽

 

巨大関羽像がこの本を持っていることにはちゃんと由来があります。『正史』に伝えられるところによると、関羽は確かに学問にも熱心で、「春秋左氏伝を暗誦できるほどであった」そうなのです。

 

それにしても三国志の登場人物の中で軍師や参謀の役回りのキャラクターが「古典の本をまるまる暗誦できた」と伝えられているとシックリくるのですが、関羽のような一騎当千の武将の逸話として伝えられているとなると、ずいぶん印象が違ってきます。

 

顔良と関羽

 

体を鍛えたり、黄巾賊を討伐したりで、キャリアの若いうちから関羽はかなり忙しかったはずなのですが、いつ『春秋左氏伝』のような書物を暗誦するまで読み込んでいたのでしょうか?

 

さりげなく書かれている「春秋左氏伝を暗誦できた」というエピソード、冷静に考えるとなるほど超人的な話であり、関羽が現代でも大忙しな「万能神」状態になるのも、さもありなん、という気になってきます。


まとめ:たしかに受験にはご利益がありそう!受験生の方は中華街の関帝廟を訪れてみては?

関帝廟 関羽

 

ちなみに関羽は、台湾では受験の際にご利益があるともいわれているそうです。

 

『春秋左氏伝』をマスターしていたという逸話を知らないと、「関羽が受験の神様?なんで?」と戸惑ってしまうかもしれませんが、この逸話を一度知ってしまうと、なんだか納得感が生まれてきますよね。

 

そろばんを叩く関羽

 

暗記モノの学問にも強かったらしい関羽がついてくれているなら、「学問効率 + 勝運」の二重のご利益があって、たしかにどんな難関受験でも突破できそうな、勇ましい気持ちになってくるのではないでしょうか。


三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

受験中の学生さんで、いまいち「地元にはよい受験祈願の寺院や神社がない」という方がいらっしゃいましたら、いっそのこと受験祈願には中華街の関帝廟を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

曹操は関羽をGET

 

特に『三国志』ファンの学生さんならば、「関羽がついてくれているのだ」と思えば、なんだか勝てる気持ちも湧いてくるはず!

関羽のパワーをもらって、どんな難関校への入試であろうと、顔良文醜のようにズバッと秒殺してしまってください!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢方薬には意外な歴史があった!?漢方薬の原型や雑学豆知識

関連記事:五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

 

YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 玉璽に興奮する袁術 袁術が玉璽を手に入れたから魏晋王朝へ伝わった?孫堅は玉璽を隠し続…
  2. 賈詡(賈ク) 賈詡は歴史を陰から操る天才である!世界史上稀にいるタイプだよね
  3. 関羽に惚れる曹操 曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?
  4. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 諸葛亮が自らと比した楽毅。楽毅と違い悲劇の最期を迎えた人物
  5. 賈詡 賈詡が献帝を完璧ガード!長安特別警備隊出動!
  6. ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り
  7. 朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング 【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた
  8. 蜀の姜維 姜維が永安城に入城すれば蜀の復興も可能だった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郭嘉スマホケース
  2. 曹操を逃す関羽
  3. はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良
  5. 荀彧と袁紹
  6. キングダム54巻amazon
  7. 関羽と関索
  8. 西郷隆盛像
  9. 肝っ玉の太い凌操(りょうそう)
  10. 海賊時代の孫堅と孫策

おすすめ記事

  1. 【山月記】の中島敦は中国古典に違和感を持つフランス文学の人だった【李陵】
  2. 【呂布の娘】呂玲綺は貂蝉の娘なの? 呂玲綺
  3. 月刊はじめての三国志2019年6月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 曹丕
  4. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!
  5. どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇 孔明を持ち上げる魏延
  6. 張飛は繊細で優しい人だった?言い伝えから見る張飛像 張飛と劉備

三國志雑学

  1. 女性が好きな曹操
  2. 日本に目指さした孫権
  3. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  4. 蜀の魏延
  5. 于禁


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  2. ニギハヤヒ(日本神話)
  3. 曹操と夏侯惇
  4. 明智光秀 wikipedia

おすすめ記事

太史慈 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 はじめての三国志 はじめての三国志公式twitterアカウントの急激なフォロワー増加について 超爽快シミュレーションRPG「三国志CROSS」の後半イベント『帝ちんの宝貝ザクザク祭』がスタート 呂布の英雄石像 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話 孔明 vs 司馬懿 司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの? 献帝 恩賜の御衣 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介 『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP