ライセンシー募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

この記事の所要時間: 243




三人(魏 呉 蜀)

日本では一般的に『三国時代』と言えば、魏・呉・蜀の三国が鼎立(ていりつ)した

中国の三国時代を指しますが、世界史に目を向けると、中国以外にも『三国時代』のあった国があります。

 

今回はそんな世界の『三国時代』を紹介しましょう。




朝鮮の『三国時代』と『後三国時代』

2128ee6fb985ffd3d2b047ff9f39c711_m

 

朝鮮半島から満州にかけて、高句麗(こうくり)・百済(くだら)・新羅(しらぎ)の三国が鼎立した時代が『三国時代』と呼ばれています。

韓国の歴史学では朝鮮の歴史書『三国史記(さんごくしき)』の表記に基づき紀元前1世紀から7世紀にかけてをこう呼称しています。

しかしこの『三国史記』の記述には疑問点も多く、中国の歴史資料とも整合性が取れないことから、

日本の歴史学では中国の歴史書『晋書』にならい、4世紀から7世紀としています。

 

朝鮮半島において三国が鼎立、発展しえた背景には後漢の滅亡が大きく影響しているでしょう。

ご存知の通り、中国では後漢の滅亡後は三国時代となり、その後唐が成立するまで約300年もの間、

安定した長期王朝が成立することがありませんでした。

 

それは大陸から朝鮮半島への影響が弱まっていたと言うことも出来るでしょう。

半島北側に位置していた高句麗はその後満州へ勢力を拡大、一時はかなりの領土を持つに至りましたが、

後に唐と同盟を組んだ新羅によって半島は統一され、三国時代は終焉に至りました。

 

後に9世紀末から10世紀前半にかけ、弱体化していた新羅が分裂することから始まる時代を『後三国時代』と呼びますが、

これは約半世紀に満たない短い期間でした。




イギリスの『三国時代』

イギリス 三国時代

 

ブリテン諸島(現在のイギリスとアイルランド)には16世紀半ばから18世紀末までの間、

イングランド王国・スコットランド王国・アイルランド王国の三国が存在していました。

この時代を『三国時代』と呼ぶことがあります。

 

17世紀初頭、スチュアート朝のジェームズ1世がイングランド・スコットランド両王国の王を兼任して以来、

両国は一人の君主を戴く連合国家になっていましたが、18世紀に両国の議会はイングランド側の議会に統一され、完全に統合されました。

(ただし、スコットランドの自治拡大の為、1999年にスコットランド議会は復活しています。)

その後、19世紀頭にアイルランド王国が統合され、現在のイギリスの原型となるグレートブリテン王国が成立しました。

 

豆知識: スコッチウイスキーの誕生秘話

三国志 ウィスキー

 

なお、これはまったくの余談になりますが、

イングランドとスコットランドが統合される以前、スコッチウイスキーは現在と違い、無色透明でもっと粗悪な蒸留酒でした。

二国が統合された後、イングランド政府はスコッチウイスキーに重税を課しますが、

これに反発したスコットランド人たちは密造したウイスキーをシェリー酒の樽に詰めて、山中などに隠しました。

 

隠されている間、ウイスキーに樽の成分が溶けこんで熟成が進み、今のような琥珀色のウイスキーになったということです。

まさにスコッチウイスキーはイギリスの歴史が生み出した酒と言えるでしょう。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

古代琉球の『三国時代』ならぬ『三山時代』

古代琉球 三国時代

 

琉球に南山、中山、北山という三つの王国が並立した14世紀~15世紀にかけての時代を『三山時代』と呼びます。

三つの王国は中国の明に朝見して勢力を誇りましたが、最終的に中山が琉球を統一しました。

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

 

耳で聞いて覚える三国志




よく読まれている記事

横浜関帝廟

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

 

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

はじめての三国志 ライター 石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  2. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  3. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  4. 【はじめての孫子】第8回:夫れ兵の形は水に象(かたど)る。
  5. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義…
  6. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!
  7. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  8. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  2. 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  3. 【ネオ三国志】第7話:皇帝に就任した袁術と荀彧の秘策【蒼天航路】
  4. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  5. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  6. 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは? 【センゴク】浅井・朝倉の滅亡と羽柴秀吉の出世を徹底分析 スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】 ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた! 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家

おすすめ記事

  1. 孔明の死後から三国志の統一までをザックリ紹介
  2. ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪
  3. 【センゴク】織田信長と伊勢・長島の一向一揆衆の戦いを解説するよ
  4. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】
  6. 春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?
  7. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志の魅力編 【003】
  8. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP