編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

時空を超える関羽、琉球の民話に登場

この記事の所要時間: 347

沖縄 関羽

 

地味なので、あまり知られてはいませんが、沖縄にも関帝廟があります。

 

独立したものではなく、孔子廟に付属しているのではありますが・・(泣)

沖縄は琉球時代から中国とは交流があり、その中で関帝信仰が伝播していき

何と、沖縄県、名護市の屋部(やぶ)の民話には関羽(かんう)が登場します。

 

カンテイオーとワーシャーオ―

関羽神様

 

昔々、唐の国に関帝王(カンテイオー)という領民思いの立派な武将がいました。

関帝王は、一日に千里を走る馬(赤兎馬の事)に乗り、毎日領内で

悪い事をする者はいないかと目を光らせていました。

 

この領地には、ワーシャーオーと名乗る力自慢もいました。

ワーシャーとは沖縄の言葉で養豚業を意味します。

 

ワーシャーオーは、その日の昼ご飯の為に、豚肉を大釜で煮て、

重さ300斤(180キロ)という石の蓋で重しをしていました。

 

連記事:関帝廟のご利益は……神様の名前は、「関聖帝君」

 

カンテイオー、石の蓋を青龍堰月刀でひっくり返す

 

たまたま、そこを通りかかる関帝王、道端でいいニオイがするので

見まわすと、豚肉が釜でグツグツ煮られています。

 

「ちょうどいい、腹が減っていた所だ、頂くとしよう」

 

こうして関帝王は勝手に青龍堰月刀を石蓋の間に差し込み、

重さ180キロもある蓋をひっくり返して、中にある豚肉を

刀に突き刺して、自分で半分食べました。

 

「美味い、美味い、よしお前も食べろ」

 

関帝王は、残りの半分を赤兎馬に与え、赤兎はこれを美味しそうに

食べてしまいます。

ショック!赤兎馬は草食獣なのに肉食系だった!!

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?

関連記事:呂布、関羽の愛馬・赤兎馬が気になってたまらない

関連記事:【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い?

 

ワーシャーオーは、関帝王の家来になる

曹操イラスト0029 kiki

その一部始終を見ていたワーシャーオー、ドロボー!と怒るどころか

関帝王の怪力に恐れ入り「家来にして下さい」と頼みます。

 

関帝王は、「家来にしてもいいが、ワシは領地を馬で回っておる、

お前は馬を持っているのか?」と聴きます。

 

ワーシャーオーは「馬はありませんが、ワシの足には三本の剛毛があり

これをバネのようにして走る事が出来ます」と言いました。

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留…
  2. 【二世対決】呉の名将陸遜の息子・陸抗VS雷神の養嗣子・立花宗茂
  3. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考…
  4. いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾…
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5…
  6. 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる
  7. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  8. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  2. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの?
  3. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  4. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  5. さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説
  6. 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【5/15〜5/22】 はじめての三国志開設2周年のご挨拶 三国志の時代に象兵はいたの? 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる! 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負 ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の名将

おすすめ記事

  1. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  2. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「祝融夫人の日常」
  4. 三国志平話って何?三国志演義の元ネタ
  5. 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!!
  6. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  7. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  8. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP