キングダム「確定!信が龐煖を破るこれだけの理由」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操の頭痛の原因は関羽?

 

キングダム626話は色々な意味で読者の度肝を抜いたのではないでしょうか?

 

これまで、無数の人の思いを背負って戦う信の漫画表現的手法と考えられていた幽波紋(すたんど)的存在、(ひょう)尾到(びとう)蒙驁(もうごう)王騎(おうき)輪虎(りんこ)のようなすでに死んだ師や友やライバルが、実際幽霊であり、信は光球の形を取る彼らにショッキングにも話しかけていました。

 

あれは龐煖が勝手に見ていた幻想ではなく誰でも見える幽霊だったのです!原先生も幽霊カードまで切った以上、龐煖との決着を先延ばしにはしないでしょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム最新626話ネタバレ「残酷な現実」レビュー考察

関連記事:キングダム626話ネタバレ予想vol3「原泰久は龐煖に何をさせたかったのか?」


確定!龐煖は助からない

ホウ煖(龐煖)

 

キングダム626話のラストでは、李牧がアンチ龐煖を突きつけた王騎や麃公がそれでも龐煖の刃の前に倒れた事を宣言しています。その後、羌瘣(きょうかい)河了貂(かりょうてん)が胸騒ぎを暗示して、信に生命の危機が迫っている事を読者に知らせていますが、夢の無い事を言わせてもらうとこれはキングダム的(あお)りというヤツです。

 

つまり、来週で龐煖は信に斬られます。その後、王翦(おうせん)の襲撃によって龐煖に致命傷が与えられる可能性については留保しておきますが、来週こそ、読者の誰にでも分かる形で信が龐煖を破る事が明示されるでしょう。

 

李牧のコメントと過去に龐煖に斬られた面子の幽霊化を考えてみると、信の手で龐煖にトドメが刺され、武神に引導が渡されるが確定と考えられます。幽霊まで出しておいて、決着つきませんというのでは、何のために幽霊を総動員したのか意図が掴めません。

 

その前段階で信が龐煖に追い詰められはしますが、危ないけどギリギリ勝利で河了貂や羌瘣は取り越し苦労というのが、キングダムの黄金パターンです。全く信は大したヤツだを印象付ける為に主要メンバーを特定の場所に集めるわけです。ふっふっふ、kawausoは、そんなドラマチック展開に騙されませんよ。


李牧は龐煖が死ぬ事でしか救われないと暗示

李牧

 

龐煖の独善は、病膏肓(やまいこうこう)に入るという奴で、いかに説得しても改まらないでしょう。知力は高いのかも知れませんが、思考に柔軟性がない旧帝国陸軍のようなヤツなので、内心、誰かが自分を殺して暴走を止める事を願っているのだと思います。戦争の利害無関係に、あれだけの大量殺戮をしておいて、今さら、私は間違っていた、これからは人との(きずな)を大事にして人間を信じて生きよう等とムシのよい転向(てんこう)は通らないでしょう。龐煖は死ぬ事でしか救われないとkawausoは断言します。

剣を持ち戦う李牧

 

その根拠としては、キングダム626話における李牧の龐煖に対するディスりがあります。

 

麃公や胡漸ジィまで持ち出し、人間は人間を超える事が出来ないとビシっと宣言する事で、頭のよい聡明な僕チンは龐煖が破綻している阿保である事をもう悟っていますとアナウンスし、最終的に龐煖は殺す事でしか救われないと伏線を張っています。

テレビを視聴するkawauso編集長

 

龐煖は自分の暴走を自分で止められない暴走機関車であり、王騎や麃公はそれを脱線させる為の石であり、かなりグラグラした暴走機関車を最終的に脱線させて線路から放り出すのが信の役割であると評すると分かりやすいでしょう。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


トドメを刺すのは悪役王翦

王翦

 

しかし、決着をつけると言っても、龐煖を殺すのは信ではないかも知れません。王翦が龐煖を殺す事で朱海平原の戦いに幕を下ろす可能性もあります。王翦は龐煖に直接対峙した事はありませんが、秦は王騎を殺した龐煖にどう対処するか位は軍議で検討しているでしょう。すでに、左翼の陣営で龐煖は暴れているので、その情報は蒙恬を通じて王翦に入っていると考えるのは突拍子もない事ではありません。

 

王翦

 

頭脳明晰(ずのうめいせき)な王翦なら、逃げようとしない李牧と強力な飛信隊を抑えている龐煖という図式から、龐煖を殺せば李牧は降伏すると予測するのは難しくないでしょう。そうなれば弩兵(どへい)を選抜して龐煖を取り囲み、信に敗れ疲れ切っている龐煖をハリネズミにして絶命させるのは難しくないでしょう。同時にこれは、李牧がかつて魏加を使って、王騎を狙撃させて一騎打ちに介入した卑劣な作戦に対する報復になります。

 

君主論18 kawausoさん

 

龐煖をイヨマンテした人間が王翦という事になると、龐煖をけしかけて王騎を破った李牧を破った王翦という図式が成立し、中華における名将の図式が李牧から王翦に変化する事にも繋がります。龐煖を討つ事で朱海平原の戦いにも幕が下せるなら、中々スマートな終わらせ方と言えるでしょう。


結論 龐煖は助からない

kawauso

 

少し前までは、龐煖と信の決着が着くかつかないか微妙でしたが、李牧がベラベラと喋り、信が幽霊と会話する伏線が入る事で、原泰久は龐煖と決別すべくお膳立てを整えている事が明白になってしまいました。後は、どれだけラストを盛り上げて、読者に龐煖は嫌なヤツだけど、アイツにはアイツの正義があったんだなと思ってもらえるようにするのが勝負でしょう。いやいや、お疲れ様でした。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. キングダム
  2. キングダム
  3. キングダム52巻
  4. キングダム54巻amazon

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 通りすがりの金毛
    • 2019年 12月 21日

    外すのを恐れず予想すれば(弱気な金毛)鍵を握るのはキョウカイさんの「ゾッ」でしょう。
    あの「ゾッ」が信が死にかけているのを感覚的に見抜いたものではなく、信の意識が飛び無我状態(王騎VSホウケンでホウケンが成ったやつネ)いわゆる「人ならざる者」に成ってしまっていることへの潜在的な恐怖から抱いた感覚だとすれば・・・信は自身の身体の崩壊などお構いなしでホウケンを圧倒するかもしれません。
    今迄キョウカイさんが「ゾッ」っとか「ゾク」とかしたのはほぼ人ならざる者ホウケンさんの存在を身近に感じた時ですし
    その後のテンが信の生命の危機を感じたシーンを描いたのが読者を騙す高等テクニックとすれば辻褄は合います。
    そもそも伏線は張られてましたしね、信と我呂との会話で「もうすぐ痛みは感じなくなる! お前それは死にかけやぞ」
    まあそうなってもホウケンとの決着がスグつくかは疑問ですが?あと二転三転はあるかも?

    • 去亥@故人
    • 2019年 12月 21日

    麃公の言葉を借りると『戦場の異物』であり『ただのど阿呆』の龐煖には武人らしい討ち死の描写は勿体ない
    それが何なのかは分かりませんが別の形でキングダムからご退場願いたい

    土壇場での李牧の独り語りや信がスピリチュアルを駆使する嵌めになったのは龐煖の並外れた武力を「武神」等と言う不明瞭な物に定義付けしてしまったため
    原先生はあの手この手でなんとも厄介な物を回収しようとしているが進めば進むほどコッチは冷めてくる
    まさか朱海平原の最終局面でこんなにグダるとは夢にも思わんかった


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP