今週もお疲れ様。姜維を漢中に帰還させない作戦を考えていた司馬昭

今週もお疲れ様でした 姜維

 

はじめての三国志Tvをご覧の皆様、今週もお疲れ様でした。今回のお疲れキャラは姜維です。

 

 

鍾会から降伏するようにと送られた手紙をシカトする姜維

 

西暦263年の魏による蜀征伐を剣閣で防いだものの鄧艾の迂回戦術に屈した姜維ですが、実は司馬昭、初期の戦略では姜維を沓中に封じ込め漢中に帰還させない作戦を考えていた事が晋書文帝紀で判明します。

 

劉禅から勅令が届き、鍾会に降伏する姜維

 

「主力の姜維軍と成都の劉禅を分離すれば漢中を落とした時点で劉禅はブルって降伏するに違いない」司馬昭はこのように、姜維については脅威に感じていたようです。

 

剣閣を攻めまくる鍾会、籠城する姜維

 

だから、本当は「すみませーん姜維が剣閣に引き籠りました」と鍾会から連絡が来たとき、「あ…今回、詰んだわw」と思った事でしょう。鍾会がすんなり退却許可を出したら応じていた可能性は高いと思います。

 

前人未到のルートで蜀にたどり着いた鄧艾(トウ艾)

 

蜀討伐は鄧艾のプランにより破綻を免れたのであり、姜維の宿的はやはり鄧艾でした。

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

関連記事

  1. 今週もおつかれさま 三国志 高順
  2. 今週もお疲れ様でした 姜維
  3. 今週もおつかれさま 三国志a 周瑜

    おつかれさま

    今週もお疲れ様。実は演技派だった周瑜

    はじめての三国志ファンの皆様、今週もお疲れ…

  4. 今週もお疲れ様でした 劉備
  5. ご視聴ありがとう01 曹操

    おつかれさま

    今週もお疲れ様。北部尉の役所を曹操が最晩年に修理

    はじめての三国志TVをご覧の皆様、今週も1…

  6. 今週もお疲れ様でした(太史慈)

    おつかれさま

    今週もお疲れ様。太史慈と姜維の共通の逸話

    はじめての三国志TVをご覧の皆さん。今週も…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP