はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

はじめての呉

孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…




董卓えらそう 独裁

 

呉のラストエンペラーは董卓(とうたく)を超える「暴君」として

名を刻んだ孫晧(そんこう)です。

しかし彼は本当にただの「暴君」であったのでしょうか。

何か隠された暴君ではなかったのか調べてみたいと思います。



最後の皇帝として帝位に就く

孫晧

 

孫晧は孫権(そんけん)の孫で、諸葛恪(しょかつかく)の不用意な発言で殺された孫和(そんか)の息子です。

三代目皇帝孫休(そんきゅう)の時彼は鳥程侯(うていこう)に任じられます。

そして孫休が亡くなると、彼の遺言を聞いた濮陽興(ぼくようこう)は、

万彧に相談します。

呉はこの時、蜀が滅び、呉の最南端である交州は魏の領土になっており、

名君と呼ばれる皇帝が出現しないと今の情勢は乗り切れないと濮陽興は

思っておりました。

そのため孫休の幼い息子を帝位に就けるわけには行かなかったのです。

万彧は濮陽興から相談されると少し考えた後、話し始めます。

彼は鳥程の県長をしていた事がきっかけで鳥程侯・孫晧と親しい間柄になります。

万彧はこの時の印象を「彼は小覇王と諸侯から恐れられた孫策に似ている。

さらに彼は学問を好み法律をよく順守している」と

濮陽興に伝えます。

その事を聞いた濮陽興は孫休の息子を帝位に就けず、孫晧を帝位に就けます。

こうして呉のラストエンペラー孫晧が誕生するのです。



民に施しを与えるなど、名君ぶりを見せる

少帝と弟の劉協を保護した董卓

 

孫晧は帝に就くと初めに行った事は人を殺す事ではなく、民に施しを行います。

呉の国が管理している倉を開き、貧しい民に食料を施し、妻が居ない民に

妻を娶らしたり、名君ぶりを見せます。

孫晧を帝に就かせた濮陽興と万彧は彼の名君ぶりを見て安心します。

しかし、彼はすぐに名君ぶりを辞め、突如変貌します。

 

関連記事:孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

関連記事:朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍

関連記事:朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶力抜群の呉の指揮官

関連記事:孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで……

 

「暴君」孫晧の始まり

photo credit: Chihuly – Desert Botanical Garden – Chiostro di Sant Apollonia Chandelier detail via photopin (license)

 

孫晧は名君ぶりを見せ、民と群臣に期待を持たせますが、突如変貌を遂げます。

酒におぼれ、美女を後宮に侍(はべ)らせ、気に食わない家臣が居れば

すぐに殺害する暴君へと変身を遂げます。

万彧は孫晧に「濮陽興は陛下を帝位に就けたことを後悔しています。」と讒言します。

この讒言に激怒した孫晧は濮陽興を殺害。

また孫晧は孫権が定めた首都・建業を突如武昌へ遷都します。

武昌は建業と比べて山ばかりで平地は少なく、土地はやせていました。

遷都が完了してから数か月後、呉の丞相である陸凱(りくがい)が

「建業にお戻りください」と強く進言した事で、呉の首都は再び建業へ戻ります。

 

呉の滅亡が近づく

photo credit: Time to fly via photopin (license)

 

孫晧の暴君ぶりにも負けず、呉の国を必死に支え続けてきた

宰相陸凱が亡くなります。

陸凱が亡くなってから五年後、呉の最後の名将であった陸抗も亡くなります。

こうして呉の滅亡は刻一刻と迫ってきているのでした。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 担がれる劉邦 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置か…
  2. 張遼・楽進・李典 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?
  3. 織田信長 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?
  4. 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  5. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言…
  6. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  8. 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 健康
  2. 大村益次郎 幕末
  3. 夏侯惇
  4. 魏曹操と魏軍と呉軍

おすすめ記事

  1. 岡田以蔵とはどんな人?人斬り以蔵から刀まで分かりやすく解説 岡田以蔵(人斬り以蔵)
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】
  3. 梁興(りょうこう)とはどんな人?魏も漢もクソ喰らえ!野望のままに自由人
  4. 曹操が嫌われた本当の理由は価値観の相違だった
  5. 【本能寺の変の真相】明智光秀の子孫が漫画で明かす 燃える本能寺
  6. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ

三國志雑学

  1. 魏の曹操孟徳
  2. 疫病が流行った村
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 余生をゆっくり過ごす晩年期の徳川慶喜
  2. 西夏の旗の兵士
  3. 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

おすすめ記事

鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男 織田信長 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を攻略する織田家 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人 孫堅、孫賁 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した! 徐庶と出会う劉備 もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP