4632名に聞きました!蜀の忠臣は?多種多様な忠義で蜀に貢献した人物アンケート


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀の忠臣は?アンケート

 

募集期間:2021年5月(1週間)

 

出陣する諸葛瞻

 

忠臣とは、忠義の臣下とは。その形は色々あり、多種多様な忠義の姿を三国志でも三国志演義でも見ることができることでしょう。もちろん数多くの忠臣が、忠義の人たちが出てきます。

 

特集バナー 一億二千万人のさんごくし

 

その中で、今回の皆さんに聞いてみたいアンケートは「蜀の忠臣は?」貴方の思う忠臣に一票を入れて頂きました!もちろんその他の項目も見逃せないものになっておりましたよ!

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



姜維

剣閣で守りを固める姜維

 

 

 

「結果はともあれ姜維は蜀の忠臣というか諸葛亮に恩義を返そうとした武士というのが印象。ん?つまり蜀の忠臣?」

 

引用元:はじめての三国志TV

 

蜀の姜維

 

姜維は元々は魏の武将でしたが、蜀に投降し、その後は諸葛亮の遺志を引き継ぐかのように北伐を繰り返しました。その行動は残念ながら実ることはなく、逆にその行動こそが蜀の体力を削り、命運を縮めた……という見方もできなくはありません。

 

姜維

 

 

しかし結果はどうであれ、姜維は姜維の考えとやり方で蜀の未来を掴もうとした。それは蜀のためか、それとも自分を見出してくれた諸葛亮のためだったのか……もう誰にも分かりませんが、間違いなく忠臣と言って差し支えない存在と言えますね。

 

こちらもCHECK

北伐したくてたまらない姜維
姜維の北伐は必要だったの?失敗した原因は何だったのか考察してみた

続きを見る

 

姜維特集

 

 

 

諸葛亮

四輪車に乗る孔明

 

「諸葛亮さんに一票いれました。文字通り自分の命を削って蜀に仕えた孔明さんすごいです」

「やはり孔明丞相であろう」

「このラインナップなら孔明一択だろう」

 

引用元:はじめての三国志TV

 

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

このメンバーを並べるならば諸葛亮、という人は多かったですね。色々な問題点があったとしても、それでも北伐を繰り返すことを諦めなかった諸葛亮。

 

孔明による出師の表

 

そこには忠義を燃やした、執念の炎のような「熱」を感じます。また有名な出師の表は涙無くしては読めない一品。どこまでもどこまでも劉備の恩義に報い、そして蜀のために命すら燃やした一人の「忠」と「義」に、三国志演義でも心を打たれた人も多いのではないでしょうか。

 

こちらもCHECK

過労死する諸葛孔明
諸葛亮の死因は性格にあった?仕事を抱え込みすぎた背景を考察

続きを見る

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

 

羅憲

羅憲

 

 

「羅憲の永安死守はかっこよかった」

 

引用元:はじめての三国志TV

 

黄皓と対立し左遷された羅憲

 

羅憲は末期の蜀を支えた人物で、黄皓に疎まれて左遷され、永安城に赴任することになります。そして来る263年、この時に羅憲は2000の兵士だけで永安の留守を任されることに。

 

蜀滅亡後も旧蜀の永安城を守る羅憲

 

成都が陥落したという噂により混乱する皆を抑え、そしてこれ好都合と進行してきた呉を相手に籠城戦をすることに。救援も来ないまま、半年以上も永安を死守し、見事抑えきった羅憲はそのまま魏から永安を任されることに。そして戦後は数々の蜀の人材を推挙しますが、そこにはあの陳寿の名もありました。

 

呉軍を撤退させた羅憲

 

羅憲の数々の名言は蜀書霍峻伝にも乗せられていますので、ぜひ末期の蜀を支え、そして滅びとその後まで見届けた羅憲の活躍を見てみて下さいね。

 

こちらもCHECK

陸抗 vs 羅憲
羅憲はどんな人?蜀滅亡後の戦争を戦った最後の忠臣の生涯を解説

続きを見る

 

一億二千万人の三国志

 

 

霍弋

蜀霍弋(かくよく)

 

 

「霍弋のおかげで、弋という字を知りました」

 

引用元:はじめての三国

 

蜀徹底抵抗をする霍弋(かくよく)

 

霍弋は前述した羅憲同じく、蜀末期の武将です。諸葛亮にその才能を見込まれた霍弋は、養子・諸葛喬と共に各地を見聞して回り、蜀を支えていく力を付けました。

 

その霍弋の叡智、沈着冷静さが光るのが蜀の終焉でのこと。劉禅の降伏を聞いた霍弋は、三日間喪に服します。周囲から降伏を進められるも

 

劉禅

 

「今は劉禅様の安否も分からず、重大な決定はできない。劉禅様が魏と和睦しているなら降伏を、しかし、もしも劉禅様が辱めを受けているようであれば死を覚悟で抵抗する」

 

降伏する劉禅

 

そして劉禅の安否が分かると静かに降伏、この冷静さは司馬昭も感服し、後に列侯に封じられました。羅憲と同じく活躍が三国志終盤なのですが、もっと注目されて欲しい人物ですね。

 

こちらもCHECK

蜀徹底抵抗をする霍弋(かくよく)
霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将

続きを見る

 

蜀漢の滅亡

 

 

その他

「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱

 

 

「黄権じゃないかな」

「馬岱も忘れてはいけない…」

魏延

「「蜀」の未来をを考えて行動を起こした法正かな?」

「僕は趙雲に一票です」

 

引用元:はじめての三国

 

さて今回は色々な人物の名前を見ることができました。上記のように活躍が注目される武将から

 

 

「その他:初期の頃から劉備に付き合ってくれてた糜竺とかはダメですかね?」

「やはり初期から従っていた孫乾だと思います」

「黄巾の乱からずっと付き従ってた簡雍を押します!」

 

引用元:はじめての三国

 

古くからのお付き合いの皆様まで。そんな中で気になったのがこちら。

 

 

「蜀の忠臣二君に仕えず でお馴染みの張任もある意味蜀随一の忠臣ですよね」

引用元:はじめての三国

 

劉璋(りゅうしょう)

 

蜀の劉璋は暗愚という印象がありますが、決してそうではありません。張任は元々劉備を招くことも反対し、最期まで劉璋を主として尽くしました。劉備は張任を評価して手元に置きたがるも、張任は決して説得に応えることはなく、劉備も処断を決意。

 

あくまで劉璋の蜀に尽くした張任もまた、蜀の忠臣と言えますね。

 

蜀の厳顔
参考【三国志考察】厳顔は張任と混同され老将になった

続きを見る

 

 

三国志ライター センのつぶやき

三国志ライター セン

 

さて最後に、こちらのコメントをご紹介。

 

 

「選択に悩みます。忠臣ってその時の感情や立場で何とも言えてしまうから。全員に当てはまると思ったのでその他に入れました」

 

引用元:はじめての三国

 

国と主のために戦うだけが忠臣ではなく。命を持って恩義に報いるだけでが忠臣ではなく。平時においても、国のために日々尽くした人々も多くいます。

 

もしかしたら逸話として残らないだけで、目立たぬ多くの忠臣たちが国を支えていたのかもしれませんね。そんなことを考えさせてくれるコメントでした。

 

センさんが三国志沼にドボン a

 

それでは今回はこれにて、どぼーん!

 

蜀の忠臣は?アンケート

引用元:はじめての三国

 

 

こちらもCHECK

法正が亡くなり悲しむ劉備
4922名に聞きました!早死にが惜しまれる武将は?誰も彼も、もっともっと長生きしている姿が見たかったんだ!

続きを見る

 

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-一億二千万人の三国志
-, , ,