月刊はじめての三国志2021年10月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました


はじめての三国志

 

はじめての三国志』よりありったけの愛と感謝を込めて。いつもはじめての三国志をご愛読いただきありがとうございます。

 

kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ

 

10月23日(土)に「月刊はじめての三国志10月号」の出版が決定しました。

 

月刊誌表紙 兀突骨 2021年10月号

 

もうすぐハロウィンですね。街中も飾り付けされて賑やかになってきました。そして、10月号の表紙を飾るのは、死後の世界からやってきた彷徨える魂に怯えている兀突骨。あれ、よく見るとおばけも怯えている...? ちなみに10月号では、「はじめての三国志」で掲載された記事をピックアップしています。(2021年10月)

 

この一冊で、はじ三の面白さがわかる月刊誌。値段は何と99円とワンコインで電子書籍で講読することができます。サクッと読めるラインナップのためスキマ時間などにいかがでしょうか?

 

■■■目次■■■

- 三国志後期が熱い!三国志最後の煌めき、文鴦を刮目せよ!
- 万里の長城って役にたったの?建設された後を徹底検証してみた!
- 曹操が諸葛亮や諸葛瑾の祖先を褒めていたってホントなの?その理由は?
- 蜀の私兵団、東州兵はどうして愚連隊になった?その誕生から崩壊を解説
- 陳到とはどんな人?名声は趙雲に次ぐ?白耳兵を率いた将軍

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-当サイトからのお知らせ
-