キングダム「信が龐煖に絶対勝利する理由」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、622話からは龐煖(ほうけん)(しん)の直接対決が始まっていますが、信は龐煖に完全に力負けしていて、劣勢であるように見えます。しかしkawausoは信の劣勢は予定調和であり、信は力負けしているとは考えていません。今回は信が龐煖に絶対勝利する理由を解説してみようと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新623話ネタバレ予想「龐煖は人の代表ってどういう意味?」

関連記事:キングダム最新622話ネタバレ「龐煖とは」レビュー考察


理由1:信は龐煖のパワーを逃がしているだけ

ホウ煖(龐煖)

 

622話で信は龐煖の一撃に吹き飛ばされました。それを見た読者の皆さんは、ああ、やっぱり信はパワー負けしていると感じガッカリした事でしょう。

しかし、よく考えてみると(さい)での戦いで龐煖と対峙(たいじ)した時の信は龐煖の一撃でアバラを折られた上に受け身も取れないで地面に倒れてしまいました。あの時だって蕞を守り抜き、ズタボロの極限状態だった筈で今回より状態が恵まれているわけではありません。

洛陽城

 

つまり、一見力負けているように見える信ですが、疲労による体力消耗を抑える為に敢えて吹き飛ばされたかも知れません。柳に雪折れなしと言いますから力を上手く逃がす事で体力を温存したと考えられるのです。一方的に攻めまくる龐煖に対し、信は「相変わらず軽いな龐煖、王騎の一撃はこんなものじゃなかった」と龐煖の額の傷を(えぐ)るような事を言いそうです。


理由2:龐煖は信の戦い方に近づきつつある

 

龐煖の強さとは、麃公将軍の感想では以下の通りです。

 

そうか貴様か・・・王騎を討った阿呆(あほう)

なるほどようやく合点(がてん)がいったわ なぜ あ奴が敗れたのかが
貴様から武将の臭いは微塵もせぬ そのくせ凄まじい武の臭いを放つ異質の者
王騎のような天才が敗れるとしたら・・・貴様のような”異物”が持ち込まれた

特異な戦場であろうよ

 

ここから考えると、龐煖が王騎を破った理由は子供が罪悪感なく昆虫の羽を(むし)るように、ひたすら武の極みという個人の目的にだけ特化していたからと言えそうです。手段も時も場所も選ばず強引に自分の戦いに相手を巻き込み討つというゲリラ戦法は、龐煖に特有なものですね。

 

もう一つ、王騎と激戦を繰り広げている龐煖について李牧も言っています。

李牧

 

求道者が道を外れては意味がない 無我の戦いこそ龐煖の本来の姿

そこに立ちかえれば龐煖は無敵のはずです

 

李牧の言葉は示唆に富んでいます。龐煖のような男は何故戦うのか考えてはダメです。

純粋に己より強い人間はどんな手段を使っても殺す、それだけでいいのです。

 

しかし龐煖は、自分とは全く異なるタイプの武を持つ王騎の戦い方、もっと踏み込んで言うと、己に死を覚悟させた王騎に強く惹かれてしまっています。きっと男女の間柄なら王騎に抱かれたいと願った事でしょう、最も王騎は「龐煖さん、あなただけはこちらから願い下げですよォ・・コココ」でしょうけど

kawauso編集長

 

ところがそこは大いなる矛盾です、負けた人間を無価値と断ずる龐煖が自らが(ズルありにしても)倒した負け犬王騎に執着するのは、無心に強者を殺戮し、また己が葬られても、それはゴミであり一切の感傷を持つべきでない事に反しています。

矛を持った信

 

ここにあるのは、どうして戦うのか、何故戦うのかという問いであり、それこそ、立身出世とか一国の平和とか、中華統一とかを背負った武将の戦い方なのです。龐煖は知らず知らず、武将が戦う目的に接近しつつあり、己のテリトリーから離れているのです。

それは求道から外れる道であり、信のテリトリーに入る事を意味しますね。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


理由3:信には共感力がある

 

龐煖が飛信隊を殺戮し、羌瘣(きょうかい)をズタボロにした時、信は「龐煖、お前は一体、なんなんだー」と絶叫しました。奇しくもこのセリフは、蕞での戦いで信により額に傷をつけられた龐煖が言ったセリフと同じものです。

kawauso

 

それがどうかしたのか?と考えるかも知れませんが、信の問いは非常に重要です。龐煖がどうして殺戮を繰り返すのか、その理由を知りたいと考えた人間は、キングダムの世界でもほとんどいません。龐煖は人の形をした神の(わざわい)であり、その逆鱗(げきりん)に触れないように動くのが命を全うする唯一の方法だと考えているのです。

 

それに対して信は違いました。蕞での戦いでは龐煖に挑むな殺されるぞと必死に止める飛信隊の仲間に対して、以下のように言っています。

 

確かにあいつはバカみてェに強ェし 武神だの何だのほざいてやがるが
同じ人間には変わりねェ 思いっきりぶった斬ればあいつは死ぬ
斬って死ぬんだったら倒せる

ボロボロになりながらも戦う信

 

いかにも信らしい乱暴ながら、真実を突いた一言です。人間である以上はいかに強くても思い切りぶった斬れば龐煖は死ぬのです。そこを(くぐ)り抜けて、信はまた、龐煖にお前は何なんだという問いを出しています。

武神であるというのは分かるし、強い事も分かります、しかし、どうして強者を探し出して殺し、自らが最強である事を示さないと気が済まないのかは信には分かりません。ただし、知ろうと努力はしています。

亡くなる李牧

 

これが信に顕著(けんちょ)にある敵への共感力で、誰もが龐煖は武神でコミュニケーションは取れない良いも悪いもないと壁を造っている中、信は殺し合いの最中でも龐煖とはなにか?これを全身で考え続けているのです。だからこそ信に討ち取られた敵は、一種の安堵感と共に己の思いも敵である信に託して死んでいけるわけです。


理由4:龐煖の指二本のハンデ

羌瘣

 

最後は安直(あんちょく)ですが、羌瘣が命を削ってまでもぎとった龐煖の左手の小指と薬指です。

これはゴルフの場合ですが、グリップにおいては、左手の3本の指、小指、薬指、中指が大事だそうです。つまり、この左手の3本指が欠けると、握りが弱くなります。

龐煖の矛にしても、グリップが弱くなっていて、信の一撃を受け止める時に、矛を取り落とす可能性は高くなると思います。また振り下ろすのに際しても、以前よりも力が乗らなくなっているのではないでしょうか?

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム
  2. キングダム54巻amazon
  3. 嬴政(始皇帝)
  4. 権力を使って女性とイチャイチャする夏侯楙

コメント

  • コメント (7)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2019年 11月 26日

    人の思いを紡いで新しい時代を切り拓くのがキングダムの世界観とすると、どれだけ鍛えても人一人で登れる高みと百人の人の繋がりで登れる高みとを比べたら百人の方が当然高い。

    つまり、求道者のワレブが求める強さの極みは、ワレブの進む先にはないって答えを教えるのが信ちゃんの役目かと。

    かと言って、今からちゃっかり人の思いを背負うほど器用じゃないだろうから、ワレブはここでご退場でしょう。

    • 匿名
    • 2019年 11月 26日

    きょうかいは、ほうけんに対しては完敗でしょう

    きょうかいは、持ち味のアジリティをふんだんに生かした
    奮闘はしたものの、ほうけんの圧倒的武力には通用しなかった

    信とほうけんの一騎打ちは、もはや避けられない
    もし決着をつけるなら、原先生には信がほうけんを破る勝因を十分に描いてほしいものです
    精神論的な強さのみで決着つけられると話としては薄くなるんですよね
    心の強さは、最後の一押しで生かされるもので、そこに至るまでの過程があってこそだと思います
    技量や肉体的な能力では圧倒的に劣るように見える信が、どのように工夫してほうけんを追いつめるか楽しみです

    • 邯鄲の夢
    • 2019年 11月 26日

    ブログ主やキングダム読者を困惑させる熊祭。
    熊が超人志向でワレブを名乗るのは人の救済が目的?
    若き日の李牧の命を。。。?
    公式ガイドブックではバカではないと表記。ヒョウコウ将軍の結論はどあほ!原作者が熊に託したメッセージは?
    熊祭は奥が深い設定らしいですが、怨念の塊であった万極同様に信に打たれてアイヌの儀式のように熊の魂であるカムイを神々の元へ送り返してほしいかと思います。

      • kawauso編集長
      • 2019年 11月 26日

      邯鄲の夢さん

      正直、わかんねっすわ龐煖・・・
      天の禍、求道者、人の代表、こんなややこしい設定
      引きずれば引きずるだけキングダムのストーリーに
      悪い影響が出るような気もします。

    • 匿名
    • 2019年 11月 26日

    ワレブの一撃目は不意打ちにも関わらず、飛んで片手ついていなし、引き目線で描かれた二撃目は普通に耐えてたしねぇ

    • てふてふ
    • 2019年 11月 25日

    史実で龐煖はこの戦以降出演がないので、龐煖はここで死なねばなりません。ただそれだけ。

      • ガンマ
      • 2019年 11月 25日

      ま、でもホウケン対きょうかいは技術で勝てないホウケンが男の腕力で倒しただけで勝った気でいるんじゃねえぞって思ったけど




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP