後継者に恵まれなかった曹叡の親心とは?子供の為に行った規制緩和


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹叡から寵愛を受ける秦朗

 

魏の三代皇帝曹叡は後継者に恵まれませんでしたが、子供自体は、曹冏、曹穆、曹殷と誕生していました。曹冏、曹穆は生まれて間もなく死んだようですが、曹殷はもう少し生きて叡は嬉しさのあまり、大赦をしています。

 

もうひとつ、曹叡は曹殷が大きくなる事を見越して父の曹丕が皇族に科した制限を緩和しました。曹丕の時代には皇族は地方にあって洛陽の皇帝に会えませんでしたが曹叡はこれを緩和して、それぞれ一族から一名ずつ洛陽に派遣するように決まりを変更しています。

 

もう1つは、曹丕が県王レベルに抑えた皇族の領地を郡王レベルまで引き上げる事も許しました。これらは成長した曹殷を一人ぼっちにせずに頼りになる藩屏を置こうとする曹叡の親心でしたが無情にも曹殷も1歳を迎える前に死んでしまい、後継者は、よく父親が分らない曹芳になってしまいます。

 

こちらもCHECK

曹操・曹丕・曹叡の3代に仕えた朱霊
三国志の名将、朱霊はどんな活躍をしてきたの?魏の三代に仕えた知られざる武将

続きを見る

 

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-, , ,