広告

【孫登の逸話】パチンコは暗殺の武器


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

忙しい方にざっくり解答01 kawausoさん

 

パチンコというと、現在ではジャンジャンバリバリのイメージです。しかし、元々はY字型の棹の左右にゴム紐を張って、弾とゴム紐を一緒につまんで引っ張り石や金属の玉を飛ばすスリングショットと呼ばれる狩猟道具でした。もちろん、鳥を殺傷する破壊力があるパチンコを人に向けて放てば殺傷能力も十分にあります。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

三国志では呉書、孫登伝に皇太子時代の孫登が乗馬をしている時に弾弓(はじきゆみ)が頬を掠めた事件があり、たまたま近くで弾弓を持っていた者が捕まり鞭打ち刑に処されようとします。

 

しかし、孫登は「確たる証拠もないのに処罰してはいかん」と止め自分の頬を掠めた弾を捜索させ捕まえた男の弾と比較し形状が似ていない事から犯人ではないとして釈放した話があります。

 

関連記事:孫権の後継者は逸材だった?孫権に意見を述べた孫登

関連記事:【大胆仮説】孫登と孫慮が生きていれば呉が天下を統一した!?

 

呉の武将

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-