宦官VS外戚の争い 第二ラウンド


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

宦官VS外威 三国志

 

黄巾の乱が起きたことで、乱制圧のために手を組んだ宦官と外戚でしたが、

結局のところ、二勢力の間の権力闘争はなくなりませんでした。

黄巾の乱鎮圧後、再び両者は対立を深めていきます。


失望した曹操は故郷に引きこもる

曹操 三国志 ゆるキャラ1

 

あるとき、曹操は霊帝に会って、意見を述べる機会がありました。

政治腐敗を批判する気持ちで、こんなことを言います。

「三公からの上奏は、貴族や外戚の顔色をうかがっているだけです」

 

三公とは、司徒・司空・大尉の3つの役職のことで、日本に置き換えれば

太政大臣・左大臣・右大臣といったところです。

曹操は、官僚たちが好き勝手をしていることを、皇帝に直訴したのです。

 

しかし、その意見は顧みられることはありませんでした。

曹操はがっかりして故郷へ帰ってしまいます。


霊帝の死後

後継者争い 劉協と劉弁

 

189年4月、霊帝は33歳の若さで病死してしまいます。

世継ぎを指名せずに亡くなってしまったため、残された二人の皇子を巡って

後継者争いが勃発します。

簡単に整理してみましょう。

 

・劉弁(りゅうべん) のちの少帝

母:何皇后

勢力:外戚(何進)

目標:十常侍の排除→袁紹と手を組む

 

・劉協(りゅうきょう) のちの献帝

母:王美人(故人)

勢力:宦官(十常侍)

目標:何進の排除→何皇后にわいろを贈る

 

そしてその後の流れですが、

  • 劉弁が少帝として即位(外戚優勢)
  • 何進と袁紹は十常侍を一掃しようとする
  • 何皇后に阻まれる
  • 十常侍が何進を殺害(宦官優勢)
  • 袁紹が宦官を大虐殺(外戚・宦官共倒れ)

 

という図式になります。

 

董卓 はじめての三国志 ゆるい

 

その後、何進が生前に、宦官との争いに備えて助力を頼んでいた董卓が、

洛陽へ到着します。

董卓は、外戚と宦官が共倒れになったこのチャンスを逃さずに、

宮廷のトップについてしまうのです。

 

袁紹は、おいしいところを全部董卓に持って行かれてしまいました。

 

関連記事:黄巾賊の反乱を平定した漢王朝と残念なくらい無能な霊帝

関連記事:何皇后はなぜ宦官の味方をしたのか?

 

関連記事

  1. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  2. 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 怒る曹操
  4. 馬に乗って戦う徐晃
  5. 曹操と張松

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP