蜀の至宝!趙雲の一騎打ちの戦績

2022年7月17日


男気溢れる趙雲

 

趙雲(ちょううん)」と言えば、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と並ぶ(しょく)の中心武将で、映画になるなど三国志(さんごくし)屈指の人気武将として知られていますね。そんな趙雲、「武勇に優れる」というイメージが強いですが、戦場の華である「一騎打ち」ではどのような活躍をしたのでしょうか?

 

正史三国志_書類

 

今回の記事ではそんな趙雲の一騎打ちについて調べてみましょう。まずは正史(せいし)「三国志」より趙雲のプロフィールから。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



袁紹から公孫瓚そして劉備の家臣へ

公孫サンに味方をする趙雲

 

趙雲は元々袁紹(えんしょう)に仕えていましたが、彼には見切りをつけ、公孫瓚(こうそんさん)の配下となります。そして同じく公孫?に身を寄せていた劉備(りゅうび)と出会い、そのまま配下となりました。

 

阿斗を劉備まで届ける趙雲

 

その後は「長坂(ちょうはん)の戦い」で劉備の息子を救うなど、数々の戦で活躍しました。劉備が亡くなった後も、劉禅(りゅうぜん)の元で将軍職として活躍します。

 

寿命を全うした70歳の趙雲

 

関羽、張飛などが非業の死を遂げる中で、趙雲は蜀に仕え続け、諸葛亮(しょかつりょう)の北伐にも従軍し、殿を務めるなど衰えぬ武勇を見せていました。彼が亡くなったのは229年で「順平侯」という(おくりな)(死後の尊称)を送られました。

 

こちらもCHECK

趙雲はどうして桃園義兄弟ではないのか? サムネイル
YouTubeマンガ 第三弾「趙雲はどうして桃園義兄弟ではないの?」5月15日公開

続きを見る

 

よかミカンのブラック三国志入門

 

 

華々しい一騎打ちは小説だけ?

趙雲に討たれる張コウ(張郃)

 

正史「三国志」でも兵を率いた活躍が記載されている趙雲ですが、実は「一騎打ち」については特に記述がありません。趙雲が一騎打ちで活躍しているのは小説「三国志演義(さんごくしえんぎ)」が主になっています。

 

趙雲は小説では関羽や張飛と並ぶ武将として、数々の見せ場が用意されており、中でも一騎打ちは趙雲のスター性を高めるものとなっています。「三国志演義」の中で趙雲の一騎打ちは何度もあるのですが、今回の記事ではその中から印象的な戦いをピックアップしていきましょう。

 

こちらもCHECK

姜維
趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?

続きを見る

 

一騎打ち

 

 

趙雲の名が知れ渡る!VS文醜

文醜

 

最初に取り上げるのは、袁紹軍の武将「文醜(ぶんしゅう)」との戦いです。公孫瓚の部下であった趙雲でしたが、その当時公孫瓚と袁紹は激しい戦いをくりひろげていました。

 

中でも「磐河(ばんか)の戦い」では公孫瓚は文醜に追いかけられ、命の危険にさらされます。そこに助けに現れたのが趙雲でした。文醜と趙雲は5~60回も打合いますが決着つかず、そこに公孫?の部下が駆け付け、勝負は引き分けとなります。この一騎打ちで趙雲の名前は有名になるのです。

 

こちらもCHECK

文醜
文醜とはどんな人?具体的逸話は演義にしかない豪傑

続きを見る

 

三国志主要戦図一覧

 

 

獅子奮迅!長坂の戦いでの死闘!

長坂の戦いでの趙雲

 

「長坂の戦い」で妻子とはぐれてしまった劉備。趙雲はそれを助けるため、戦場を駆け回ります。

 

そこに立ちはだかるのは曹操軍(そうそうぐん)の武将たち。まずは「淳于導(じゅんうどう)」、彼を槍で一突き。続いては夏侯惇(かこうとん)の一族の「夏侯恩(かこうおん)」、彼も槍の一突きで退け、彼が持っていた曹操の宝剣「青紅剣(せいこうけん)」を手に入れます。他にも5人くらいと戦い、ことごとく退けます。

 

獅子奮迅(ししふんじん)の活躍の長坂の趙雲ですが、一騎打ちで倒した武将はほとんど架空の人物です。

 

こちらもCHECK

寿命を全うした70歳の趙雲
趙雲が評価されたのは劉禅の代になってから?趙雲の評価を解説します

続きを見る

 

三国志ライフ

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-趙雲
-, ,