豊臣秀吉

  1. 清須会議 amazon

    【書評】清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?

    清須会議(きよすかいぎ)と言えば、本能寺の変の次段階で羽柴秀吉(はしばひでよし)の天下取りの趨勢(すうせ…

  2. セミナリオ(教会)

    豊臣秀吉によるバテレン追放令の内容とは?戦国時代のキリスト教事情

    戦国時代に日本に入ってきたキリスト教。信長の時代までは受け入れられ、キリシタン大名と呼ばれる存在も多くい…

  3. 部下を競争させる織田信長

    中国大返しとは?秀吉は後半走っていないってホント!

    羽柴秀吉(はしばひでよし)に天下を獲らせた中国大返し、備中高松(びっちゅうたかまつ)から京都の山崎までお…

  4. 羽柴秀吉(足軽時代)

    史上最強の出世人・豊臣秀吉の天下統一を検証!農民から関白太政大臣の道

    豊臣秀吉(とよとみひでよし)について解説します。織田信長(おだのぶなが)、徳川家康(とくがわいえやす)と…

  5. 金の亡者の豊臣秀吉

    秀吉は本当にサルだった?太閤殿下の消したい過去

    戦国を統一し豊臣政権を樹立した男、豊臣秀吉(とよとみひでよし)。かつて木下藤吉郎(きのしたあとうきちろう…

  6. 豊臣秀吉 戦国時代2

    【中国大返し】毛利が動かない理由は秀吉にすでに負けていたため?

    明智光秀(あけちみつひで)の野望を打ち砕いた羽柴秀吉(はしばひでよし)の電撃撤退中国大返し。これにより明…

  7. 鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス(徳川家康)

    関ヶ原の勝利後、家康が14年も豊臣家を滅ぼさなかった理由

    いきなりですが、歴史好きの方々は、いくらなんでも徳川家康(とくがわ いえやす)を怖がりすぎではないで…

  8. 豊臣秀吉に出世争いで負ける明智光秀

    これぞ猿真似?秀吉は光秀の戦い方をパクっていた

    応仁(おうにん)の乱以来、1世紀以上も分裂していた戦国時代を終わらせた天下人豊臣秀吉(とよとみひでよし)…

  9. 豊臣秀吉 戦国時代

    北条家は豊臣家と戦いたくなかった?それとも戦いかったの?一体どっち?

    戦国時代関東の覇者の地位を確立した北条家。この北条家は5代目当主・北…

  10. 豊臣秀吉 戦国時代2

    織田信長は秀吉を「猿」と本当に呼んでいた?

    今回のテーマは豊臣秀吉(とよとみひでよし)のあだ名です。信長は大河ドラマ…

  11. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン

    【明智光秀 vs 豊臣秀吉】山崎の戦いのゆかりの地をめぐる

    これまでの記事において、山崎の戦い(やまざきのたたかい)について明智光秀…

  12. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀

    【山崎の戦い敗因】明智光秀は長雨の為に秀吉に敗北した!

    本能寺(ほんのうじ)で織田信長(おだのぶなが)を討った明智光秀(あけちみつひ…

  13. 非常に極悪な表情をしている豊臣秀吉

    豊臣秀吉の小田原征伐はギリギリの勝利だった?

    日本史の語呂あわせ、1(一)59(国)0(丸々秀吉貰った)でもお馴染みのように豊臣秀吉(とよとみひでよし…

PAGE TOP