蜀の軍師「龐統」と呉の武将たちとの深い関係とは?

2022年1月24日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉璋を殺そうと劉備を説得する龐統

 

龐統(ほうとう)と言えば劉備(りゅうび)の蜀入りに大きな貢献をした武将として知られていますね。蜀の武将のイメージが強い彼ですが、実は敵でも呉の武将たちと深い関係性があったのです。

 

龐統

 

今回の記事ではそんな龐統と呉の武将たちの関係について探ってみようと思います。

 

 

初めは役所の人事担当者だった龐統

龐統

 

龐統は荊州(けいしゅう)襄陽郡(じょうようぐん)の出身です。若いころは地味で、動きも鈍そうに見えた為、彼を気にする人はいませんでした。

 

司馬徽とホウ統

 

しかし、人物評価で有名だった「司馬徽(しばき)」という人が龐統を高く評価し、その評判からか郡の「功曹(こうそう)」という役人になりました。「功曹」とは役所の人事担当者の事で、龐統は人材の抜擢を担ったことになりますね。

 

関連記事:どうして蜀は人材難に陥ったのか?

関連記事:孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 

実は周瑜に仕えていた龐統

周瑜

 

208年の「赤壁(せきへき)の戦い」の後、荊州は呉の「周瑜(しゅうゆ)」が支配することになります。これに伴い、引き続き龐統も功曹の業務を担当することになりました。と、いう事は龐統は周瑜に仕えていたことになりますね。このころから呉の人々と龐統の交流が始まったのでしょう。

 

陸績

 

周瑜が亡くなると龐統はその遺体に付き添って呉に赴きますが、その地で名士たちと親しく付き合う事になりました。特に「陸績(りくせき)」「顧邵(こしょう)」「全琮(ぜんそう)」らとはかなり親しくしており、お互いを高く評価していました。

 

関連記事:「蜀」は弱い? 最弱国の要因って何?

関連記事:陸績とはどんな人?演義では蜜柑をパクった事を孔明に蒸し返され赤っ恥

 

陸遜特集

 

 

魯粛に助け舟を出される龐統

龐統

 

その後、荊州は劉備が支配することになり、龐統もその支配下に入り、県令(県知事)の職を与えられました。しかし、龐統はまったく業績を上げられず、なんとクビになってしまいます。

 

劉備に重く採用されなかった龐統

 

この噂が呉まで伝わっていたのか、呉の武将「魯粛(ろしゅく)」がこのことを知ることになります。魯粛は劉備に手紙を送ります。「彼は県令のような小さな仕事をする男ではありません、もっと大役をあたえてこそ、かれの才能が生かせるのです。」と、龐統を擁護しました。諸葛亮(しょかつりょう)も同じように龐統をとりなしたため、劉備は龐統と面会することにしました。

 

関連記事:魯粛は本当にお人好しか?実は豪胆な魯粛の魅力を語りたい

関連記事:龐統と法正は協力し劉備の蜀獲りに参加していた?その役割分担に迫る!

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑

 

 

劉備、龐統を見直す

実は龐統は仕事ができすぎて驚く張飛

 

劉備は龐統と面会するとその才能に驚き、高い位に就かせ、後には諸葛亮と同等の軍師に任命しています。

 

劉備は龐統との面会の中で「君(龐統)はかつて周瑜の配下で親しかったようだが、私が呉に行き孫権(そんけん)の妹を妻にしたとき、そのまま私を呉に抑留させる周瑜の策があったと聞くが、事実か?」とたずねていて、劉備も龐統と呉の関係性については知っていたようですね。

 

ちなみに策は事実だったようです。

 

関連記事:龐統が生きていたら関羽の寿命は縮んでいた?

関連記事:実際の龐統の容姿ってどんな感じ?イメージはどこから来た?

 

はじめての三国志電子書籍サービス

 

その後の龐統

策略が得意な龐統

 

その後の龐統は軍師として諸葛亮とともに劉備の入蜀に尽力します。

 

龐統

 

始めに益州(えきしゅう)に入った際は劉璋(りゅうしょう)は油断し、劉備と共に宴会を開くなどしたため、龐統は「これを機会に劉璋を捕え、一気に益州を手に入れましょう。」と進言しますが、劉備はこれを受け入れず、実はこれが龐統の寿命を縮めます。

 

結局劉備は軍事力によって劉璋と戦う事になりますが、劉璋軍は頑強に抵抗します。

 

龐統と的盧

 

龐統も従軍しますが、城攻めの際に降り注ぐ矢に討ち抜かれ、そのまま劉備の蜀入りを見ることなく亡くなってしまいました。

 

関連記事:【衝撃】劉備は龐統をスパイと見抜いて左遷した!

関連記事:龐統はなぜ死んだ?ホウ統の3つの死因を解説

 

英雄の死因

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-龐統
-