三国志とお金の話

  1. 宋銭 お金と紙幣

    これがお金の本質?劉巴が鋳造した直百五銖銭がズル過ぎる

    三国志で貨幣鋳造(かへいちゅうぞう)と言えば、粗悪な五銖銭を作り出してハイパーインフ…

  2. 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち

    劉備は諸葛亮まで保証人にした借金大王だった

    ウルフルズの名曲に借金大王というものがあります。自分の周辺から借金をしまくり、少しも返さない借金…

  3. 劉璋にアドバイスをする張松

    劉璋が張魯に勝てなかったのは劉璋が弱虫だからではない?

    漢中に宗教王国を築いた張魯(ちょうろ)、その張魯に晩年は圧倒されてしまい、結局は劉備(りゅうび)の力を頼…

  4. 張飛と劉備

    蜀錦を益州ブランドにした諸葛亮の販売戦略

    魏呉蜀(ぎごしょく)が並立した三国時代は、もちろん戦争の絶えない時代でしたが、それは、三国の完全な断絶を…

  5. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

    【三国志長者番付】知られざる大金持ちは誰?

    皆さんは、三国志の登場人物で一番の大金持ちが誰か知っていますか?そう言われるとよく分らな…

  6. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士

    【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力

    現代にも公共交通に集る道路族や、防衛利権に集(たか)る防衛族と呼ばれるような…

  7. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

    【三国志とお金】三国志の時代の市場はどんなだった?

    三国志の時代にも市場というものがありました。そこでは、様々なお店がジャンルごとに…

  8. 曹洪と曹操

    【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった

    曹操(そうそう)の一族で、その窮地(きゅうち)を何度も救った武将と言えば曹洪(そ…

  9. 袁家をイジメる董卓

    【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先

    11月のはじめての三国志は、kawausoが「三国志とお金」と題してお金をテーマに色…

  10. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

    【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由

    董卓(とうたく)が鋳潰(いつぶ)してしまった事で有名な五銖銭(ごしゅせん)、実は紀元…

  11. 女と金

    後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?

    中国においての金融の発展は早く、前漢時代の「塩鉄論」という経済論争では、この世は金が全てという嘆…

  12. 孔明

    びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!

    戦争には莫大な金がかかるというのは誰でも納得できる事でしょう。兵法家の孫武(そんぶ)も、軽戦車を…

PAGE TOP