三国志平話




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン諸島などを紹介

この記事の所要時間: 243




三人(魏 呉 蜀)

日本では一般的に『三国時代』と言えば、魏・呉・蜀の三国が鼎立(ていりつ)した

中国の三国時代を指しますが、世界史に目を向けると、中国以外にも『三国時代』のあった国があります。

 

今回はそんな世界の『三国時代』を紹介しましょう。




朝鮮の『三国時代』と『後三国時代』

2128ee6fb985ffd3d2b047ff9f39c711_m

 

朝鮮半島から満州にかけて、高句麗(こうくり)・百済(くだら)・新羅(しらぎ)の三国が鼎立した時代が『三国時代』と呼ばれています。

韓国の歴史学では朝鮮の歴史書『三国史記(さんごくしき)』の表記に基づき紀元前1世紀から7世紀にかけてをこう呼称しています。

しかしこの『三国史記』の記述には疑問点も多く、中国の歴史資料とも整合性が取れないことから、

日本の歴史学では中国の歴史書『晋書』にならい、4世紀から7世紀としています。

 

朝鮮半島において三国が鼎立、発展しえた背景には後漢の滅亡が大きく影響しているでしょう。

ご存知の通り、中国では後漢の滅亡後は三国時代となり、その後唐が成立するまで約300年もの間、

安定した長期王朝が成立することがありませんでした。

 

それは大陸から朝鮮半島への影響が弱まっていたと言うことも出来るでしょう。

半島北側に位置していた高句麗はその後満州へ勢力を拡大、一時はかなりの領土を持つに至りましたが、

後に唐と同盟を組んだ新羅によって半島は統一され、三国時代は終焉に至りました。

 

後に9世紀末から10世紀前半にかけ、弱体化していた新羅が分裂することから始まる時代を『後三国時代』と呼びますが、

これは約半世紀に満たない短い期間でした。




イギリスの『三国時代』

イギリス 三国時代

 

ブリテン諸島(現在のイギリスとアイルランド)には16世紀半ばから18世紀末までの間、

イングランド王国・スコットランド王国・アイルランド王国の三国が存在していました。

この時代を『三国時代』と呼ぶことがあります。

 

17世紀初頭、スチュアート朝のジェームズ1世がイングランド・スコットランド両王国の王を兼任して以来、

両国は一人の君主を戴く連合国家になっていましたが、18世紀に両国の議会はイングランド側の議会に統一され、完全に統合されました。

(ただし、スコットランドの自治拡大の為、1999年にスコットランド議会は復活しています。)

その後、19世紀頭にアイルランド王国が統合され、現在のイギリスの原型となるグレートブリテン王国が成立しました。

 

豆知識: スコッチウイスキーの誕生秘話

三国志 ウィスキー

 

なお、これはまったくの余談になりますが、

イングランドとスコットランドが統合される以前、スコッチウイスキーは現在と違い、無色透明でもっと粗悪な蒸留酒でした。

二国が統合された後、イングランド政府はスコッチウイスキーに重税を課しますが、

これに反発したスコットランド人たちは密造したウイスキーをシェリー酒の樽に詰めて、山中などに隠しました。

 

隠されている間、ウイスキーに樽の成分が溶けこんで熟成が進み、今のような琥珀色のウイスキーになったということです。

まさにスコッチウイスキーはイギリスの歴史が生み出した酒と言えるでしょう。

 

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

古代琉球の『三国時代』ならぬ『三山時代』

古代琉球 三国時代

 

琉球に南山、中山、北山という三つの王国が並立した14世紀~15世紀にかけての時代を『三山時代』と呼びます。

三つの王国は中国の明に朝見して勢力を誇りましたが、最終的に中山が琉球を統一しました。

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

 

耳で聞いて覚える三国志




よく読まれている記事

横浜関帝廟

 

関連記事:横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの?

 

関帝廟 関羽

 

よく読まれてる記事:関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法

 

 

関羽 神様

 

よく読まれてる記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

 

はじめての三国志 ライター 石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランス…
  2. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  3. 五胡十六国の火種は曹操が撒いた?各時代の異民族を紹介
  4. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だっ…
  5. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  6. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  7. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小…
  8. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実
  2. 明智光秀(1)の生い立ちと15代将軍足利義昭の家臣になるまで
  3. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  4. 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)
  5. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  6. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ! 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!! 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった! 「見てる媒体」から「見たい媒体」へ脱皮宣言!はじ三公孫瓚特集

おすすめ記事

  1. 成廉(せいれん)と魏越(ぎえつ)とはどんな人?呂布が強いのは俺達がいてこそ!
  2. 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情
  3. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  4. 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?
  5. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた
  6. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武将
  7. 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!???
  8. 【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP