キングダム最新623話ネタバレ「模を示す」レビュー考察


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawausoさん

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム最新623話が発表になりました。

嫌な予感的中で、今回は龐煖(ほうけん)(しん)の戦いは進まず(ショック!)李牧(りぼく)がカイネと龐煖ってなーに?という説明を開始。

それによると龐煖は殺戮マニアのバーサーカーではなく、本来は人類を救済する使命を持った愛の人である事が明かされました。

正直、なーーーんや、それーーーー!とズッコケている読者の方が多くいると思いますので、早速レビューに向かいます。

 

※この記事はキングダム623話のネタバレが含まれる記事ですのでご注意ください。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新623話ネタバレ予想vol3「龐煖はなぜ李牧の言う事は聞くの?」

関連記事:キングダム623話ネタバレ予想vol2「信が龐煖に絶対勝利する理由」


キングダム最新623話ネタバレ「人の代表って何ですのん?」

ホウ煖(龐煖)

 

李牧が口走った人の代表という言葉にカイネは全く意味不明という顔をします。

それはそうですよね、あの熊のバケモノのようなバーサーカーが人間の代表と言われてもね

 

カイネ「あの熊マッチョが人の代表ってどういう意味です?」

 

カイネにもっともなクエスチョンを返された李牧は、忌まわしきあの事を言わねばならないのかともったいぶりながら

李牧

 

「そうですね、ワレブさんの事を語るなら私とワレブさんのボーイ・ミーツ・ボーイについて語らないといけませんね」と言います。

 

※ここからキングダム名物回想シーンに入ります。

 

さて、いよいよ龐煖と李牧の最初の出会いが明かされる事になります。

 


キングダム最新623話ネタバレ「ヤケッパチのワルだった李牧を救った龐煖」

曹植は軟弱ではなかった曹植

 

李牧が初めて龐煖にあったのは、今から19年も昔、その頃の李牧は盗んだバイクで走り出すような尖ったナイフで、触る者みなを傷つけ明けても暮れても戦に溺れ、そのために多くのモノを失ってしまっていたヤケッパチの狂犬だったようです。

そして、ある戦の時、李牧はついに大敗を喫してしまい、部下を全て失い重傷を負って深い山の中へ逃げていました。

敗北する馬岱

 

ようやく追手を()いたものの、森の中に迷い地面に倒れ込んでしまいました。傷の程度も重く、お腹からホルモンとかも出ている感じ、さすがに助かるまいと感じ、悟ったような絶望したような1/3の純情な感情でいる時李牧は虚ろな眼の端で見てしまったのです。

 

お!おそろしっこぉーー!

 

それは人間とも思えぬ異形の大男が手に虎の頭を持ちながら樹海の中をこちらに向かっているサマでした。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


キングダム最新623話ネタバレ「真実の龐煖李牧を生かす」

亡くなる李牧

 

いかに意識朦朧(いしきもうろう)とはいえ、虎を殺してその首をねじ切れるような男がいるとは思っていない李牧、きっとこれは夢じゃ夢じゃ、夢にござるぅぅ

柳生一族の陰謀の萬屋錦之介(よろずやきんのすけ)のような気持ちでいると、李牧に気が付いたのか龐煖がこちらにやってきます。

龐煖は横たわっている李牧に意識がある事を感じたようで、虎の頭を李牧に向かって投げ捨て

兀突骨

 

「我が道を阻む者は、余さず(ほふ)り、土に還す」

 

とお決まりのセリフを吐くや、曲がった矛で李牧の首を切り捨てようとします。がどういうわけか首元で刃を止めてしまいます。

 

「どうしました?私はあなたの道を阻むような大した人間ではありません。それでも目障りというのなら遠慮なく殺して下さい。

私には何もない、親も兄弟も部下も全てを失った人間です」

 

 

 

しかし次の瞬間、龐煖は李牧の首元から矛を離しました。

 

龐煖「何を言う、お前の目的はまだ何も果たされていない」

 

李牧「?」

kawauso

 

そこで、龐煖は自分には李牧や他人には聞き取る事が出来ない地球の声が聞こえると明かします。その地の声が李牧と龐煖を引き合わせたそのように言うわけです。うーん、ワレブ氏本格的なスピチャさんですな、そのうち空の声や木の声が聞こえると言い出しそうです。さらに龐煖がおいでカモンカモンカモンで暗い目をして言うには

 

龐煖「李牧、おまえこそが長年求めていた答えに導く者なのだ」

魏延

 

さて、スピチャ全開の龐煖に李牧は気乗りしません。さっきも言ったように私は戦に明け暮れて、身内も親も部隊まで全滅させた愚かな男で

誰かを答えに導くような人物ではないと言うのです。瀕死なのによくしゃべるな李牧!それに対し、龐煖は優しく両手を広げて言います。

 

いずれ分る事だ李牧」

 

「どうして私の名を?」

 

「ハンドパワーです」

 

※ハンドパワー、なつかし!超魔術だって言っているのに、無理解な人々にインチキと叩かれ顔面神経痛にまでなったMr.マリック元気かな?


キングダム最新623話ネタバレ「龐煖は人類の救済者」

 

龐煖は続いて名を名乗ります。

 

Mr.マリ、求道者の龐煖である、覚えておけ」

 

それだけ言うと龐煖は結局李牧に手を下す事なく何もせずに去っていきました。その後、李牧は気を失い、再び目覚めた時には、何とか歩けるまでに回復していました。ホルモン出ていたのに正にハンドパワーです。よろよろと歩きながら、樹海の中を歩くと、李牧を追っていた敵軍が山になって積みあがっていました。

劉備の黒歴史

 

「これも、ワレブ氏がやったのか?」

 

李牧の中で龐煖への疑問が膨れ上がりながらも、彼は何とか生還を果たしたのです。

 

※回想シーン終わり

 

カイネ「求道者、求道者って何です? まさかハリウッド方式で、この先はシーズン2ですか?」

剣を持ち戦う李牧

 

それに対し、李牧は、その後戦に疲れた自身は求道者の答えを求めて中華を放浪したと言います。リサーチの結果、龐煖のような求道者は500年続く戦乱の世よりもはるか昔、その前の騒乱期から存在していたそうです。

 

求道者の正体とは、争いを繰り返す人の世の苦しさや愚かさを憂い、どうにかしてこの世を救えないかと真剣に考えた賢者の集団だと言います。

ところが、賢者たちの活動とは裏腹に戦乱は拡大する一方、そのうちに賢者たちは「人間そのものが間違っている」と結論を出しました。

祁山、街亭

 

つまり人間社会そのものが狂っているのであり、その間違いの根本には偏愛(へんあい)があると説きます。人類が全てを平等に愛するのではなく、我が身を愛し、身内を愛し自分の国のみを愛する、愛が偏るがゆえに情があるゆえに争いは消えない、その人間の限界を超える事を賢者は最終目的とします。

 

カイネ「でも、情があるからこそ人間らしいのではないですか?」

 

李牧「その通りです、しかし、だからこそ矛盾を超えるために、人間は人間を超えようと考えもするのです」

 

おお!やはり龐煖は武を突き抜けさせて、俺は人間を辞めるぞjojoと宣言したわけですね。どうやら、賢者たちは、様々な分野で人を超える超人になろうとし、ある賢者は宙に浮こうとして崖から身を投げて死ぬなど常軌(じょうき)を逸した荒行をしたようです。

気持ちは分かりますが、もうあっちにいっちゃってますよね?社会で事件を起こす人によくある、頭が良くても世間から隔絶(かくぜつ)するとろくでもない事を考えるという典型が今回でてきた龐煖の賢者のようです。

キングダム最新623話ネタバレ「結局龐煖は永遠の夢想家」

春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮

 

李牧の長い解説に戦慄(せんりつ)する一同、龐煖の殺戮とは身勝手な個人の名誉欲ではなく、当人は武を極めて人間を超えた武神になるために戦っていたわけです。だからこそ、李牧は龐煖を人間の代表だと位置づけたのでした。

 

カイネ「ワレブさんは、ただ、自分が最強である事を証明するために暴れ回っているんですか?」

 

愕然(がくぜん)とするカイネ、たったそれだけの理由で無数の殺戮(さつりく)を侵す事が理解できない模様です。

 

李牧「そうです。賢者達は、自分達の中で一人でも人間を超えて神さんの領域に入れば、人間が皆、覚醒してステージが上り争いが終ると思っています」

 

カイネ「そんな、そんなバカな事、あるわけないじゃないですか!」

 

バカバカ言いなカイネはん!それがワレブさんちゅう人の生きザマやないか!でも、何だかんだ言ってカイネを含めて、その場にいる趙の人々が全員左目から涙を流すという怪奇現象が起こります。奇跡、いや、ここまで行くとちょっと気持ち悪いです。確かに龐煖のやり方は常軌を逸しているし、全く正しいとは思えない、それについては李牧も同意します。しかし、バカなワレブさんは、少なくとも19年以上、己が最強の武を備えれば人類のステージが上り、この世から争いが消えると本気で信じているのです。

 

趙の皆さんが凄く感銘を受けている中で悪いですが、kawausoの龐煖理解はさらに離れました。こいつはいよいよダメ人間ですよ。

 

煽り:人類を次のステージに導く為に、強者を屠り自らを武の頂点に置く、性質(たち)が悪い最凶中二病である事が判明したワレブさん。これって、過激な人類救済を説くカルト宗教が全部同じような事言ってないか?危険な香りがする男龐煖、万極(まんごく)どころではない心の闇を信はどうやって解き放つのか、、てか、思想の話はいいからバトルを進めてよ!以下、キングダム624話に続く・・

キングダム624話kawauso予想

君主論18 kawausoさん

 

kawausoの龐煖の正体ついての予想は、以下の通りでした。

 

李牧の言う「龐煖は人の代表」とは、身の程を知れ分限を知れという天の遣いである龐煖が、旧来の封建制の秩序を破壊しようとする異端である秦と戦っているという意味なのだと推測します。

例え戦乱があろうと、神世から続く封建制を守るべきという守旧の李牧と、どんな血を流そうと一人の支配者の下で万民が恒久平和を享受できる社会を造りたいと願う秦王政の激突、それが、信と龐煖の対峙という形で暗示されている。kawausoはこんな風に考えていますが、いかがでしょうか?

 

はい、かなり外れています。あいすみませーん

さすがは漫画家の想像力はスゴイです、龐煖は人類を争いから救おうと真剣に考えている間に道を踏み外し、ようわからんけど、自分が人間を超える武を得れば人類すべてのステージがあがり、この世から争いが消えると狂信する、どっちみちクレイジーな人だと分かりました。

 

やはり、山に籠らないで世間に揉まれないと危険思想にハマると言う典型ですね。

そんないっちゃった龐煖と信は戦いを通して分かり合えるんでしょうかね・・

 

追記:2019年12月5日、キングダム624話がYJに掲載されました。

戦いは終始龐煖が押しまくり信は防戦一方ですが、何度倒されても立ち上がるロッキー戦法に出ていきます。

しかし、いつものように信の背後に王騎のスタンドが出始めると戦況が変化、はじめて信の矛が龐煖の矛を押し返します。

ここから、信の逆転勝利はあるのか?詳しくは↓こちらから読めますよ。

キングダム最新624話ネタバレ「人の代表」レビュー考察

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

今回はページ数が多いですね、気合入れて描いた事が分かりました。それだけ作者にとって龐煖は重要な意味を持つキャラなんでしょうけど、随分な嫌われ者になりました。どこに落としどころを持ってくるのか?このまま生かして、ずっと哲学的な事をやりだすとさらに龐煖が小難しいと敬遠されそうで不安です。

前回記事:キングダム最新622話ネタバレ「龐煖とは」レビュー考察

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新623話ネタバレ予想「龐煖は人の代表ってどういう意味?」

関連記事:キングダム最新622話ネタバレ予想vol3「羌瘣はどうしてボロゾーキンになったのか?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

関連記事

  1. キングダム
  2. キングダム53巻
  3. キングダム53巻
  4. ホウ煖(龐煖)
  5. キングダム
  6. kawauso

コメント

  • コメント (21)

  • トラックバックは利用できません。

    • レンガ
    • 2019年 12月 02日

    核兵器を取り上げた方が居ましたが、似た感想を持ちました。一応、ワレブは理にかなっています。人が人を傷つけることが不可能になったら、傷つける行為が無効になりますよね。神の力を持つことによる抑止力です。でも、王騎に信に、じいにすらやられている現実。従って、ワレブさんはまだ道を極めていないと思ってるはず。極める答えは私が導くとリーボックは言う。それが信との打ち合いですね。信とは、国家による武力平定こそ苦しみから救う道だ、と、ワレブとは違う道で同じ頂を目指す政の刃です。かつて政は、呂不意の国際経済論も、李牧の国際法論も明確に否定し、斉王に対しては法を提示しました。21世紀の現代を想起します。世界法こそが道だと政は言っていると思うし、現代にそれはない。核は抑止力として機能しつつも、戦争はなくなっていない。
    もう予想はやめます。この論戦をどう落とすのか、純粋に今後を楽しみたいと思います!

    • 匿名
    • 2019年 11月 30日

    もうちょい真面目な切り口のほうが、よろしいのでは?
    例えば、ここでは孔子に対する墨家の批判という諸子百家の思想と武神の思想を絡めようと作者はしております

    思いますが、原先生はかなり蒼天航路を意識されておられる気がします
    あちらも曹操と儒家の対立と確執を日本漫画史上一番といって良い位描かれていると思います
    みんな大好きドドンドンドンさんをみて分かるように、作者は当時の思想家の勉強もされておることが分かります

    ただ、今のところ、個人の武から集団の力や思想変遷などに対する作者の歴史観は、先達作家さんや研究家など既存のものとあまり変わらないように感じられます
    もっともキングダムはまだまだ完結しておりませんし、原節全開の歴史観を楽しみにしております

    • たかんちゅ
    • 2019年 11月 29日

    キングダムから追ってきて、始めて拝見しました。
    ネタバレは良いとして所々の表現メチャクチャツボです、ブログでこんなに笑ったの初めてですよ。
    これこらもちょくちょくお邪魔させてもらいます!

      • 李真
      • 2019年 11月 30日

      正直、原泰久
      狂っちまったのかと思ったわ。

    • Ryu☆Gensoku
    • 2019年 11月 29日

    私は核兵器を思い浮かべました。500年前の賢人たちは人の世から争いをなくすための抑止力として「絶対的な武力=核兵器」や「空を飛ぶ=飛行機」などを2000年以上の昔に夢想して命を懸けて実践しようとしていたから凡人たちには苦笑されるような結果になっているように思いました。なので、現代の単なるカルト教団と同一視してしまうという結論は違うように思いますよ。つまり、人の世から戦争がなくす為に龐煖は自分自身が「絶対的な武力=核兵器」に成ることができれば良いと信じている夢想家という位置付けでしょうかねww

      • Ryu☆Gensoku
      • 2019年 11月 29日

      求道者龐煖は「個人」の力で「絶対的な武力=戦争抑止力」を得ようとしているが、主人公信は秦王政の推し進める法の下に集う「衆」の力で「戦争抑止力を創り出す」という主張の対立になっているように思います。
      結果として、主人公信は恒久平和を望むが故に凶暴な魔人にならざるを得なくなってしまった龐煖の思いを引き継ぐ形で決着をつけるように思います。

    • 編集長頑張れ
    • 2019年 11月 29日

    痣が発現すれば、周りの人たちも痣者になるとか、
    この前の羌瘣の、全集中雷の呼吸とか…
    最近の原先生は、鬼滅の刃に嵌ってますね。

    • 令和の徐福
    • 2019年 11月 28日

    カワウソ氏のマリック情報は顔面麻痺で止まったままですか?すっかり治ってますが超魔術ブームは残念ながら…TVでは見ませんが営業で稼いでると思います。
    その代わりじゃなかろうが醜悪な娘がやたら出るのは勘弁して欲しい!

      • kawauso編集長
      • 2019年 11月 28日

      令和の徐福さん

      実はMr.マリック氏の近著を買いまして近況は知ったのですが、
      それを長々と書くのも違うなと思い、ぶっつり切ってしまいました。
      娘の事は本に出てこなかったんで知りませんでしたが、
      そうですか、あの人がマリックの・・

        • 令和の徐福
        • 2019年 11月 29日

        ご返事ありがとうございます。
        近著って1500円超もするんですね!
        編集長はお金が有り余って仕方の無い人生だと推測。
        娯楽として読むのか人生の指針になさるのか…?

    • 匿名
    • 2019年 11月 28日

    私の言ったとおり、ベルセルクのガッツでしたね。

      • kawauso編集長
      • 2019年 11月 28日

      匿名さん

      お見事です。

      • 匿名
      • 2019年 11月 29日

      その求道者の正しい姿が政かな。
      もたないけど……。

    • 匿名
    • 2019年 11月 28日

    龐煖の過去についての回想も終わり来週からバトルの続きで
    年末に斬って年明けでトドメだと有難いがそうなるかどうか。

    • 五百人将
    • 2019年 11月 28日

    性善説と性悪説との衝突ってことでしょうか?
    龐煖や呂不韋は人を愚かなものだとし、金であったり武であったりで人をコントロールしようといていて
    政とそれに賛同する者達は人の本質を光としていますが…そういうことか?

      • kawauso編集長
      • 2019年 11月 29日

      五百人将さん

      政は性善説ですが、龐煖は自分が人間の域を突き抜けると人類が漏れなくステージアップして
      争いが消えると信じているそうなので、もうカルトの部類かと感じました。

    • 匿名
    • 2019年 11月 28日

    秦の王様を殺して、人類を導いて欲しいですね。

    救世主現れる!

    • いたる
    • 2019年 11月 28日

    毎週楽しみに拝見してます。

    今週は正直、んなあほな、の展開でした。
    まさにズッコケ。
    っとはいえ、それが設定ならもうそれで良いし、早くこの戦が終わって欲しいです。

    • いつも読んでいるものより
    • 2019年 11月 28日

    インチキ関西弁がすべてを台無しにしてます。やめてください。

      • 匿名
      • 2019年 11月 28日

      理解が追い付かないからって考えるのを放棄して悪ふざけに走るあたり、頭が悪そうに見えてしょうがないよな

    • 名無し
    • 2019年 11月 28日

    インチキ関西弁、分かりにくいです。
    内容が入ってきません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP