孫晧

  1. 張皇后

    孫皓の皇后、滕夫人とはどんな人?暴君孫晧に廃后されなかった理由とは?

    孫呉の暴君として有名な孫晧(そんこう)、そんな彼も後宮に5000人の…

  2. 普に降参する孫皓

    孫晧の死体損壊癖は本当だった?

    呉のラストエンペラー孫晧(そんこう)。正史三国志では暴君として知られ、些…

  3. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓

    孫晧は北伐に失敗していた?【隠された真実】

    呉のラストエンペラー孫晧(そんこう)()は、在位年数が10年以上と長い割に暴君イメージが強く、魏…

  4. 孫晧(孫皓)

    部下を粛清していた孫晧も陸抗には手を出せなかった?呉の最後の忠臣の生き様

    「英雄の時代」とも称される、曹操(そうそう)と劉備(りゅうび)と孫権(そんけん)が揃っていた時期の三国志…

  5. 玉璽

    孫晧は司馬炎に玉璽を渡していたのか?消えた玉璽と玉璽肯定・否定論

    呉(222年~280年)の天紀4年(280年)に呉の最後の皇帝孫晧(そんこう)は西晋(280年~316年…

  6. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

    【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!

    考古学は思わぬ事実を私達にもたらす事があります。文献には、出てこない古代の日常が遺物…

  7. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

    華々しい合戦での活躍、鋭い神算鬼謀を駆使する三国志の英雄達も、家に帰れば良き夫であり、良…

  8. 孔明もコペルニクスに似ていた

    【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた

    火星が、過去10年で最も地球に接近しているそうです。これをスーパーマーズと言い、熊本などでは、肉眼で…

  9. 陸遜

    【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂

    陸抗(りくこう)は陸遜(りくそん)の次男で呉の晩年に出現した二世武将です。彼は呉を滅亡させない為、必死に…

  10. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

    199年に袁術(えんじゅつ)の妻子が住む揚州盧江郡皖城が孫策(そんさく)の手に落ちます。12月の…

  11. はじめての三国志 画像準備中
  12. 孫晧(孫皓)

    孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…

    呉のラストエンペラーは董卓(とうたく)を超える「暴君」として名を刻んだ孫晧(そんこう…

  13. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢

    諸葛誕(しょかつたん)は司馬家に反乱を起こす際、息子の諸葛靚(しょかつせい)と部下を呉に送った事…

PAGE TOP