年末は紅白よりも三国志でしょ?2019年はじめての三国志編集部おすすめ記事ランキングベスト10!いい記事、集めました。

日本のゲリラ忘年会(陸遜と朱然)

 

2019年もとうとう終わりますね。みなさんはどんな一年を過ごされましたか?

 

はじめての三国志 6周年記念ヘッダー看板

 

おかげさまで「はじめての三国志」は6年目を迎えることができました。これもひとえに読者様のおかげです。6年間もご愛読いただき、また読者様に「はじ三」を育てて頂き、誠にありがとうございます。

 

宇治様とkawauso編集長 おふざけ

 

現在の「はじめての三国志」は、各分野のスペシャリストが新たに加わり、他企業との事業連携を積極的に行っています。様々な分野で三国志を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』を紹介できるようになったことから、2019年はわたしたちにとって、変化の多い1年でした。

 

援軍を率いる公孫続

 

多彩なバックグラウンドや得意分野を持つゆかいな仲間たちが増え、他企業との業務提携や協業が促進されたことによって

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル ロゴ

 

ヒカキン様、はじめしゃちょー様が所属するUUUM株式会社様から技術提供やチャンネル運営支援を受け「はじめての三国志Youtubeチャンネル」の登録者数が2万人突破

 

はじめての三国志と三国志大戦コラボ実施

三国志漢字検定:外部リンク

 

株式会社セガ・インタラクティブ様「三国志大戦」とのコラボ実施

 

特別展「三国志」パンフレット

特別展「三国志」:外部リンク

 

NHK主催 「特別展 三国志」のパンフレットに「はじめての三国志」が起用され、4万5千部配布

「夜な夜な三国志」来場者限定」夜なべでMY 缶バッジ

夜な夜な三国志:外部リンク

 

九州国立博物館「夜な夜な三国志」の来場者限定『夜なべでMY 缶バッジ』実施

 

SPA! (スパ) 2019年 7/30号

 

「SPA! (スパ) 2019年 7/30号に編集長の「三国志愛」が掲載

 

ながら三国志-音声コンテンツ開始 特集バナーver.1

 

音声コンテンツ「ながら三国志」が「Spotify」「himalaya」「Googleポッドキャスト」「Overcast

 

Spotify 引用

 

Appleポッドキャスト」「breaker」「Pocket Casts」「Radio Public」にて配信開始

 

google home youtubeから引用

 

家電製品「スマートスピーカー」で「はじめての三国志」を楽しめる機能リリース

 

はじめての三国志コメント機能特集バナー115-15_bnr5

 

三国志好きの見解が活性化される「コメント機能」を開始

 

 

「使いやすさ」と「見やすさ」の向上を目指し利便性を高めたスマートフォン版「はじめての三国志」のリニューアルを実施

 

忘年会の特集バナー ver.2

 

三国志や歴史をテーマにした様々な企画実施

 

ご視聴ありがとう01 曹操

 

など、様々な企画やイベントを行うことが出来ました。と、同時に、2019年も毎日途絶えることなく記事を配信することが出来たのは、読者の皆様の応援が合ったからだと思っています。

 

孔明の延命儀式のろうそくを倒してしまう魏延

 

伸びた記事、伸びなかった記事、予想外に伸びてしまった記事などたくさんの記事をお届けしましたね。

 

そばを食べる曹操、夏侯惇、荀彧、曹丕、郭嘉、典韋

 

今回は、そんな2019年に公開した全1560記事の中から、PV数関係なく「はじめての三国志編集部」がおすすめする記事をチョイスしてご紹介します。

 

馬超好き必見!空想が止まらない馬超無双

馬超の兜にフォーカス

 

・馬超には帝位につくチャンスはあった?ムチャとは承知で一度マジメに検証させてください!

はじ三主宰@おとぼけ
『馬超が帝位を狙える』ポテンシャルがあった記述が正史にあり、著者のYASHIROがマジメに検証。個人的に胸アツな記事!馬超好きにはたまりませんよ!

 

何進が自力で宦官を全滅できなかった厳しい現実

袁紹と献帝と董卓

 

・袁紹と何進はなぜ董卓を都へ招集したの?後漢王朝の命運を絶った大愚挙

kawauso編集長
皇帝に近い宦官を前に四苦八苦し、最期には軍閥の武力で事態を無理やり解決しようとして滅んだ何進と漢王朝。 曹操の言った通り、ガンになっている宦官だけを排除する方針にしてその他とは妥協していれば董卓の武力は不用だったのに 宦官と皇帝という不即不離の存在を見誤り、宦官もろとも後漢を滅ぼした外戚の思わぬ弱点が分かる作品です。

 

 

陸遜が昔から人気の理由

陸遜

 

・なぜ陸遜は人気があるの?三国志演義でも天寿を全うしている数少ない武将

はじ三主宰@おとぼけ
蜀と魏に大打撃を与えた有能な人物だからこそ歴史家や小説家も下手に貶められない事情があったのでは?陸遜の功績から人気につながっている理由を著者のセンが考察。

 

 

後漢の官僚機構は生きていた!劉表や呂布が縛られた独立群雄の限界とは?

司馬徽、劉表

 

・劉表や劉璋が天下を取れなかったのは無能だからではなかった!

kawauso編集長
何でも好き放題に決める事が出来たかに見える三国志の群雄たち、しかし彼らは後漢の官僚機構に依存して領地を統治しており、その官僚機構は基本、後漢皇帝の下に対等な立場でした。俺達の支配者は献帝のみと頻繁に叛く各地の郡太守に対し妥協してしまうしかなかった三国志の群雄たちの限界と、それを突き抜けた事で覇者になった袁紹や曹操の戦略が分かります。

 

 

諸葛亮の後継者が魏延だったら、彼のカリスマ性を発揮できた?

魏延

 

・もしも、諸葛亮の後継者が魏延だったら三国志はどうなる?

はじ三主宰@おとぼけ
功績があるにも関わらず蜀ではなぜだか評価の低い魏延。諸葛亮の後継者指名が犬猿の仲である楊儀ではなく魏延が選ばれたら蜀はどうなっていたのか?創造力溢れるkawauso編集長と魏延の大胆な発想が融合したif歴史。読者はきっと魅了するはず。

 

 

三国志演義の話の膨らませ方がお手本レベル!演義で曹操毒殺を狙う吉本のキャラづくり

ブチ切れる曹操

 

・曹操の暗殺に加担したと言われる、吉本ってどんな人物?

kawauso編集長
三国志演義で曹操毒殺の仕事を引き受ける豪胆な医師吉太、しかし史実の吉太は吉平と言い人畜無害な普通の医師で息子達が謀反に参加したためにとばっちりで殺された冴えない人物。それを三国志演義は造り変えて自白を拒否して殺されてしまう豪胆な医師として登場させてしまいました。フィクションとして批判される事が多い演義のキャラ造りの巧みさを見習いましょう。

 

悪名高き宦官集団を斬る!

十常侍(宦官)

 

・我ら十常侍!でも、なぜか12人います!その理由とは?

はじ三主宰@おとぼけ
三国志の始まりは中央の政治腐敗からであり、政治的権力を振るった悪名高き宦官の集団「十常侍」。実は十常侍は役職でもなく、彼ら自身も十常侍と名乗っていなかったとか。しかも10人じゃなく12人。著者の晃が「男ではない男の集団」をわかりやすく解説。

 

 

女性天皇の存在感爆発!決してお飾りではなかった古代の女帝

元明天皇

 

・奈良時代はフェミニズムの時代だったの?女帝は太陽だった?

kawauso編集長
日本には飛鳥時代から江戸時代まで10代8人の女性天皇が存在します。でも、それはいずれも男性天皇が立つまでの中継ぎだと思われてきましたが、事実は違う事が研究で分かってきました。女帝は古代、特に奈良時代、養老令で正統な後継者としての権利を認められ男帝同様の権力を発揮したんです。

 

 

呂布の生涯戦績

矢を当てる呂布 呂布、紀霊

 

・呂布の生涯戦績を分かりやすく紹介

はじ三主宰@おとぼけ
呂布奉先の生涯戦績を三国志初心者にもわかりやすく著者のたまっこが解説!武を備えたインテリ詐欺師に衝撃を受けること間違いなし。

 

 

死者同士ばかりか生者と死者の結婚、死者との結婚の強要!驚きの世界の冥婚を紹介

アフリカの冥婚

 

・【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランスにもあった!?

kawauso編集長
結婚しないままで死んでしまうのは親不孝、そこで生まれたアジアの冥婚の風習ですが、意外にもアジアばかりではなくフランスやアフリカにまで存在しました。特にゴーストマリッジと呼ばれるアフリカの生者と死者との結婚はビックリです。
おとぼけ
編集長!これは2017年代の記事ですよ!
kawauso編集長
あいすみません。

 

来年も「はじ三」をよろしくお願いいたします!

はじめての三国志

 

引き続きはじめての三国志編集部は、読者の皆様に三国志をより深く知ってもらうことや、クスって笑ってもらえるような記事を配信して、より「はじめての三国志」のことを好きになってもらえるよう頑張ります!2020年も何とぞよろしくお願いいたします。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 荀彧
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 韓信
  4. kawausoとおとぼけ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP