正史三国志の見どころ?裴松之先生の注釈が面白い!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

晋蜀の産まれ 陳寿

 

正史三国志の著者と言えば陳寿(ちんじゅ)、そしてその正史三国志に注を付けたのが裴松之こと裴松之(はいしょうし)先生です。この(場合によっては)裴松之先生の主観がたっぷりと盛り込まれた注は、正史三国志の読みごたえと面白さを倍増してくれていると思います。

 

そこでこの裴松之の注について、今回は解説していきたいと思います。




裴松之の「注」のポイント

裴松之(歴史作家)

 

まず裴松之の注における「ポイント」をご説明しましょう。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

注釈というのは簡単に言うとその文章に対する解説ですが、裴松之の注はただの注釈ではありません。その注のポイントは「足りない内容を補う」「異説もなるべく載せていく」「誤り修正」そして何よりも「自分の意見を述べていく」というものがあります。

 

 

つまり正史にはない異聞、異伝は何でも載せていくので、武将によっては注で伝の内容が大きく膨らむことがあるのがポイントとなっているのです。




主観たっぷりの面白さ?

歴史書をつくる裴松之

 

そして前述したように、裴松之の注のポイントには「自分(裴松之)の意見」があることが特徴です。なので異聞、異伝を乗せた上で「こう書いてあるけど信頼できない話だよ」とか「だけど私はこう思うな」という感想と言えばいいのか、ツッコミと言えばいいのかな意見も添えられているのです。

 

正史三国志 vs 三国志演義で揉める現代人

 

このため裴松之の注だけでも後の世の三国志ファンたちは議論を交わすこともあり、また正史三国志の「読み物」としての面白さを格段に付け加えていると言っても良いでしょう。

 

三国志演義の土台となった注

正史三国志_書類

 

そんなこんなで歴史書としての信憑性はひとまず置いておいても、正史三国志は読んでいて面白い本となりました。そこから講談師たちが三国志を話として使うようになり、三国志が民衆に広まっていったのです。

 

三国志平話

 

更にここから三国志平話(さんごくしへいわ)なども混ざって、三国志演義が生まれたとされています。つまり裴松之の注が付けられたからこそ三国志演義が生まれた、この注は三国志演義の土台となったとも言えるでしょう。

 

陳寿との違い

陳寿(晋)

 

さて正史三国志の著者は陳寿です。この陳寿の書いた三国志と裴松之の注の違いポイントもご説明しておきましょう。簡単に言うと陳寿のまとめは歴史書。簡潔にまとめ、あくまで自分の意見が表に出てこないように……とは言えちょっと匂わせつつまとめられています。

 

晋の陳寿

 

対して、裴松之の注は非常に大量の異説、異伝をまとめた上で、自分の意見を盛り込んでいるという、二人の三国志に対する立ち位置は真逆とも言えます。だからこそこの二人の合作とも言える三国志は、面白くなったのが凄いですよね。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. ブチ切れる曹操
  2. 関羽を討ち取る陸遜
  3. 鮮卑賊
  4. 曹操
  5. 張飛の寝込みを襲う張達と范彊
  6. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP