細川政元は、実は天狗オタクだった!?半将軍が奇行に走った理由


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

明智光秀(麒麟がくる)

 

麒麟(きりん)がくる」で話題沸騰中の戦国時代。その時代には輝かしい歴史を残した英雄から深慮遠謀(しんりょえんぼう)を持って時代を裏から操った黒幕まで、様々な人物がいました。

 

HMR隊長 石川克世

 

HMRではそんな戦国時代に生きた歴史上の人物の中から、かなりトホホでアレげな人々をご紹介。第一回目に取り上げる人物は『細川政元(ほそかわ まさもと
)
』です。


細川政元ってどんな人?

細川政元

 

細川政元は室町(むろまち)時代末期から戦国時代にかけて活動した武将で、戦国時代開幕のきっかけを作ったとされている人物です。

合戦シーン(戦国時代の戦)

 

細川政元(1466年~1507年)は、室町時代に起こった内乱である「応仁の乱(おうにんのらん
)
」(1467年~1478年)の東軍(とうぐん)総大将を勤めた細川勝元(ほそかわ かつもと
)
嫡子(ちゃくなん
)
として、文政(ぶんせい
)
元年(1466年)に誕生、陽明(ようめい)を「聡明丸(そうめいまる)」と言い、その名の通り聡明な子どもして知られていました。文明5年(1473年)父である勝元がその臨終(りんじゅう
)
に際して、「聡明丸がいれば細川家は安泰(あんたい)だ」の言い残しており、息子聡明丸を高く評価していたことが分かります。

 

戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)

 

父の死後、嫡子であった政元はその家督(かとく)を継ぎ、応仁の乱が収束したのち、室町幕府に対して反抗的であった六角行高(ろっかく たかより
)
の討伐を決意した第9代将軍、足利義尚(あしかが よしひさ
)
に協力、出陣の準備を進めますが、長享(ちょうきょう
)
3年(1489年)に足利義尚が出征先の近江の国(おうみのくに
)
病没(びょうぼつ
)
してしまいます。将軍の死後、その後継者をめぐる問題が起こります。政元はこの後継者問題に対し、義尚の従兄弟(いとこ)に当たり、その当時は出家していた禅僧(ぜんそう)清晃(せいこう)(後の足利義澄(あしかが よしずみ
)
)を推挙(すいきょ
)
しますが、義尚の母親であった日野富子(ひの とみこ
)
や対抗勢力であった畠山政長(はたけやま まさなが
)
が後押しする足利義材(あしかがよしき)(後の義稙(よしたね))が第10代将軍に就任することになります。これを気に政元は幕府と距離を置くようになり、幕府内では義材の父である足利義視(あしかが よしみ
)
畠山長政(はたけやま まさなが
)
が実権を握るようになります。

 

明応2年(1493年)、将軍足利義視と畠山政長が河内国(かわちのくに)へ出兵した隙をついて、京都に残留していた細川政元はクーデターを決行し、以前自分が推挙した清晃を第11代将軍として擁立。このクーデターは後に「明応の政変(めいおうのせいへん
)
」として知られるようになります。やがて政元は政敵であった畠山氏を追い落として将軍を自らの傀儡(かいらい
)
とすることで、事実上政権のすべてを掌握するに至ります。将軍と同等の権力を持つに至った細川政元は「半将軍」と呼ばれるようになりました。


有能な細川政元の意外すぎる趣味

天狗に憧れる細川政元

 

機会を伺う聡明さと、クーデターを実行して権力を掌握する行動力を持ち合わせた、一代の傑物とも呼べる細川政元ですが、実は彼には将軍や権力者などよりも、ずっとなりたいと思っていたものがありました。彼が夢見続けたもの、それはなんと。

 

天狗(てんぐ)

 

だったのです!!

 

同年小録(書物・書類)

 

細川政元に関して記された様々な書物・歴史的文献に、政元のさまざまな奇妙な行いについての記述を見ることができます。

 

水滸伝って何?

 

例えば、政元は「飯綱(いづな)の法」や「愛宕(あたご)の法」と呼ばれる術を使ったという記録があります。「飯綱」とは別名を「管狐(くだぎつね
)
」とも呼ばれる憑き物の一種で、これを使役して予言をしたり、敵に取り憑かせて病にするといった妖術が「飯綱の法術」と呼ばれていました。「愛宕の法」は天狗の呪力を使う秘法とされています。また、政元は山伏(やまぶし
)
の修行を好み、陀羅尼(だらに
)
という仏教の呪文を唱えたりもしました。

祁山、街亭

 

政元は天狗のように空を飛ぶことに憧れていたらしく、天狗と縁のある修験道の聖地、鞍馬山(くらまやま
)
に籠もって山伏に指導を受け、修行に没頭したとも言われています。自分が後見人(こうけんにん
)
となり、後に将軍に擁立(ようりつ
)
した清晃が元服(げんぶく
)
を迎えた時には、その後見人として元服の儀式に出席しますが、清晃に成人の証でもある烏帽子(えぼし
)
を被せる儀式で、自分が烏帽子を被ることを嫌がって駄々をこね、結局儀式自体が一週間も延期されるという騒ぎを起こしています。

 

政元は生涯妻帯者(さいたいしゃ)とはならず、実子を残すことがありませんでしたが、これも修験道(しゅげんどう
)
に没頭するあまりの信念によって女性を遠ざけたことが原因とされています。幕府の実権を握る権力者に上り詰めながら、修験道に没頭し天狗になることを夢見た細川政元。いったいどうしてこんなことに?


細川政元の変人っぷりの原因は幼少期にある?

スキッパーキ(はてな)

 

妖術の呪文を唱えたり、天狗のように飛ぶことに憧れ、武家の嗜みでもある烏帽子を嫌がる……これではまるで子どもです。細川政元がそのような「変人」に育ってしまった原因は、一体どこにあるのでしょうか?

 

水滸伝って何? 書類や本

 

その謎を解き明かす鍵は、彼の幼少期の体験にありそうです。

 

細川政元が生まれたのは1466年のことですが、彼が父親の死を受け、その家督を継いだのは1473年のこと。わずか8歳の出来事です。以来、彼は幕府内の権力闘争に巻き込まれ、一時は拉致・幽閉(ゆうへい
)
の憂き目を味わっています。若干18歳で対立勢力と単独で和睦を結ぶなど、早いうちからその政治的能力を発揮したこともありました。

 

幼い頃から政治闘争の場に身を起き翻弄(ほんろう
)
されたことで、元々聡明であった政元が政治能力に開花したことは容易に想像できます。しかし、そのことを裏返せば、細川政元はその幼少期において、子供らしい健やかな過ごし方ができなかったことも意味します。若干8歳で細川家を背負って立つ運命にあった政元少年。彼はおそらく幼少期の楽しみを禁じられる生活を経験しているに違いありません。


大胆仮説:幼少期の禁欲的な生活がこじれ、細川政元はオタクになった!?

西遊記の三蔵法師(はてな)

 

ところで皆さんはTwitterなど、ネット上でこんな議論が交わされたことがあるのはご存知でしょうか?

 

張良と劉邦が楚漢戦争のゲームをプレイ

『子どもの頃マンガ・アニメ・ゲームを禁止されると、大人になって重度のオタクになる』

 

実際、それを証明する客観的な証拠はなく、結果的にその真偽は定かではありませんが、大人になってから重度のオタクになった人の多くが、子どもの頃にマンガやアニメ等を禁止された経験があることを語っています。

 

ここで細川政元の幼少期を振り返ってみましょう。彼は8歳で家督を継いで後、子供らしい生活とは無縁の政治闘争に身を置いています。当然、子供らしい娯楽などの楽しみなどない生活だったことは、想像に難くありません。結果的に、彼は「マンガアニメを禁じられた子ども」のような成長期を経て、やがて大人になると、その経験がこじれて重度のオタクになった……そう考えられないでしょうか?

 

いいや、そうにちがいない!!(断言

 

HMR隊長は「細川政元オタク説」を強く主張するものであります!!

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 劉備にアドバイスをする法正
  2. 呉の孫権
  3. 曹昂(曹昴)
  4. 孫堅の妻

    デザイン担当:よりぶりん

    記録が乏しい孫堅の妻たち

    孫権の父親、孫堅(そんけん)は、物語の序盤で亡くなって…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP