広告

キングダム642話ネタバレ予想vol2「新章六国の状況は」


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

新章六国の状況(1P目)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



キングダム642話ネタバレ予想vol2「魏は呉鳳明の見せ場」

 

魏は秦と韓と楚と斉と国境を接していますが、実は趙より前に蒙驁(もうごう)により領土を半減させられ存続が危ぶまれている国です。

しかし今回、秦が勢力を伸張した為に、五カ国が己の安全保障に注意を向けているので、楚と趙と韓の軍隊を魏に集結させる点では国境を接している魏は有利なポイントにあります。そこで今回は呉鳳明が合従軍の総指揮官になり、秦を国境まで押し返す陣頭指揮を執るというのはどうでしょう?

幕末 魏呉蜀 書物

 

史実では、一時的にとはいえ李牧の活躍で、一時、秦を押し戻していますから、まさに、呉鳳明にとっては合従軍編以来の最大の見せ場になると思います。

 

キングダム642話ネタバレ予想vol2「趙は李牧の復讐戦」

剣を持ち戦う李牧

 

趙は、史実では悼襄(とうじょうおう)が死去し、その後を暗愚(あんぐ)で有名な幽繆王(ゆうぼくおう)が継ぎます。

ただ、史実の設定がそのまま反映されるかどうかは不明で幽繆王が悼襄王よりは少しマシな存在として描かれる可能性もあります。

 

内容に納得がいかないkawauso様

 

というより、そうじゃないと代替わりしても李牧を処刑すると言い出しかねないので、物語の展開上は、オフ王よりはマシな人物として描かれると見ます。

桓騎(キングダム風)

 

キングダム新章の序盤は扈輒(こちょう)がそのまま総大将として登場し、桓騎に呆気なく討たれる事で李牧が雁門より呼び戻され、秘策を以て桓騎を撃破し、さらに秦の猛攻を押し返して秦軍を総崩れにさせ、待機していた楚と韓と魏の4カ国合従軍で、一気に王翦と蒙驁の功績を帳消しにする猛反撃を開始するでしょう。

 

キングダム642話ネタバレ予想vol2「秦は桓騎に頼り切りが仇に」

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

桓騎が鄴を救う為に戻って来た李牧の軍勢を撃退した事で大将軍に昇進し、趙一国の切り取り自由の許可を得ます。そこまでは良かったのですが、桓騎が扈輒を殺害した辺りから、総大将に呼び戻された李牧の復讐劇が開始されます。

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

雁門(がんもん)で3年間、練りに練った桓騎を誘い込む罠に嵌り自滅を余儀なくされる桓騎。そして連戦連勝する桓騎に依存して備えを怠っていた秦軍が、李牧と合従軍の怒涛の攻めにより、一方的に蹂躙される悪夢が展開されていくのです。

 

キングダム642話ネタバレ予想vol2「燕は秦と組んで趙を攻めるか?」

進軍する兵士a(モブ用)

 

六カ国の中で秦と国境を接していないのが燕で、直接の被害を蒙っていない分は、他国に比べて秦への警戒心が低い状態です。むしろ、鄴攻めの秦に便乗して趙の領内に攻め入ったのに、逆に趙に侵攻されて領地を失っているので、失地回復の為に秦と組めるなら組もうとしてくるかも知れません。

なんとなくオルド将軍と桓騎の相性は悪くなさそうですしね。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-