関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽 横浜中華街

 

孔子廟と並んで、中国や台湾では関帝廟がたくさんあります。日本にも、函館、横浜、神戸などにあり、常に賑わいを見せています。関帝廟に祀られている神様の名前は、「関聖帝君」。この名前は、関羽雲長が、神格化されて追贈されたものです。


関帝廟のご利益

関羽神様

・商売繁盛

・入試合格

・家内安全

・学問

 

などと言われています。

 

関羽の青銅像

 

関羽なのに!?と驚かれる方も多いことでしょう。

 

確かに関羽はたいへん高名な武将で、義理や信義にも厚く、信仰の対象となることにはなにも疑問はありません。孔明と渡り合えるほどの頭脳を持つ関羽は、学問の神というのはいいでしょう。必勝祈願ということで、入試の合格もうなずけます。しかし、なぜに商売繁盛?なぜに家内安全?

 

関連記事:関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇 


商売繁盛について考える

空城も計 孔明

 

関羽はもともと塩の密売人であったという民間伝承があります。そこで、商売の神様にされたのではないかと考えられているそうです。本当でしょうか?ここで少し、汜水関の戦いを思い出してみましょう。


関羽と酒

関羽VS華雄完成

 

董卓軍の猛将、華雄の強さに、袁紹をはじめとした連合軍は手も足も出ない状態となります。そこへ名乗り出た関羽は、酒がまだ温かいうちに、華雄の首をとって帰ってきます。

 

酔っ払う関羽

 

このエピソードです!それに加えて、関羽と言えば、赤ら顔。お酒のイメージにぴったりです。酒屋はこぞって、人気の武将である関羽を店の看板に掲げました。ここから、商売繁盛の由来となり、商売の神様として、崇拝の対象となっていったのです。

 

関連記事:関羽が生涯に斬った主な敵将を紹介 

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる


家内安全について考える

関羽 関索

 

関羽に家庭的なイメージが浮かばないのは、私だけでしょうか。『正史』では、実子とされる関平も、『三国志演義』では養子となっているため、関羽には妻がいたのかどうかさえわかりません。そんな彼が家内安全。とすると、思い出すエピソードは一つです。

 

関羽

 

200年、小沛を治めていた劉備のもとへ、曹操軍が攻め込んできたとき、妻子を置き去りにして逃げた劉備の代わりに、関羽は夫人を連れて曹操に投降し、劉備の夫人を守り抜きました。身を挺して人さまの家庭を守ってくれたわけです。まさに、家内安全ですね。

 

関連記事:謎多き登場人物、関索って何者? 

関連記事:関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人

関連記事:なぜ関羽は武神から商売の神様になったのか?

 

関連記事

  1. 呂布のあっけない最後
  2. 郭嘉
  3. ボロボロになった馬超
  4. 空箱を受け取る荀彧
  5. 龐統

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP