キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての漢

皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍

この記事の所要時間: 59




 

黄巾党が反乱を起こした「黄巾の乱」では数々の武将達が活躍します。

皇甫嵩(こうほすう)も黄巾賊討伐で活躍した後漢の将軍です。

しかし曹操(そうそう)孫堅(そんけん)劉備(りゅうび)

などの群雄達に比べると地味であったのか、

あまり知っている人は少ないのではないかと思います。

今回は黄巾討伐で大活躍した皇甫崇についてご紹介します。




文武両道の青年期

あじさい f

 

皇甫嵩は安定郡出身の人で、青年期から学問に励みます。

また、学問のみに励んだ人ではなく弓矢や乗馬術の鍛錬も行っていました。

彼の努力を知った人々は茂才・孝廉に推挙。

彼はこうして漢の朝廷に仕えることになり、北地郡の太守に任命されます。




黄巾の乱勃発

暴れる黄巾党008

 

後漢の王朝は腐敗し、民衆は重税に苦しんでおりました。

そのため、黄巾党が民衆を煽って反乱を起こします。

朝廷は黄巾党が反乱を起こしたことを知ると、皇甫嵩を左中郎将に任命。

皇甫嵩と同じ時に任命された朱儁(しゅしゅん)とともに、

各地で募兵した兵士と朝廷から預けられた兵士の総勢四万の軍勢を率いて出陣します。

 

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

関連記事:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

関連記事:【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう

 

黄巾軍との初戦

太平道 黄巾賊

 

皇甫嵩は朱儁と共に出陣し、手始めに潁川(えいせん)に駐屯している黄巾軍の討伐を

目標に決めます。

この時朱儁が潁川にいる黄巾軍に攻撃を仕掛けますが、あえなく敗北してしまいます。

皇甫嵩は朱儁が敗北したことを知ると、彼の軍勢を受け入れます。

潁川で漢軍に勝利し黄巾軍は、全軍で皇甫嵩が陣を張っている長社(ちょうしゃ)を包囲。

皇甫嵩は黄巾軍の大軍に包囲されながらも冷静に対応します。

 

必殺「火海の計」

三国志 黄巾賊 歴史が始まった

 

皇甫嵩は黄巾の軍勢に包囲されると、彼らが陣を張っている場所に目をつけます。

黄巾軍が陣を張っている場所は周りが草原になっている場所でした。

そのため彼は黄巾軍の方へ風が吹き込んだ際、隠密部隊を出して草原に火をつけて、

一帯を火の海にします。

この戦法を「火海の計(廉が勝手に命名)」と言います。

この火計で黄巾軍は大混乱に陥った隙をついて、皇甫嵩は全軍を出撃させます。

また洛陽から援軍に来ていた曹操が加わった事で黄巾軍は壊滅的な被害を受け、

さらに黄巾軍を率いていた敵将・波才(はさい)を討ち取る大勝利をおさめます。

こうして黄巾軍との初戦を大勝利で飾った彼は次なる戦地へ移動します。

 

関連記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

関連記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

各地の黄巾軍を次々に破る

黄巾賊 滅ぼされる

 

皇甫嵩は潁川の戦いで大勝利をおさめた後、

陳(ちん)と女南(じょなん)で活発に活動していた黄巾軍を朱儁と共に撃破。

皇甫嵩はこうして後漢の首都に近い洛陽近辺の黄巾軍を朱儁と共に平らげた後、

朝廷から「盧植(ろしゅく)と董卓が黄巾軍に苦戦しているから援軍に向かえ」と

指令が来ます。

皇甫嵩は指令を受け取ると、休む暇なくすぐに軍を北上させて援軍に向かいます。

 

人公将軍・張梁との戦い

張角 ゆるキャラ 黄巾賊 三国志

 

皇甫嵩は盧植と董卓の援軍に向かいます。

その途中、黄巾軍の一大拠点である広宗(こうそう)で抵抗を続ける、

張角の弟で人公将軍・張梁(ちょうりょう)との戦闘に入ります。

広宗は黄巾軍の精鋭が集められていたため、皇甫嵩はかなり苦戦します。

しかし夜明け前に全軍で奇襲攻撃を仕掛け、広宗を陥落。

この時人公将軍・張梁を討ち取る大戦果を挙げております。

 

地公将軍・張宝を討ち取る

張角逝く 張角 死

 

皇甫嵩は張梁を討ち取ると、張角三兄弟の最後の一人である地公将軍・張宝(ちょうほう)

討伐に向かいます。

張宝は下陽曲(かようきょく)と言われる場所に陣を張り、

最後の抵抗を続けておりました。

皇甫嵩は全軍を挙げて、張宝がこもる下陽曲へ猛攻を仕掛けて、陥落させます。

皇甫嵩は戦闘に勝利したことを内外に示すため「京観(けいかん)」を築きます。

この京観とは敵の死体を高く積み上げて、塚を作ることです。

こうして黄巾の乱は皇甫嵩らの活躍によって鎮圧されることになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった
  2. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国…
  3. 潼関(どうかん)の戦いとはどんな戦いだったの?【関中十部VS曹操…
  4. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  5. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」…
  7. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  8. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 82話:呉の提督、周瑜は荊州争奪戦に散る
  2. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  3. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか
  4. 【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想
  5. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  6. 呂布の裏切りについて考察してみた

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった? 徳川家茂の家系図はすごい?朝廷との融和を実現した家茂の功績とは? 【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師? 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの? 妻子を人質に取られすぎな劉備 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

おすすめ記事

  1. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  2. 【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!?
  3. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  4. 始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?
  5. 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?
  6. 狸(徳川家康)とお猿(豊臣秀吉)の外交合戦が面白い!
  7. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  8. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP