ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

後漢書からわかる韓遂の誕生秘話!反乱プロデューサー韓遂はこうして生まれた

韓遂


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

黒田官兵衛

 

新撰組の土方歳三(ひじかたとしぞう)豊臣秀吉(とよとみひでよし)軍師である黒田官兵衛(くろだかんべい)・・・・・・これらの人々に共通しているのは、ナンバー2というポジションだったことです。

 

黒田官兵衛

 

彼らは主人と見た人間を引き立てて見事に大出世させたり、天下人にまですることに成功します。

 

韓遂

 

そのような人物は中国の後漢(25年~220年)末期にもいました。今回は後漢末期に実力がありながら自分は大将にならずに、常に相手を引き立てていた影の立役者である韓遂(かんすい)です。今回は韓遂が最初に起こした反乱について解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
韓遂 後漢書」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:韓遂は腹の中で何を考えていたの?【潼関の戦い】

関連記事:【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい


拉致されて反乱軍に加入

黄巾賊を率いて暴れまわる何儀(かぎ)

 

中平元年(184年)に黄巾の乱が起きると、涼州でも戦乱が激しくなりました。涼州は後漢の領土になっているのですが、異民族が半数以上を占めているので外国と変わりありません。

 

黄巾の乱が鎮圧されると、すぐに「義従胡」の北宮伯玉(ほっきょくはくぎょく)李文侯(りぶんこう)が反乱を起こします。義従胡というのは『後漢書』によると羗族の別の一派です。だけど、風習に関しては大差は無かったようでした。ちなみに、義従胡という言葉は漢王朝に忠誠を誓う異民族という意味です。

 

北宮伯玉と李文侯は役人を殺害すると、金城にいる地元名士である辺章と韓遂を拉致して軍政を一任します。ここで韓遂は初めて登場しますが彼が巻き添えにより、戦乱に身を置くことになったのは驚きです。

 

しかし筆者はこの話は信じていません。拉致してきた奴にいきなり軍を任せるなんて、あり得ない話です。たぶん最初から韓遂と辺章は反乱軍と裏でつながっていたのでしょう。

 

『後漢書』はこの反乱について、「辺章・韓遂の軍」「北宮伯玉の軍」と表記が一定しません。おそらく別々に行動をとっており辺章・韓遂が主力、北宮伯玉・李文侯が別動隊という感じだったのではないでしょうか。


皇甫嵩董卓を破る

 

朝廷も黙って見ているわけにはいかないので、黄巾の乱の平定に尽力した皇甫嵩(こうほすう
)
を派遣します。だが黄巾軍のような寄せ集めの軍とは違って、相手は反乱軍とはいえ騎馬戦術に巧みな連中。皇甫嵩は敗北して免職にされました。

 

董卓

 

仕方なく今度は西方の地理に慣れている董卓(とうたく)周慎(しゅうしん)を派遣します。最初は討伐軍が連戦連敗で圧倒的に不利な状況に追い込まれます。ところが兵糧輸送用のロバが、みんな鳴いたので、縁起が悪いと思った反乱軍は撤退開始。そこを討伐軍が反撃に転じます。

 

董卓と周慎は途中で別れて2方向からの追撃を開始。徹底的に反乱軍を追撃して本拠地まで追い詰めます。しかし討伐軍はとんでもないミスを犯しました。勢いに乗じて追いかけたものだから、自陣と補給基地に、かなりの隔たりが出来たのです。

 

種を明かすとロバが鳴いたから撤退したというのは、反乱軍が流した真っ赤なウソでした。討伐軍と補給基地を切り離すための作戦です。

 

だまされた、と気づいた周慎でしたがすでに遅く反乱軍の攻撃にあって敗北しました。周慎はその後、史書には姿を現さないので、おそらくこの時に死んだ可能性は高いと思います。別行動をとっていた董卓も急いで逃げ帰りました。こうして討伐軍は敗北して反乱軍の勝利に終わります。


反乱プロデューサー 韓遂の誕生

洛陽城

 

反乱軍の勝利に終わったので、このまま洛陽まで進撃か?

 

出世した韓遂

 

普通ならばその考えなんですけど、普通じゃないのが韓遂です。中平3年(186年)に韓遂は仲間の北宮伯玉と李文侯、辺章を殺してしまいます。理由は歴史書が何も語らないので分かりませんが、おそらく反乱軍内部の勢力争いでしょう。

 

李カク・郭祭り27 樊稠、韓遂

 

軍事権を握った韓遂ですが、彼は自分が大将になることはありません。その後も王国(おうこく
)
馬騰(ばとう)馬超(ばちょう)を大将にして、自分はその補佐に回ることに徹しました。まさに反乱プロデューサーです。しかし、それはまた別の話です。今回はここで筆を置こうと思います。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

筆者はゲームも好き(マニアというレベルではない)でゲーム批評サイトを見たりします。最近気付いたのですが、プレイステーション2の「真・三國無双3」は評判が良くないようです。筆者が最初に買った無双シリーズであり、やりやすかった思い出があるのですが、どうやら無双ファンの間では「プレイしずらい」と評判が底辺のようでした。

 

理由は敵との一騎打ち、経験値をためていくことで武器が進化など・・・・・・無双らしくない制度があったようです。生粋の無双ファンからは黒歴史扱いとなっています。当時の無双ファンは「真・三國無双3」を購入してがっかりしたので、さっさと売ってしまい、中古で「真・三國無双2」を購入したようです。

 

このためなのか、「真・三國無双4」は原点回帰していました。筆者はやりづらくて、お気に入りのキャラクターだけをクリアしたら売りました。話していたら、また無双シリーズがやりたくなってきた・・・・・・

 

※参考文献

・高島俊男『三国志 人物縦横断』(初出1994年 後に『三国志きらめく群像』ちくま文庫 2000年)

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-13_bnr3

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

韓遂が好き、または自分も「真・三國無双3」が好きという人はコメントをください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:成公英とはどんな人?韓遂に最後まで従った忠義の人

関連記事:【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?

 

【聴きだしたらもう止まらない音声コンテンツ開始】
ながら三国志

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 劉姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part2
  2. 統 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  3. 荀彧 荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件
  4. 悩む司馬炎 司馬炎の息子は一体何人いたの??
  5. 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由…
  6. 魏曹操と魏軍と呉軍 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  7. 蔣琬(しょうえん) 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!?
  8. 孫権と張昭 キレる息子孫権と頑固オヤジ張昭のケンカが激しすぎる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 出世した韓遂
  2. 赤い汗をかいてお肌をつるつるになっているカバ(赤兎馬)
  3. 董卓
  4. kawauso編集長
  5. 幕末70-8_天皇(シルエット)
  6. 赤眉軍
  7. 黄月英と孔明
  8. 口論する韓非と李斯

おすすめ記事

  1. さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説
  2. 武田信玄はどんな業績を残したの?内政面や戦の業績を分かりやすく紹介 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  3. 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは 孟獲
  4. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性
  5. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲 董卓
  6. 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ シリア 関羽

三國志雑学

  1. 土いじりをする劉備
  2. 袁術を励ます魯粛
  3. 曹仁
  4. 曹操のお墓(曹操高陵)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 今川義元
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2
  4. 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる
  5. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  6. キングダム

おすすめ記事

明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の生い立ちを辿ってみよう 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】 キングダム52巻 楊端和の性格は男勝りで仲間思いの自信家だった!? 大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国 邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?! 楽進の矢でが命を落とす成廉 魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!? キングダム52巻 キングダム579話最新ネタバレ「十二日目の朝」レビュー ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説 三国志のモブ 反乱 キングダム614話ネタバレ予想vol5「秦でクーデターが成功しない理由」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP