三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【袁術特集】孫家に吸収された袁術の子孫たちはどうなったの?

この記事の所要時間: 37




影の薄い孫権

 

199年に袁術(えんじゅつ)の妻子が住む揚州盧江郡皖城が

孫策(そんさく)の手に落ちます。

12月の頃だといわれています。

そこから袁術の妻子は呉郡へ連行されていきました。

200年4月に孫策が暗殺者から手傷を負い、そのまま亡くなります。

後継者は孫策の弟の孫権(そんけん)です。

袁術の妻子の運命は孫権に託されたわけです。




孫権の後宮に入った袁術の娘

謝夫人 孫権の妻

 

袁術の娘は孫権の側室に迎えられます。

袁夫人です。

男子は誕生しなかったといわれています。

孫権の正室の歩夫人が亡くなった後、袁夫人を正式に孫権の正妻にしようとする動きがあったようです。

実家の後ろ盾のない袁夫人は辞退したそうです。

名門袁家の名声は、袁術の帝位専称後も一定の権威を帯びていた証になります。

袁家と孫家を強く結び付けようと画策した人物もいたのかもしれません。




孫権に取り立てられた袁術の息子

孫晧

 

袁術の息子に袁耀(えんよう)がいます。

袁家の嫡男です。袁夫人が孫権の側室に迎えられた後、朗中に任じられています。

また驚くことに、袁耀の娘は、孫権の息子である孫奮(そんふん)の室になっています。

第4代皇帝孫晧(そんこう)の跡を継いで皇位に即位するという噂がたちましたが、

孫晧の怒りをかい、5人の息子とともに孫奮は処刑されました。

もしかすると袁術の子孫が、呉国の帝の正室になれたかもしれません。

 

関連記事:孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…

関連記事:孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

関連記事:はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!

 

謎の人物、袁礼とは

袁礼 孫権

 

上記のようの袁術の子孫は呉国に重く用いられています。

その中で、経歴不詳の袁家に縁のありそうな袁礼というものがいます。

呉書に登場するのは、孫権の正妻・歩夫人が亡くなった後のことです。

当時孫権の信任の厚かった校事の呂壹が悪事を繰り返しており、それがばれて処刑されると、

孫権自ら反省し、中書郎の袁礼を将軍たちのもとに送り出し詫びたのです。

果たしてこの袁礼という人物、袁術の子孫なのでしょうか。

ここまで袁家が重用されている以上は、考えられなくもありません。

しかも袁礼が孫権代行で謝罪に向った先は、諸葛瑾、歩騭、朱然呂岱陸遜ら重臣ばかりです。

半端な人物を向かわせるはずはないので、相当に孫権の信頼を受けていたはずです。

奇しくも孫権の正妻に袁家を据えるという算段もあった頃ですから、

袁礼が袁術の血縁だった可能性は高いのではないでしょうか。

 

なぜ袁術の子孫が取り立てられたのか

真田丸 武田信玄

 

私の勝手な想像ではありますが、

日本の戦国時代でいうところの「徳川」と「武田」の関係に近いのではないかと推測しています。

徳川家康は武田信玄を崇拝し、その家臣を引き取り重用しました。

そんな関係が孫権と袁家にはあったのではないでしょうか。

少なくとも袁家に対して尊敬の念が無い限り、

皇位を専称した袁術の子孫をここまで用いることはないでしょう。

 

なぜ孫策の子孫は重用されなかったのか

孫策の人生に一辺の悔い無し

 

不思議なのは、逆に孫策の子孫を重用していないことです。

孫権は父親を「武烈皇帝」と諡したのに際し、先代の当主である孫策には「長沙桓王」という帝位ではない諡をつけています。

ちなみに孫権は「大皇帝」の諡です。

孫策の息子は「呉侯」とされていますが、表舞台の活躍はまったく記されておりません。

その息子である孫奉は、次期皇帝の座につくことを噂され、先ほど紹介した孫奮と同時期に処刑されています。

なぜ孫策の子孫は呉書に取り上げられていないのでしょうか。

 

関連記事:みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

関連記事:皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?

関連記事:理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

袁術と劉繇

 

第4代皇帝の孫晧は、袁術子孫の勢力と孫策子孫の勢力を抹殺しています。

新帝の脅威になるほどに武功をあげ、民の信頼を得ていたからではないでしょうか。

スーパーエリート袁術の威光は、死後何十年も輝いていたことにもなります。

袁家と孫家の強い結びつきに関してはもっともっと研究の余地がありそうです。

 

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

 

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?…
  2. 【え!狩猟の話じゃないの?】曹操の狩りの誘いにビビる孫権
  3. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な…
  4. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  5. 【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!…
  6. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  7. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  8. 陶淵明は変態さん?閑情賦のエロ妄想が止まらない!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志では何故、最初に蜀が滅びたの?
  2. 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?
  3. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  4. 読者の声(10月7日~10月13日)
  5. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  6. 馬謖はどうして劉備時代に活躍しなかったの!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは? 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介! 【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争 【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計! 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード

おすすめ記事

  1. 軍勢RPG 蒼の三国志とはどんなアプリゲーム?
  2. 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  3. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣
  4. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!
  5. 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女
  6. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  7. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決
  8. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP