キングダム775話ネタバレ「囮の愚策」レビュー考察

2023年10月26日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし 内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、775話では李牧の罠にまんまとハマってしまったかに見える亜光将軍の状態が描かれます。このまま李牧の誘いに乗り、今回の戦いの犠牲者、第一号になってしまうのでしょうか?

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは行ってみよう!キングダム775話がキターーーーー

 

この記事にはキングダム775話のネタバレが含まれます。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



キングダム775話ネタバレ「李牧の狙いは亜光?」

剣を持ち戦う李牧

 

戦いが始まる直前、李牧はいつもの雁門の面子を集めて作戦を説明し、最初に自分を餌にして秦軍の最も厄介な存在を狙うと説明していました。それが誰とは名指していませんが、今回、亜光軍の前に李牧の遊軍が出現したと言う事はターゲットは亜光なのでしょうか?

 



傅抵とカイネがいるから大丈夫

 

当然のごとく、自らを危険にさらす李牧の作戦には、敵の追撃で李牧が危なくなる事はないのか?という疑問が発生します。しかし、李牧は傅抵とカイネがいるから危険には対応できるとしています。傅抵はともかく、前回の桓騎相手の戦いではカイネが執拗に李牧を守っていたので、それはあり得るかも知れません。

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

 

 

揺らぎが生じる亜光軍

飛信隊の信をボッコボコにする項燕

 

李牧を討ち取る為に急激に方向を変えた亜光軍では、動きに狂いが生じていました。狂いは波のように波及し、正面の楽彰軍に対してかなりの遅れを取ってしまいます。こうして亜光軍は楽彰軍に対して不利になると同時に、李牧を狙った亜光の前にもフーオンと楽彰が出現しました。2人が亜光に張り付けば、亜光は李牧を狙うどころではなくなるでしょう。もしかして本当に、亜光将軍は討ち取られてしまうのでしょうか?

 

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-