三国志演義と正史三国志の違いとは?違う楽しさも三国志の魅力


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志演義_書類

 

いきなりですが、三国志演義と正史三国志の違いは挙げたらきりがありません。細かいところまで重箱の隅(じゅうばこのすみ)を楊枝でほじくるようにしていくと気が遠くなります。

 

李術にブチ切れる孫権

 

しかし違いを見つけても間違い探しではないので誰も褒めてはくれません、なので平素から筆者はその違いを楽しむ方がいいな、と思っているのです。なので今回もまた、その違いの楽しみ方をご紹介していきましょう。


正史三国志と三国志演義の違いの多さ

正史三国志 vs 三国志演義で揉める現代人

 

まず重要なこととして、三国志演義は創作であり、正史三国志は歴史を記した史書ということを念頭にしておかなければなりません。その中で多いのが三国志演義では一部の英雄を極端に有能にしたり、また逆に史書にはないような演出で低能力者にしてしまうことで話を盛り上げていることです。このため一部の武将たちのファンからは目の敵のようにされてしまうこともあります。


分かります、その気持ち

 

とはいえ、筆者もその気持ちが分からなくはありません。思い入れの強い人物がやたら下げられたり、別の人物の引き立て役にされて憤りを感じない人はいないでしょう。

 

劉備の黒歴史

 

このため三国志演義から正史三国志に移った場合でも、登場人物たちにやたら美化されていたことに反感を見出してしまう人もいます。しかし基本的に念頭に置いておきたいのは「三国志好きな人にとって、三国志演義は悪ではない」ということです。


三国志演義は悪ではない

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

三国志、正史三国志は歴史書です。見れば分かりますが、とても読みづらいです。歴史に興味を抱かなければ目を通してみていくことはあまりないでしょう。

 

三国志(歴史)を誇張しまくる羅貫中 ver2

 

ではどこで興味を持つか、というとやはり三国志演義なのです。正史三国志が好きならばそれを知ってもらいたい、そしてそのために三国志演義というのは、とても重要な窓口なのです。


史実アレンジも重要なファクター

三国志(歴史)を誇張しまくる羅貫中

 

また、史実アレンジが多いのも三国志演義の特徴です。有名な所で言いますと、三国志演義の感動的場面100選があれば個人的にトップ10に入る桃園(とうえん)の誓い、これは実は正史三国志には記載はありません。

 

桃園の誓いをする劉備、張飛、関羽

 

ただし全くの創作ということはなく、劉関張(りゅうかんちょう)の三兄弟がとても親密であったこと、それが他国でも知られていたこと、三国志演義の元とも言われる三国志平話でも「桃園結義(とうえんけつぎ)」という話が合ったことなど、史実や言い伝えを参考にしてとても良いアレンジが加えられているのは真実です。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 荀彧
  2. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  3. 三国志時代のひざまくら
  4. 関羽の降伏を説得しにいく張遼
  5. 夏侯惇
  6. 勘違いで殺めてしまう曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP