キングダム725話ネタバレ李牧がポンコツ化?「異様な陣形」レビュー考察

2022年6月30日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。第725話では、またしても桓騎のハッタリがさく裂し李牧を翻弄しました。では、それは、どんなハッタリだったのか、早速見てみましょう。

 

キングダム725話がキターーーーー!!

 

※こちらの記事はキングダム725話のネタバレが含まれますのでご注意下さい

 

 

キングダム725話ネタバレ「風范はお人好し」

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

前線では秦北東部軍の風范(ふうはん)が諦めようとする部下を叱咤激励しています。

桓騎の本隊は、秦北東部軍に援軍1つ寄こさずに無駄死を強いていると不満を口にします。

しかし風范は、自分達が奮戦して桓騎が前線を離脱すれば、死は無駄死ではないと反論しました。

そして、そんな時、桓騎軍本陣が動き出し、巨大な風車のような陣形が生まれます。

 

風范「フッ、諦めるわけがなかろう、桓騎様は栄えある、秦国六大将軍の一角ぞ」

 

誇らしげな風范ですが、信じる者は救われると行くのでしょうか?

 

キングダムネタバレ考察

 

 

キングダム725話ネタバレ「李牧も知らない陣形」

ガマンする李牧

 

桓騎が構築し陣形ですが、同じ平地にいる平氏には敵も味方も、それを見る事が出来ません。

窮地に陥っていた壁も、敵も味方も呆気に取られている間に早々に脱出を開始しました。

 

異様な陣形を把握しているのは、仕掛けた桓騎と、高台からそれを俯瞰でみて陣形を把握している李牧だけです。

陣形を見た李牧の感想は、「あのような陣は知りません」でした。

 

そして、あの異様な陣形は誰かに教わったのではなく、桓騎が独自に編み出したものだと判断します。

ただ、李牧は桓騎の真意を測りかねていて、それが前線の趙兵にも伝わり進撃が停止しました。

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

キングダム725話ネタバレ「分かった!あれはハッタリ君」

李牧

 

それからキャラクターのアップのコマが続き、考え込んでいた李牧が目を見開きました。

 

「分かりました、あれは、ただのハッタリだ」です。

 

桓騎の陣形に深い意味はなく、あるのは谷の罠と足の弱点だけと李牧は見抜きました。

これは、十字の谷の部分を攻めれば左右の挟撃に遭って敗れ、逆に出っ張った足の先端を囲い攻めれば簡単に食い尽くせるという事でした。

 

そして、李牧は桓騎があのような陣を繰り出した理由を趙軍が陣に過剰に反応して包囲の形を乱す事だと推測。

伝令には、慌てずに四本の足の部分を攻めて、じわじわ数を減らしつつ、中央につき進めと命令を出しました。

 

孔門十哲

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-