ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

高句麗まで攻めるカン丘倹


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三人(魏 呉 蜀)

日本では一般的に『三国時代』と言えば、魏・呉・蜀の三国が鼎立(ていりつ)した中国の三国時代を指しますが、世界史に目を向けると、中国以外にも『三国時代』のあった国があります。

 

今回はそんな世界の『三国時代』を紹介しましょう。


朝鮮の『三国時代』と『後三国時代』

高句麗まで攻めるカン丘倹

 

朝鮮半島から満州にかけて、高句麗(こうくり)・百済(くだら)・新羅(しらぎ)の三国が鼎立した時代が『三国時代』と呼ばれています。韓国の歴史学では朝鮮の歴史書『三国史記(さんごくしき)』の表記に基づき紀元前1世紀から7世紀にかけてをこう呼称しています。

 

しかしこの『三国史記』の記述には疑問点も多く、中国の歴史資料とも整合性が取れないことから、日本の歴史学では中国の歴史書『晋書』にならい、4世紀から7世紀としています。

 

朝鮮半島において三国が鼎立、発展しえた背景には後漢の滅亡が大きく影響しているでしょう。ご存知の通り、中国では後漢の滅亡後は三国時代となり、その後唐が成立するまで約300年もの間、安定した長期王朝が成立することがありませんでした。

 

それは大陸から朝鮮半島への影響が弱まっていたと言うことも出来るでしょう。半島北側に位置していた高句麗はその後満州へ勢力を拡大、一時はかなりの領土を持つに至りましたが、後に唐と同盟を組んだ新羅によって半島は統一され、三国時代は終焉に至りました。後に9世紀末から10世紀前半にかけ、弱体化していた新羅が分裂することから始まる時代を『後三国時代』と呼びますが、これは約半世紀に満たない短い期間でした。


イギリスの『三国時代』

 

ブリテン諸島(現在のイギリスとアイルランド)には16世紀半ばから18世紀末までの間、イングランド王国・スコットランド王国・アイルランド王国の三国が存在していました。この時代を『三国時代』と呼ぶことがあります。

 

17世紀初頭、スチュアート朝のジェームズ1世がイングランド・スコットランド両王国の王を兼任して以来、両国は一人の君主を戴く連合国家になっていましたが、18世紀に両国の議会はイングランド側の議会に統一され、完全に統合されました。

 

(ただし、スコットランドの自治拡大の為、1999年にスコットランド議会は復活しています。)

その後、19世紀頭にアイルランド王国が統合され、現在のイギリスの原型となるグレートブリテン王国が成立しました。


豆知識: スコッチウイスキーの誕生秘話

 

なお、これはまったくの余談になりますが、イングランドとスコットランドが統合される以前、スコッチウイスキーは現在と違い、無色透明でもっと粗悪な蒸留酒でした。二国が統合された後、イングランド政府はスコッチウイスキーに重税を課しますが、これに反発したスコットランド人たちは密造したウイスキーをシェリー酒の樽に詰めて、山中などに隠しました。

 

隠されている間、ウイスキーに樽の成分が溶けこんで熟成が進み、今のような琥珀色のウイスキーになったということです。まさにスコッチウイスキーはイギリスの歴史が生み出した酒と言えるでしょう。


古代琉球の『三国時代』ならぬ『三山時代』

古代琉球 三国時代

 

琉球に南山、中山、北山という三つの王国が並立した14世紀~15世紀にかけての時代を『三山時代』と呼びます。

三つの王国は中国の明に朝見して勢力を誇りましたが、最終的に中山が琉球を統一しました。

 

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 法正 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  2. 姜維と孔明 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの?
  3. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  4. 曹操 女性の敵? 鄒氏 【宛城の戦い】背後にあった女性(鄒氏)の謎と想像の考察
  5. 曹操 曹操は容姿が貧相だったって本当?正史から読み解くよ
  6. 孔明の罠 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  7. 董卓 董卓の魅力的な部分は一体いくつあるのか数えるよ!
  8. 張譲 宦官 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】

コメント

    • ぽみ

    スコットランドは最近独立運動が起きてたりするので
    また三国時代になったりしてw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夏侯惇
  2. 関興と張苞
  3. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  4. 曹純
  5. 逃げる夏侯覇
  6. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  7. kawausoとおとぼけ
  8. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  2. 【水滸伝】史進の活躍は最初だけ?108星最初の豪傑の最期も呆気なかった 史進(水滸伝)
  3. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計 曹操VSかく
  4. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官 魏の文官・李孚(りふ)
  5. 織田信長はどうして焼き討ちをしたの?それは○○○だから! 廃仏毀釈
  6. 大久保利通は何で暗殺されたの?紀尾井坂の変(大久保利通暗殺事件)に迫る 大久保利通 幕末

三國志雑学

  1. 沮授
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 後継者を決めた劉表
  4. 五虎大将軍の関羽
  5. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 仲の悪い魏延と楊儀
  2. 丁奉(ていほう)
  3. 韓信vs孔明
  4. 孔明 司馬懿 陸遜
  5. 豊臣秀吉 戦国時代
  6. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  7. 料理人

おすすめ記事

酒を飲む曹操と劉備と呂布 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった 合戦シーン 後北条氏滅亡は氏政の判断ミスだった? 貂蝉 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負 三国志に出てくる海賊達と甘寧 【第一次濡須口の戦い】赤壁より人数が多い三国志史上屈指の会戦 蜀の魏延 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの? 蜀の厳顔 厳顔の最後はとっても○○だった!! 陸遜 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP