キングダム717話ネタバレ戦いは機動性だ!「優勢な場所」レビュー考察

2022年4月21日




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

オンライン授業の講師を務めるkawauso編集長

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。第717話では、いよいよ大炎を起こすとして右翼の持ち場を放棄した李信が飛信隊を引き連れて向かった先が判明しました。

 

キーワードは李牧の予想外を生み出して詰み確定の現状をひっくり返す事です。

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

今後は本能型将軍の極み、李信の大活躍となるのか?

それでは、行ってみよう!キングダム717話がキターーーーーー!

 

 

この記事にはキングダム717話のネタバレが含まれています。

 

 

 




 

キングダム717話ネタバレ「合流先は左翼の蒙恬」

 

李信が右翼の持ち場を放棄すると宣言した事に軍師の河了貂(かりょうてん)が驚愕します。

 

それはそうでしょう、テンパっている貂ちゃんには、この状況での持ち場放棄は本陣を危険にさらす、自殺行為にしか見えないはずです。猛反対する貂ちゃんですが、李信は援軍も送らない桓騎の本陣を守る必要はないと言い捨て、俺の目を信じろの一点張りです。

 

なんだかんだで李信あっての飛信隊ですし、これまで李信が起こした奇跡の数々を見ている貂ちゃんですから承知しました。かくして飛信隊が大挙して右翼の前線を放棄、その背後には、桓騎本陣の横を守る部隊が取り残される事になります。

 




 

キングダム717話ネタバレ「李牧と摩論」

桓騎

 

自分達の右翼を守っている飛信隊が命令無視をしてごっそり抜けた事に摩論は驚愕。

いつのまにあんなに崩れたのか?と焦りまくります。

 

しかし、お頭、桓騎は少しも動じず、自ら崩しているんだろ?と余裕です。

まだ、戦いは始まったばかりだと豪語する桓騎ですから、ようやく下僕野郎が動き出したとほくそ笑んでいるのでしょうか?

 

 

摩論はさらに、崩れた飛信隊の先頭を李信が走るのを見て、敵前逃亡とはふざけるなと吐き捨て激怒しました。

 

今回摩論は当初からアホ顔をさらし保身で精一杯の描写なので、本当はすぐにでも自分が逃げたいのでしょう。

だからこそ、持ち場を放棄した飛信隊の行動が敵前逃亡に見えたと考えられます。

 

 

最前線の飛信隊が右翼から離脱した事は敵陣の李牧にも見えています。

しかし、李牧は特にあわてて指示を出す様子はなく、いつもの考えているポーズで思案中ですが、動きが想定外であるからこそ、飛信隊の行動に注視しているのでしょう。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム717話ネタバレ「飛信隊は壁をスルー」

壁(キングダム)

 

飛信隊は最短距離を爆走します。

そうなると、当然、前面は敵だらけなので、味方の中を突っ切っていくわけです。

 

李信を先頭に飛信隊が中央の壁軍を怒涛の勢いで通過していきました。

苦しい状況の壁は、てっきり飛信隊が助けに来たと思い込んで手を振りますが、李信は、壁の前をスルーして走ってきます。

 

なんだかんだ李信を気にしているのは趙も同じで、白ナスも注視していました。

 

孔門十哲

 

 

キングダム717話ネタバレ「目的地は蒙恬の左翼」

蒙恬

 

最終的に飛信隊が到着したのは、左翼を守る蒙恬の楽華隊でした。

楽華隊は左右ばかりか背後からも趙軍に襲われている状態で、実はすべての秦軍部隊で一番全滅の可能性が高く、かつ逃げられない死地にあります。

 

それを察知した李信はすぐに騎兵に命じて、趙軍を押し返すように命じました。

 

蒙恬は李信の到着を歓迎し、今は李牧の想定外の行動をして詰みの状態から抜け出すしかないと力説しました。

もちろん、李信もそのつもりであり、大炎を起こす事で左翼を反転攻勢の拠点にしようと考えているのでしょう。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-