暗君フラグ満載!奇跡の水にハマった曹叡の逸話


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備

 

水は生き物の生命維持になくてはなりません。だから水に感謝するのは当然なのですが、一方で水を飲むだけで難病が治るとか、そのような詐欺まがいの事が多いのも事実です。

 

奇跡の水を信じていた魏の3代目皇帝・曹叡ちゃん

美女を集めた曹叡

 

実は、魏の三代皇帝曹叡もこの奇跡の水を信じていた事がありました。曹叡は晩年、巫女の宣託を受け入れるようになり(巫女にハマりだすのは暗君のテンプレ、どこかの劉禅みたいなモノ)巫女が勧める用水法を信じて実践していました。それでも自分ひとりで信じている分にはまあ、いいのですが、卞太后の親族で糖尿病に苦しんだ卞蘭という人に曹叡は善意で奇跡の水を持たせて飲むように勧めたのです。

 

こちらもCHECK

孔明をdisった文章を送りつける曹叡
曹叡が有能だったのは本当?曹叡を歴史上の人物でも例えてみる

続きを見る

 

 

奇跡の水を飲む事を拒否した卞蘭

曹叡

 

しかし、卞蘭は奇跡の水を飲む事を拒否しました。曹叡は不思議に思い、「どうして?」と詔して意図を尋ねると「病気は薬で治します。どうしてこんなものを信じましょう?」と全否定します。

 

曹叡は顔色を変え、なおも勧めたようですが卞蘭も頑固な人でついに飲まず、最後は糖尿が悪化して亡くなりました。

 

忙しい方にざっくり解答02 kawausoさん

 

当時はインシュリンもなく、悪化した糖尿病を治す事は出来ないので奇跡の水を飲んでも卞蘭の寿命が延びたとは思えませんが、仮に飲んでも信じていないのでは、プラシボ効果も期待できずやはり意味はなかったでしょう。

 

こちらもCHECK

曹叡から寵愛を受ける秦朗
後継者に恵まれなかった曹叡の親心とは?子供の為に行った規制緩和

続きを見る

 

晋王朝のマイナー武将

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-,