秦檜よりもスゴイ売国奴?張松と法正ここにあり


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

秦檜(しんかい)

 

売国奴(ばいこくど
)
。国を売って利益を得る人を指します。中国で有名な売国奴は南宋(なんそう
)
(1127年~1279年)の宰相(さいしょう)である秦檜(しん かい
)
です。

秦檜(南宋の政治家)

 

秦檜は敵対していた(きん)(1115年~1234年)と密約を交わして、和議(わぎ)を結びました。その和議の結果、将軍の岳飛(がく ひ)が犠牲になります。秦檜の売国奴話は後世の歴史家による脚色(きゃくしょく
)
と言われており、今日では信用されていません。

法正と張松

 

ただし益州(えきしゅう
)
劉璋(りゅう しょう
)
に仕えていた張松(ちょう しょう
)
法正(ほう せい
)
は主人を劉備(りゅうび)に売った真の売国奴です。しかし、『三国志演義』の影響のために、それが感じにくいのです。今回は張松・法正の売国話について紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「張松 法正」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


張松とは?

張松

 

張松という人物は正史『三国志』・『後漢書(ごかんじょ
)
』にも列伝は無しです。兄は張粛(ちょう しゅく)であり兄弟そろって益州(えきしゅう
)
長官の劉璋(りゅう しょう
)
に仕えていました。

歴史書をつくる裴松之

 

正史『三国志』に注を付けた裴松之(はい しょうし
)
が史料として採用している『益部耆旧雑記(えきぶききゅうざっき)』によると、ブサイクだったことが記されています。ちなみに、兄の張粛はイケメンでした。

 

劉璋にアドバイスをする張松

 

張松の仕事は別駕(べつが)です。正式名称は別駕(べつがじゅうじ)。別駕とは簡単に言えば家老(かろう
)
。主人が領地を視察する時に別の駕籠(かご)でついていくから、別駕と呼ぶのです。だが、張松は主人の劉璋が大器でないと思い見限っていました。


劉璋の失政

劉焉

 

益州は劉璋の父の劉焉(りゅう えん
)
が治めていましたが興平元年(194年)に劉焉は病死。息子の劉璋が後を継ぎます。

 

五斗米道(はじめての三国志)

 

劉焉は生前、益州で布教していた宗教団体「五斗米道(ごとべいどう
)
」の対応に苦労していました。五斗米道とは張角(ちょう かく
)
が創始した「太平道(たいへいどう
)
」に類似した団体でした。劉焉は五斗米道とは争わずに、平和的交渉を行っていました。

 

五斗米道の教祖・張魯

 

劉璋も父と同様の対応をするべきでしたが、五斗米道の総大将である張魯(ちょう ろ
)
の母と弟を殺害して関係を悪化させます。


張松、曹操に派遣される

曹操にキレて劉備を贔屓する張松

 

五斗米道に手を焼いた劉璋は曹操(そうそう)に助けを求めることにしました。そこで最初に張松の兄である張粛(ちょう しゅく)を派遣。益州が曹操に敵対しない姿勢を見せました。

 

曹操

 

喜んだ曹操は張粛を好漢郡(こうかんぐん)太守(たいしゅ
)
に任命します。ところが、別に張魯に対する援軍を送ることはありませんでした。建安13年(208年)に曹操は荊州(けいしゅう)劉表(りゅう ひょう
)
が亡くなったことを機会に荊州を制圧。劉璋は再び使者を曹操に派遣します。

 

三国志演義_書類

 

この時に派遣された使者が張松でした。おそらく張松はこの時、曹操に対して益州の情報を流す予定だったのでしょう。ちなみに『三国志演義』では建安16年(211年)に派遣されたことになっていますが、これは虚構です。物語を読みやすくするために創作したと考えられます。時系列が乱れていたら、読みにくいですからね・・・・・・


張松、劉備の所に行く!

曹操と張松

 

話を正史に戻します。派遣された張松は残念なことに官位を1つも頂けずに帰ることになりました。当時の曹操は孫権(そんけん)との対決で忙しかったから、益州(えきしゅう
)
の田舎者の相手なんてしていられません。

 

曹操には服従しているが内心キレている張繍

 

雑に扱われた張松(ちょうしょう)は「田舎なめるなよ!」と激怒!何もしないで帰るのも悔しいので、張松は長坂(ちょうはん)で曹操に敗北した劉備の所に行きました。当時の劉備は夏口(かこう)に駐屯していたので、そこに向かったのでしょう。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 賈ク
  2. 敗北する馬岱
  3. 兵士 朝まで三国志
  4. 関羽に惚れる曹操
  5. 于禁を虐める曹丕

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 5月 05日

    檜よりもスゴイ売国奴?
    →秦檜よりもスゴイ売国奴?

    雑に扱われた張繍
    →雑に扱われた張松

    張松の兄の趙粛
    →張松の兄の張粛

    • 2020年 5月 04日

     匿名様、非常に面白いコメントをありがとうございました。

     質問にお答えいたします。

    (1)正史『三国志』に張松・法正の地図の件が無いこと

     ①おそらく陳寿が正史『三国志』の執筆を始めた太康元年(280年)時点で史料が無かった。

     ②下書きの時点では陳寿は書いていたが清書で削った。私はこれが正しいと推測しています。陳寿は正史『三国志』を作る際に多くの史料を参照しますが、掲載したくないと感じたものはいっぱいあったようです。裴松之が注尺を作った理由の1つは、これです。

    (2)『呉書』について

     『呉書』は呉が存在していた当時から書かれていたものです。孫堅の時代から他の群雄のことも細かく描かれているので、史料価値は『三国志』以上と言われています。劉備のことが書かれても不思議じゃないのです。欠点は未完成で終わったことでした。

     
    回答はこんな感じです。また、何かあったらコメントをください。

     

    • 匿名
    • 2020年 5月 04日

    張松が劉備に地図を渡したのなら、陳寿がそれを書き漏らす事は無いかと思います。
    今では正史と呼ばれる三国志が蜀臣陳寿の私撰に過ぎない点は十分考慮すべきでしょう。
    逆に呉の重臣である韋昭が書いた呉書に、蜀側が書き漏らした劉備側の詳細かつ重要な情報があるのは不自然ではないでしょうか。

      • 匿名
      • 2020年 5月 05日

      陳寿は孫呉に関する記述に韋昭の資料参考にしてたと思われるからあえて正史に記述しなかったんでしょうな。

      ただ張松が劉備を招き入れたいと思った気持ちは正直分かる気はする、見かけだけで卑しい男扱いされたり馬鹿にされたり。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP