編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?

この記事の所要時間: 19




三国志 武具 軍備

 

殷時代の合戦は、歩兵と三人乗りの戦車が主流でした。

時代が下り、戦国時代になると、趙の武霊王の発案による騎兵の出現により、

戦車は時代遅れとなっていきます。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だった?




三国志時代の武器や防具について

張飛

 

軍備についての話が出てきましたので、ここで、三国時代の武器や防具について

少し触れておきたいと思います。




一騎打ちは難しい?

騎馬兵 騎馬軍団

 

三国時代には、戦車はすっかりすたれ、歩兵と騎兵が主流になっていました。

 

この時代の馬具は、「当胸」という弓よけがあり、これを馬の胸に垂らしました。

鞍は、前後に板があてがわれていましたが、鐙は昇降の時に使用するのみで、

通常はついていなかったようです。

 

長い武器を手に戦場を駆け回るのが主戦法で、

馬具の機能的に、一騎打ちはあまりできなかったようです。

 

 

青龍偃月刀は存在しない?

関帝廟 関羽

 

三国時代は、ようやく鉄製武器が一般化され始めた頃でした。

細かな細工を施した鉄の武器はまだ実用化されていなかったのです。

つまり、有名な関羽の青龍偃月刀も、呂布の方天画戟も、存在しませんでした。

 

当時主流だった武器は、槍の先端に横向きの刃がもうひとつついた「戟」です。

また、接近戦用としては、片刃の刀が主流で、

両刃の刀は実戦ではあまり使われず、儀式用として使われていたようです。

 

三国時代の武将達が様々な武器を持っている理由

騎馬兵 三国志

 

ではなぜ『三国志』というと、武将たちが様々な武器を持っているのでしょうか。

これは、『三国志演義』の挿絵が描かれた明清時代、古代の武器や防具の資料が

乏しかったためです。

 

それでも、古い時代の話であるという雰囲気を大事にしたのでしょう。

明清時代よりも少し古い時代である宋の時代の武器や防具を手本にしました。

 

私たちのイメージする『三国志』の武将たちの姿は、実はどちらかといえば、

『三国志演義』と同じ中国の小説、『水滸伝』の武将たちに近いと言えるでしょう。

 

関連記事:殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた『封神演義』

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Par…
  2. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  3. 項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?
  4. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  5. 三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?…
  6. 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  7. 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!
  8. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの?
  2. 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男
  3. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親
  4. 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  5. 何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男
  6. 【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは? 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何? あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの? 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】

おすすめ記事

  1. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  2. まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家
  3. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  4. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将
  5. 三國無双では女性が戦闘しているが本当に史実でも戦っていたの?
  6. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1
  7. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  8. 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP