徳川家康の干支は寅年なの卯年なの?[どうする家康]

2023年1月22日


徳川家康の馬印と徳川家康

 

 

NHK大河ドラマ「どうする家康」第二話「兎と狼」では、徳川家康が寅の年、寅の日、寅の刻に生まれた勇猛な大将だとする話がありました。しかし、実際には年が明けて生まれたので卯年で、生母の於大の方がウサギでは狼に食われるとして年齢を詐称した事になっています。あの話は事実なのでしょうか?

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



家康は寅年生まれである

虎といちゃつく織田信秀

 

調べてみると、徳川家康が誕生した1542年12月26日は寅年でした。家康は午前4時頃に誕生したとされ、それが事実なら寅の刻で、寅年と寅刻が重なります。ただ、1542年12月26日が12日に一度回って来る寅の日かどうかまでは分かりませんでした。

 

 



家康には卯年説もある

 

一方、家康は寅年生まれではなく、翌年の卯年生まれとする説もあります。これは家康が征夷大将軍になった1603年に無病息災などを願った願文を出した時、家康が自ら六十一歳卯年と記した資料があるからのようです。

 

関連記事:家康は江戸を建てていなかった?実は寒村ではない江戸の真実

 

 

生誕年のズレをドラマに織り込んだ

於大の方(女性)

 

家康が自ら卯年だと記した以上、やはり家康は卯年だったのかも知れません。今回の大河ではそこを逆手に取り、本当は年が明けてから生まれた家康を、生母、於大の方がウサギでは狼に食べられてしまうという理由で、家康の誕生を数日前にズラして設定したというちょっとしたエピソードを挿入したのです。

 

▼こちらもどうぞ!

世界一の大都市江戸が誕生したのは、巨大な江戸城が築城されたお陰だった(前編)

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-外部配信