三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志 武具 軍備

 

殷時代の合戦は、歩兵と三人乗りの戦車が主流でした。時代が下り、戦国時代になると、趙の武霊王の発案による騎兵の出現により、戦車は時代遅れとなっていきます。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だった?


三国志時代の武器や防具について

張飛

 

軍備についての話が出てきましたので、ここで、三国時代の武器や防具について少し触れておきたいと思います。


一騎打ちは難しい?

騎馬兵 騎馬軍団

 

三国時代には、戦車はすっかりすたれ、歩兵と騎兵が主流になっていました。この時代の馬具は、「当胸」という弓よけがあり、これを馬の胸に垂らしました。鞍は、前後に板があてがわれていましたが、鐙は昇降の時に使用するのみで、通常はついていなかったようです。長い武器を手に戦場を駆け回るのが主戦法で、馬具の機能的に、一騎打ちはあまりできなかったようです。


青龍偃月刀は存在しない?

関帝廟 関羽

 

三国時代は、ようやく鉄製武器が一般化され始めた頃でした。細かな細工を施した鉄の武器はまだ実用化されていなかったのです。つまり、有名な関羽の青龍偃月刀も、呂布の方天画戟も、存在しませんでした。

 

強くなる関羽

 

当時主流だった武器は、槍の先端に横向きの刃がもうひとつついた「戟」です。また、接近戦用としては、片刃の刀が主流で、両刃の刀は実戦ではあまり使われず、儀式用として使われていたようです。


三国時代の武将達が様々な武器を持っている理由

騎馬兵 三国志

 

ではなぜ『三国志』というと、武将たちが様々な武器を持っているのでしょうか。これは、『三国志演義』の挿絵が描かれた明清時代、古代の武器や防具の資料が乏しかったためです。それでも、古い時代の話であるという雰囲気を大事にしたのでしょう。明清時代よりも少し古い時代である宋の時代の武器や防具を手本にしました。

 

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

私たちのイメージする『三国志』の武将たちの姿は、実はどちらかといえば、『三国志演義』と同じ中国の小説、『水滸伝』の武将たちに近いと言えるでしょう。

 

【古今東西の英雄達が愛用した武器・装備】
英雄の武器特集

 

関連記事

  1. 塩が途切れて白旗を挙げるイギリス海軍の帆船
  2. スキッパーキ
  3. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル
  4. 袁術と孫策
  5. 始皇帝(キングダム)

    はじめての変

    始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

    紀元前221年・春秋戦国時代を終わらせ中華統一を成し遂げた秦の…

  6. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP