キングダム「原泰久は龐煖に何をさせたかったのか?」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

ホウ煖(龐煖)

 

もはやキングダム最大の嫌われ者になってしまった龐煖(ほうけん)。その登場の仕方からして、飛信隊が疲れ果てている時や、信が満身創痍(まんしんそうい)の時に突然に出現して、飛信隊メンバーを無差別に殺戮したり、王騎(おうき)麃公(ひょうこう)を殺してしまったりと、登場する都度、読者の神経を逆なでしゴキブリのように毛嫌いされています。でも、どんなキャラクターでも、出てくる以上は何らかのコンセプトがあったハズです。

そこで、今回は原泰久がどうして龐煖を登場させたのかを考えてみます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム626話最新ネタバレvol2王翦の「ほう!」を深読みする

関連記事:キングダム最新626話ネタバレ予想「信の背後霊に龐煖はどうでる?」


覇道列紀によると

幕末 魏呉蜀 書物

 

そもそも、作者原泰久(はらやすひさ)は、どのような意図から龐煖を登場させたのでしょうか?2016年の1月に発売された、キングダム公式ガイドブック英雄列紀では、原泰久自身が龐煖について、以下のように説明しています。

 

担当さんと話していたんですよ、王騎を倒すキャラクターなので、まずは僕自身の手が届かない所に投げてみて、とりあえず物語の中でそれを拾いに行ってみましょうと、で本当に遠くに投げ過ぎた(笑)

最初は、とにかくコイツ何考えているんだろう・・・みたいな感じでした。

kawauso編集長

 

これは、中々意外ですね、当初は王騎を倒すほどのキャラクターだからイッちゃってる怪物キャラクターを出して、手の届かない場所に放り投げすぎて、龐煖についての理解が追い付かなかったと言っています。読者と同じように、なんだこいつとザワザワしていた原先生ですが、

 

その後描いていくうちに一つ龐煖の進むべき方向は見えてきたので、意外と今後は上手く動かせるようになりそうです。麃公と戦った時に、彼の置き土産として「ゴールに立っているけど気が付いていないバカだ」みたいな意味合いの台詞があるんですが、実際にその通りです。僕はそんなに嫌いではないですが、まァ不人気です(笑)

kawauso

 

このように結論付けています。


龐煖は本来脳筋バカ設定

 

覇道列紀は4年位前の作者の見解ですが、今現在の龐煖の状況とほぼドンピシャですね。龐煖は、個人として武の頂点を極めてしまい、個人としては最強にはなったけど、一向に神に認められて、全人類がレベルアップする様子はない。

そればかりか、17年前に王騎に一太刀浴びせられた為に、まだ自分は未熟なんだと早合点してしまい、レベル99になってこれ以上、あがらない個人の武を極めるため、その後も山に籠って修行を続け、人生をドブに捨て続けたアレな人という認識です。冷静に考えてみると、これ以上ない程に悲惨な人生ですね。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


求道者設定は後付けではあるまいか?

君主論18 kawausoさん

 

ですが、勝手に究極の武を目指し勝手に個人としては最大の武を有していながら、個人の武では、沢山の人間の思いを集めた集の武には敵わないという真理を突きつけられ、右往左往(うおうさおう)するんでは、あまりにも龐煖の立つ瀬がありません。

それで、熱烈なファンがいるのならまだ慰めにもなりますが、キングダムでもダントツの嫌われ者キャラでは、誰一人同情してくれず、ザマアミロで終ってしまいます。

羌瘣

 

いくらなんでも、それは可哀想という事で原先生が追加したのが求道者設定ではないでしょうか?確か龐煖の初期設定では、武神は自分の後継者を(さら)ってきて仕込むみたいな話だったと思います。その流れだと龐煖は、先代の武神に攫われた人という事になり、自らの意思で人類救済の為に超人になろうとした求道者設定から外れてしまいます。

 

そうなると、龐煖には最初は求道者設定はなく嫌われ者の龐煖にも龐煖なりに独善的な人類救済の思想があり、それが、長い歳月の間に歪んだだけという後付けで付け加えられたものではないでしょうか?


あまり受けない求道者設定

李牧

 

しかし、龐煖を独善から救う求道者設定はあまり功を奏しなかったようです。李牧の龐煖についての解説も麃公のセリフをかみ砕いただけに過ぎず、新鮮味があるものではなく、ただ、間延びした印象を与えただけでした。龐煖の個vs信の集という両極端な力の対立も、これまでの戦いぶりをみていれば、大体想像がつくものであり、李牧の説明は余計であるというコメントもありました。kawausoもそう思います。

 

あと、趙の人々が、龐煖が人類救済の為に戦っているという事実を知った時に、その不器用というより破綻した生き様に左目のみから涙を流すという設定も、悪くするとギャグとして受け取られるので要らなかったかなと・・

トータルすると、龐煖は最初に王騎を殺した男というぶっ飛んだ違和感が強すぎて、なんだか自分勝手なキャラが自爆しているという見方しかされていない気がします。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 君主論18 kawausoさん
  2. キングダム54巻amazon
  3. キングダム54巻amazon
  4. キングダム53巻

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 一読者
    • 2019年 12月 19日

    「人の思いで強くなる」という理屈のせいで、強さのあり方がおかしくなってしまった。

    千年続いている蚩尤の伝統の中でも傑出している羌瘣が死を覚悟しても龐煖に致命傷を与えられないというと、求道者・龐煖が人類史上の武の天才という設定でないとおかしい。求道者集団の方が伝統が長ければ、まだ少しわかるが、半分程度の伝統しかないし、殺人に特化していた伝統と、「何でもいいから人を超える」という伝統では、武についての蓄積で後者が凌ぐことに納得感がない。

    また、人の思いを紡ぐと蚩尤の強さを凌ぐ武神より強くなるというと、人の思いを紡いだ大将軍は蚩尤に暗殺されえないということになる。暗殺対象になりやすいはずの将軍が蚩尤より強かったら、そもそも蚩尤の伝説は生まれない。

    理屈が人の思いを紡ぐ云々だと、じゃあ、麃公は、信より人の思いを紡いでなかったのか、と。その理屈なら、李牧でも龐煖に勝てていいことにならないか。信が単に龐煖を超える天才だったという方が、まだ良かった。

    • 五百人将
    • 2019年 12月 18日

    馬陽における王騎と龐煖との一騎打ちはそれなりに長々と続いたものの、1話1話に重みがありました。
    一騎打ちに至るまでの戦術戦も練り込まれており、王騎の最期も相まって、原先生は展開とキャラクターで魅せるタイプの漫画家だなぁ、とつくづく思ったものです。
    最近のキングダムでは集英社から引き延ばしの圧でもあるのか、それが薄れていて残念です。
    原先生が描きたいように描いているようには思えないのですが…馬陽戦の頃の原先生はもういないのかなぁ…

    • 春秋の旅人
    • 2019年 12月 18日

    原さんも多分
    何が何やら錯乱しているのでは?
    間延びに次ぐ間延びは
    読者からしたら飽きる

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP