法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

時空を超える関羽、琉球の民話に登場

沖縄そばを食べる関羽

沖縄 関羽

 

地味なので、あまり知られてはいませんが、沖縄にも関帝廟があります。

 

独立したものではなく、孔子廟に付属しているのではありますが・・(泣)

沖縄は琉球時代から中国とは交流があり、その中で関帝信仰が伝播していき

何と、沖縄県、名護市の屋部(やぶ)の民話には関羽(かんう)が登場します。

 

カンテイオーとワーシャーオ―

関羽神様

 

昔々、唐の国に関帝王(カンテイオー)という領民思いの立派な武将がいました。

関帝王は、一日に千里を走る馬(赤兎馬の事)に乗り、毎日領内で

悪い事をする者はいないかと目を光らせていました。

 

この領地には、ワーシャーオーと名乗る力自慢もいました。

ワーシャーとは沖縄の言葉で養豚業を意味します。

 

ワーシャーオーは、その日の昼ご飯の為に、豚肉を大釜で煮て、

重さ300斤(180キロ)という石の蓋で重しをしていました。

 

連記事:関帝廟のご利益は……神様の名前は、「関聖帝君」

 

カンテイオー、石の蓋を青龍堰月刀でひっくり返す

 

たまたま、そこを通りかかる関帝王、道端でいいニオイがするので

見まわすと、豚肉が釜でグツグツ煮られています。

 

「ちょうどいい、腹が減っていた所だ、頂くとしよう」

 

こうして関帝王は勝手に青龍堰月刀を石蓋の間に差し込み、

重さ180キロもある蓋をひっくり返して、中にある豚肉を

刀に突き刺して、自分で半分食べました。

 

「美味い、美味い、よしお前も食べろ」

 

関帝王は、残りの半分を赤兎馬に与え、赤兎はこれを美味しそうに

食べてしまいます。

ショック!赤兎馬は草食獣なのに肉食系だった!!

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

 

ワーシャーオーは、関帝王の家来になる

曹操イラスト0029 kiki

その一部始終を見ていたワーシャーオー、ドロボー!と怒るどころか

関帝王の怪力に恐れ入り「家来にして下さい」と頼みます。

 

関帝王は、「家来にしてもいいが、ワシは領地を馬で回っておる、

お前は馬を持っているのか?」と聴きます。

 

ワーシャーオーは「馬はありませんが、ワシの足には三本の剛毛があり

これをバネのようにして走る事が出来ます」と言いました。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 宦官たち  人々の鑑になった良い宦官達
  2. 孔明 【三国志星座占い】諸葛亮は双子座?
  3. 孔明の留守宅の壁に長々と漢詩を書いて汚す劉備 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ
  4. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  5. 93話:名将 張任、遂に堕ちる
  6. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  7. 袁術と呂布 呂布をリトマス試験紙にして群雄の性格を鑑定してみた
  8. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 魯粛、周瑜、袁術
  4. 残忍な曹丕
  5. チェストと叫ぶ西郷隆盛
  6. 呂布に暗殺される董卓
  7. キングダム53巻
  8. 劉備 呂布 裏切り

おすすめ記事

  1. 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ? 馬超と韓遂
  2. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る 馬超の仲間入り
  3. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した! 孫堅、孫賁
  4. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を最小限に済ませる戦術とは? 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった
  6. 龐徳は曹操のみならず子孫代々称えられた忠臣だった ホウ徳

三國志雑学

  1. 宦官の趙高
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  3. 太史慈
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  2. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  3. 負けた魏延
  4. 亡くなる孫堅
  5. 渋沢栄一

おすすめ記事

曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん) 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 袁術 第12話:袁術くん「傾聴」を孫堅から学ぶ 車に乗る諸葛亮 劉琦が劉備と諸葛亮に利用されていた理由とは? 朝まで三国志 袁紹 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【前半】 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP