三国志入門「正史三国志って読んだ方が良いの?」の疑問点




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

たまに見かける話題ですが「三国志は三国志演義で知った」「正史は見たことがない」良くあることだと思います。筆者も横山三国志から三国志に入り込んだ口ですからね。

 

李儒と三国志(はてな)

 

しかしそこから良く聞かれる「正史三国志って読んだ方が良いの?」という疑問点。今回はこれに対して、筆者なりの回答をまとめてみたいと思います。




正史三国志とは?

正史三国志_書類

 

まずは正史三国志についてちょっとおさらいしていきましょう。

 

晋蜀の産まれ 陳寿

 

正史三国志とは「三国志」のこと。これは古代中国の歴史書であり、三国時代と呼ばれる時代についてまとめたものです。著者は陳寿(ちんじゅ
)
。これは「三国志」ですが、三国志演義との違いを表現するために「正史三国志」と呼ばれることが多いですね。




正史三国志の特徴

陳寿(晋)

 

さて正史三国志の著者は前述したように陳寿です。陳寿は蜀の滅亡後は魏(晋)に仕えましたが、それまでも蜀の歴史をまとめていました。その後は蜀以外の歴史もまとめるようになったのですね。

 

晋の陳寿

 

そしてポイントとして、三国志では魏を(そして晋を)漢王朝の正当後継者として記録しています。これに関しては当然とも言えるでしょう……職の首どころか人体的に首が飛ぶ可能性がありますからね。

 

史記_書類_劉邦と始皇帝

 

そして歴史書としてまとめるために「忠実であること」「簡潔にまとめること」が重視されています。このため「これ本当にあったの?」と思うような逸話は除いているので、分かりやすく簡潔にそれぞれの話がまとめられた「人物辞書」のようなものになっているのが特徴です。

 

裴松之らの注釈

裴松之(歴史作家)

 

しかし正史三国志を初めて見ていくと、やたら注釈が多いな……と思うかと思います。これは裴松之(はいしょうし
)
を始めとして、後の時代の人々が排除されたエピソードやこういう話があったよという民間伝承などから注釈が付け加えられていったからです。

 

歴史書をつくる裴松之

 

因みに裴松之の注釈は彼自身の観点による解釈や自分がどう思ったかなども書かれていて、三国志を面白いものにしていると思います。言ってしまうと淡白すぎた三国志に、味付けを足したのが裴松之の注釈だと筆者は思っていますね。

 

三国志演義

三国志演義_書類

 

そして三国志は歴史書ですが、三国志演義は「歴史小説」でしょう。

 

三国志(歴史)を誇張しまくる羅貫中

 

とにかく物語としての面白さを重視したために架空の人物、逸話が多数盛り込まれる、言い方を変えると「それはなかった」話が挿入されていて、良く言われるのが蜀漢びいきによる補正効果が効いているキャラクターが多くいるのが特徴です。

 

三国志(歴史)を誇張しまくる羅貫中 ver2

 

このため正史の活躍をなかったことにされたり、悪人として描かれてしまっている場合もあるので、一部の人物のファンからは嫌がられる場面もないとは言い切れません。とは言え物語としてとても面白く、三国志の知名度を上げたという三国志演義の功績は素晴らしいものです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹操
  2. 孫子の兵法 曹操
  3. 七星剣
  4. 曹操と荀彧の三顧の礼
  5. 劉備 婿

    デザイン担当:よりぶりん

    劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1

    劉備に荊州を取られてしまった周瑜(しゅうゆ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP