孫晧

  1. 孫晧(孫皓)

    部下を粛清していた孫晧も陸抗には手を出せなかった?呉の最後の忠臣の生き様

    「英雄の時代」とも称される、曹操(そうそう)と劉備(りゅうび)と孫権(そんけん)が揃っていた時期の三国志…

  2. 玉璽

    孫晧は司馬炎に玉璽を渡していたのか?消えた玉璽と玉璽肯定・否定論

    呉(222年~280年)の天紀4年(280年)に呉の最後の皇帝孫晧(そんこう)は西晋(280年~316年…

  3. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

    【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!

    考古学は思わぬ事実を私達にもたらす事があります。文献には、出てこない古代の日…

  4. 降伏する劉禅

    三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

    私達の中には、知らず知らずの間に西洋的な意識が入り込んでいます。例えば、敗北の合図と言う…

  5. 犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

    華々しい合戦での活躍、鋭い神算鬼謀を駆使する三国志の英雄達も、家に帰れば良き夫であり、良…

  6. 孔明もコペルニクスに似ていた

    【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた

    火星が、過去10年で最も地球に接近しているそうです。これをスーパーマーズと言い、熊本などでは、肉眼で…

  7. 陸遜

    【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂

    陸抗(りくこう)は陸遜(りくそん)の次男で呉の晩年に出現した二世武将です。彼は呉を滅亡させない為、必死に…

  8. 【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

    199年に袁術(えんじゅつ)の妻子が住む揚州盧江郡皖城が孫策(そんさく)の手に落ちます。12月の…

  9. はじめての三国志 画像準備中
  10. 孫晧(孫皓)

    孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…

    呉のラストエンペラーは董卓(とうたく)を超える「暴君」として名を刻んだ孫晧(そんこう…

  11. 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢

    諸葛誕(しょかつたん)は司馬家に反乱を起こす際、息子の諸葛靚(しょかつせい)と部下を呉に送った事…

  12. 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師

    私は占ってもらった事は一度もないので占いの精度などは分かりませんが、皆さんは占い師に占ってもらった事はありま…

  13. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?

    蒼天航路以来、曹操の魅力に取りつかれた人々を曹操孟徳(そうそうもうとく)オタク、略してモーオタと言い…

PAGE TOP