キングダム722話ネタバレ予想的中じゃあ!「前後の呼吸」レビュー考察

2022年6月9日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なしkawauso

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム

前回、青歌軍の包囲を抜いた羌瘣でしたが、久しぶりに当ブログの予想が当たりました。

それでは、どう当たったのかを解説してみましょう。

キングダム722話がキターーーーー

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

こちらの記事にはキングダム722話のネタバレが含まれますのでご注意下さい

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



キングダム722話ネタバレ「一騎や二騎抜かれただけだ」

ガマンする李牧

 

羌瘣が青歌軍の包囲を単騎で切り抜けました。

 

それを見て羌礼や先発した羌瘣隊がわずかながら羌瘣に続いて包囲を抜けます。

趙本陣ではポンコツ幕僚が「飛信隊の連中が青歌を抜いた」と騒いでいますが、李牧は「まだです」と冷静です。

 

抜けたと言ってもごくわずかであり、現状では体勢に影響しないというのです。

 

もちろん、青歌軍の楽彰も同じ認識で、メインではない少数の別動隊に突破されても、戦況に影響はないと冷静です。

李信も蒙恬も楽彰の目の前にいるので、飛信隊も楽華軍も突破できたわけではないという事でした。

 

キングダムネタバレ考察

 

 

キングダム722話ネタバレ「黙って俺についてこい!」

羌瘣

 

突破はしたものの、趙兵は逃がすまいと羌瘣や羌礼を追撃します。

これからどうするんだと問う羌礼に羌瘣は合わせる必要がある私について来いと血走った目で言いました。

 

これは李牧本陣に向かってはいませんね。

合わせると言う事は、これはつまり、そういう事なんですね。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

キングダム722話ネタバレ「岳雷を殺され怒る歩兵隊」

朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

 

同じ頃、飛信隊は上和龍と副将の運慶・快慶に苦戦の最中です。

騎兵が前に進まない間に、飛信隊の歩兵が追い付きました。

 

歩兵隊は青歌軍が味方の岳雷を殺した事を知ると目の色が変わります。

特に歩兵隊長の崇原の目つきが変わりました。

 

はい、はい、そういう事ですよ。そら起こりますよ。

ここで、いくら趙兵が「お前達だって趙の人間を殺したじゃないか」と批難したって飛信隊の怒りが収まる事はないのです。

ましてや岳雷は正々堂々戦って斬られたのであって、それでもこの怒りようですからね。

桓騎の虐殺の時に、秦王嬴政が桓騎に言った「ほどほどに趙兵を殺して適当に生かして帰せば、趙はそんなに怒らない」というのは、すでに手下の飛信隊の行動で否定されている世迷言です。

 

孔門十哲

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-