架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

時空を超える関羽、琉球の民話に登場

この記事の所要時間: 347

沖縄 関羽

 

地味なので、あまり知られてはいませんが、沖縄にも関帝廟があります。

 

独立したものではなく、孔子廟に付属しているのではありますが・・(泣)

沖縄は琉球時代から中国とは交流があり、その中で関帝信仰が伝播していき

何と、沖縄県、名護市の屋部(やぶ)の民話には関羽(かんう)が登場します。

 

カンテイオーとワーシャーオ―

関羽神様

 

昔々、唐の国に関帝王(カンテイオー)という領民思いの立派な武将がいました。

関帝王は、一日に千里を走る馬(赤兎馬の事)に乗り、毎日領内で

悪い事をする者はいないかと目を光らせていました。

 

この領地には、ワーシャーオーと名乗る力自慢もいました。

ワーシャーとは沖縄の言葉で養豚業を意味します。

 

ワーシャーオーは、その日の昼ご飯の為に、豚肉を大釜で煮て、

重さ300斤(180キロ)という石の蓋で重しをしていました。

 

連記事:関帝廟のご利益は……神様の名前は、「関聖帝君」

 

カンテイオー、石の蓋を青龍堰月刀でひっくり返す

 

たまたま、そこを通りかかる関帝王、道端でいいニオイがするので

見まわすと、豚肉が釜でグツグツ煮られています。

 

「ちょうどいい、腹が減っていた所だ、頂くとしよう」

 

こうして関帝王は勝手に青龍堰月刀を石蓋の間に差し込み、

重さ180キロもある蓋をひっくり返して、中にある豚肉を

刀に突き刺して、自分で半分食べました。

 

「美味い、美味い、よしお前も食べろ」

 

関帝王は、残りの半分を赤兎馬に与え、赤兎はこれを美味しそうに

食べてしまいます。

ショック!赤兎馬は草食獣なのに肉食系だった!!

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

 

ワーシャーオーは、関帝王の家来になる

曹操イラスト0029 kiki

その一部始終を見ていたワーシャーオー、ドロボー!と怒るどころか

関帝王の怪力に恐れ入り「家来にして下さい」と頼みます。

 

関帝王は、「家来にしてもいいが、ワシは領地を馬で回っておる、

お前は馬を持っているのか?」と聴きます。

 

ワーシャーオーは「馬はありませんが、ワシの足には三本の剛毛があり

これをバネのようにして走る事が出来ます」と言いました。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 張飛(ちょうひ)は本当は知将だった?
  2. 旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟の元ネタは古代中国にあった?…
  3. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が…
  4. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】…
  5. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?
  6. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リ…
  7. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕…
  8. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!
  2. 【新連載予告】『まだ漢王朝で消耗してるの?』はどんな内容なの?
  3. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何?
  4. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  5. 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!
  6. 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 赤壁の戦いは計略の宝庫

おすすめ記事

  1. 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか
  2. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  3. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!
  4. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  5. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  6. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  7. 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男
  8. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP