孫権はボロボロの宮殿に住んでいたってホント?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

酒癖が悪い孫権

 

呉の大黒柱孫権(だいこくばしらそんけん)、その晩年の優柔不断ぶりを見ると、さぞかし好き放題な事をしていたんだろうなと考えてしまいますが、意外にも孫権は大酒を飲んで部下にアルハラしたり、虎を狩っていれば満足だったのか、大土木工事のような国費を傾ける贅沢(ぜいたく)には消極的でした。

 

海上での戦いの孫権

 

そればかりか孫権は、いまにも倒壊(とうかい)しそうな危険な宮殿に長年住んでいたようなのです。


崩壊しそうなボロ宮殿に36年住んでいた孫権

樊城の戦い

 

孫権は、西暦211年、重臣張紘(ちょうこう)の進言を入れて、本拠地を丹徒(たんと)京城(けいじょう)から秣陵(まつりょう)へと移転させます。翌年に築いたのが石頭城(せきとうじょう)で、それに合わせて地名も建業(けんぎょう)に改称しました。

 

しかし、当時の孫権は行車騎将軍(ぎょうしゃきしょうぐん)徐州牧(じょしゅうぼく)という後漢の臣の肩書だったので皇帝並みの壮大な宮殿等は作れず、飽くまでも将軍府、行政庁として堅牢な木材は使わずに質素に通しました。

 

後継者争いで悩む孫権

 

そして、或いは孫権も予想だにしなかったかも知れませんが、孫権は建業宮と名付けたこの粗末な宮殿に9年の遷都期間(せんときかん)を挟み、何と!通算36年間も住み続けたのです。


もう限界だ!孫権は建業宮のリフォームを決断

後悔する孫権

 

21世紀の住居だって、36年も経過すれば、どこかしらガタが来て当たり前です。ましてや、鉄筋コンクリートなどない3世紀の木と土壁の建物が36年間の風雪にさらされたらどうなるか?想像に難くありませんよね?

 

西暦247年の3月、虎でさえ恐れないアル中ヒゲダルマも、流石に老朽化した宮殿の下敷きはゴメンと考えたのか、、

 

李術にブチ切れる孫権

 

「建業宮は、朕が京城から来た時に造った将軍府だから、柱も全部細いし今になったら全部腐って朽ちてしまい、いつ壊れるかヒヤヒヤして、オチオチ深酒もできない。そろそろリフォームを考える時期だろう?」と言い出したのです。

 

孫権に諫言する陸瑁

 

孫権がヒヤヒヤしているなら、より繊細な神経を持つ部下は、とっくに生きた心地はしなかったはずで、やれやれやっと安全な宮殿に住めると思いきや、ドケチ孫権は、家臣の斜め上を行く提案を出してきました。

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り


ドケチ孫権が考えたリフォーム案とは?

孫権

 

部下がホッとしていると、孫権は渋い顔をして、

 

「だが、まだ乱世が治まったわけでもないので、とりあえず武昌宮の木材と瓦を建業に移動してリフォームするのがいいだろう」と言い出します。

 

これには、皆、驚き呆れました。だって!武昌宮は西暦221年に孫権が築かせた宮殿であり、建業宮ほどではないにしろ、軽く築25年を超えたボロ宮殿だったからです。

 

孫権に仕える陸瑁(りくぼう)

 

そこで、孫権の家臣は

 

「おそれながら武昌宮は、既に築28年になり、その資材は使用に耐えないと思われます。ここは周辺の長官たちに命令を下して、新しく木材を調達する方が長い目で見れば、コスパが良いのではないでしょうか?」

 

みたいな言い方で孫権の無謀リフォームを諫めました。

 

呉の孫権

 

孫権のケチなのかエコなのかよく分からない言い分も、分からなくはないです。しかし、リフォームの基本は、修繕する事で建物を長持ちさせる事ですから、すでに朽ちている資材を、もうじき朽ちる資材と取り替えてもあまり意味はないように思えます。


孫権、聖人禹を持ち出して押し切る!

呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権

 

しかし、晩年の孫権は言い出したら聞きません。自分が良いと思ったリフォーム計画にNoを突きつけられた孫権は、、

 

聖人禹(せいじん・う)は粗末な宮殿を美しいとしたものだ。今、兵乱は収まらないし、民百姓には重労働が課されている、この上、もし新宮殿を築く為に木材を調達させるとなれば、農業や養蚕(ようさん)の邪魔をする事になる。武昌宮をバラしてリフォームすれば良い。はい決定!」

 

kawauso

 

聖人禹まで持ち出してリフォームを正当化する孫権ですが、宮殿が粗末なのと古くて朽ちているのはちょっと違うと思うんですけどね、、ただ、何にしても、住んでいるのは孫権なので、

 

「うるさい!俺が良いと言えば良いんだ!」と言われると、群臣たちは反対できませんでした。

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

武昌宮の中古資材を使ってリフォームされた建業宮は太初宮(たいしょきゅう)と命名され、248年の3月に完成、西暦267年6月、呉のラストエンペラー孫晧(そんこう)が、建業に新しい顕明宮(けんめいきゅう)を建てるまで、19年間という長い歳月使用され続けるのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. kawauso編集長
  2. 貂蝉と呂布
  3. 司馬懿と魏延
  4. 漢の顔良(がんりょう)
  5. 周瑜の魅力
  6. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP