三国志演義は面白い!三国志演義の楽しみ方と利点


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

三国志演義の楽しみ方(1P目)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



三国志演義の功績

三国志演義の作家 羅貫中

 

さて話を三国志演義に戻しましょう。三国志演義の最大の功績は、分かりやすさにあると筆者は思っています。三国志演義は色々な脚色こそあれ、物語としてすんなりと読むことができます。何よりも面白く、読み進めていけることができるのが最大の功績であり、利点です。というのも正史三国志は言ってしまうと「辞書」なのです。

 

正史三国志は、辞書

正史三国志_書類

 

例えば正史三国志で劉備の活躍を見よう!と劉備のところを見ると、劉備のことしか書かれていません。ここで劉備はこうした、この時劉備はこうだった、それが書き記してあるけれど、じゃあこの時に関羽がどうしたかは関羽の所を読んで自分で理解してまとめなければいけないんですね。

 

 

もちろんじゃあそこで諸葛亮がどうしたかは、諸葛亮の所を見ましょう。はい、ここで分かると思いますが、正史三国志は三国志演義と比べると非常に読みづらいのです。知りたいことがあってそれを確かめるには最適ですが、何も知らない人が見るのはちょっと辛いのですね。

 

正史三国志と三国志演義

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

個人的な意見ですが、三国志演義と正史三国志はどちらも支え合っているのではないかと思います。三国志演義は正史三国志があってこそ、正史三国志が広まったのは三国志演義があってこそだと思うのです。入門編として三国志演義は非常に優れています、そしてそこから更に楽しむなら、正史三国志を読むと良いでしょう。

 

三国志演義ではこうなっていたけれど、正史三国志では?

ではその正史三国志ではこうなっていたのに、三国志演義ではどうしてこう描かれたのか?

 

 

筆者はこのように、三国志演義から正史三国志、そしてまた正史三国志からその時代背景へ……というように見ていくのが好きです。違いを非難したり、認めないのではなくどうやって楽しむか。それが三国志演義の楽しみだと思っています。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

筆者も正史三国志、三国志演義を両方読みました。正直な話、正史での活躍がなかったことにされたり、脚色されたりに不満を抱かない訳ではありません。しかしその違いを違いとして楽しむのもまた、正史三国志と三国志演義の両方がなければできなかったことです。

 

そして今ではその違いがとても楽しくなってきています。まだ正史三国志を見たことがない人はぜひ正史三国志を見て、更にもう一度三国志演義を見てみて下さい。きっと違いが見つかるでしょう。でもその違いが今以上に三国志演義を楽しくしてくれる、面白くしてくれると思いますよ。

 

文:セン

参考文献:三国志演義 正史三国志

 

関連記事:『三国志演義』はいつ誕生したの?三国志演義の誕生について分かりやすく紹介

関連記事:【三国志演義の虚構部分】実は存在しなかった!三国志演義の虚構を紹介

関連記事:【保存版】三国志演義の架空人物一覧!この人も実在しなかった!

 

三国志平話

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-