よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

この記事の所要時間: 37




※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

三国志は、一人で万人を倒す猛将が登場して戦いの限りを尽くす物語です。

しかし、猛将や知将達の破壊の一方で華佗(かだ)は病に苦しむ人々を救う

医術の力で世の中を再生させる事に貢献していきました。

彼の医術は時代を超越したもので、曹操(そうそう)は彼を主治医にしますが、

ある悲しい理由で、華佗曹操に疎まれ獄死してしまうのです。




華佗は徐州で遊学し次第に名を知られる

 

華佗元化は(かだ・げんか:?~208年)はどこで産まれたか分かりません。

一説では、曹操と同じ豫(よ)州沛国譙(しょう)県であるとも言われています。

華佗という名前も本名ではなく、先生という意味が変化したものだそうです。

中国では名門は何十代にも渡り一族の名前が系図に残りますから、

そこから考えると、華佗は下級身分の出身で地位は高くなかったのでしょう。

 

華佗は若い頃に徐州で遊学し「経書」を学んだようです。

そして、陳珪(ちんけい)によって孝廉(こうれん)という行いの良い人を

役人に取り立てる制度で推挙されたり、三公の黄琬(こうえん)によって

招聘(しょうへい)を受けたりしていますが、いずれも断っています。

伝承によると華佗は百歳近い高齢であるにも関わらず、若々しい姿で、

養生の術に長じていたようです。




華佗スーパーDrぶりを発揮、体操から外科手術まで・・

 

華佗は、健康増進の方法として体操の元祖というべき五禽戯(ごきんぎ)を考案します。

これは、熊や鳥、虎、鹿、猿というような動物の動きを取り入れた体操で

毎日行う事で新陳代謝を活発にし、汗をかいて食事も美味しくなるというもので

五禽戯を行うと90歳を超えても病気知らずだったそうです。

 

また、華佗は、麻沸散(まふつさん)という全身麻酔を施して腹部を開く

外科手術を行っていたという記録もあります。

それに、お酒に薬草を混ぜてお正月に飲む屠蘇(とそ)も華佗が始めたようです。

このように、華佗は時代を超えたスーパーDrだったのです。

 

関連記事:五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!

 

スーパーDr華佗の診察日記 寄生虫退治

 

神医と讃えられた華佗は、中華各地を転々としつつ、病人を治していきます。

曹操に仕えた陳登(ちんとう)は生の魚が大好きでそのせいで寄生虫が胃に棲みつきます。

胃の不快感でうめいていると、たまたま、近くにいた華佗が虫下しの薬を

2升調合して半分づつ飲ませると陳登は口から虫を吐き、すっかり治ってしまいました。

 

しかし、華佗は、

「この病気は3年後に再発するので、その時までに良い医者を探しておきなさい」

と言って立ち去ります。

3年経過して陳登の病は再発しましたが、近くに名医がいなかったので、

そのまま死んでしまいました。

 

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

 

スーパーDr 華佗の診察日記 怒らせれば治る

 

ある郡の大守は、重病に苦しんでいましたが、華佗が診断すると、

思い切り怒らせれば治るという事が分りました。

そこで、華佗は高額の治療代をふんだくりながら、ろくに診断もせずにすごし、

大守が治療するように催促すると、大守の悪口を書いた手紙を残して逃げました。

手紙を見た大守は怒りのあまり数升の血を吐き、それで病気は治りました。

 

スーパーDr華佗の診察日記 双子の流産

 

李通(りつう)という人の妻が流産した後に重病に罹りました。

華佗が診断すると、お腹に子供が降りずに残っていると言います。

しかし李通は、「すでに子供は降りた」と言って信じません。

一時は回復した妻ですが、しばらくすると再び腹部の激痛を訴えます。

李通が再び華佗を呼ぶと、流産した子供は双子で一人残っていて、

腹部を圧迫していると診断し外科手術で、もう一人の子を取りだしました。

以後、妻の病気は回復しました。

 

スーパーDr華佗の診察日記 何とか出来ないの?

 

小役人の尹正(いんせい)は、体が熱っぽく、喉が渇き人の声でイライラし、

小便が出ないという症状に悩まされていました。

華佗は診察して、

「熱い物を食べて汗が出れば治ります、出なければ、

泣きながら死んでしまうでしょう」と言いました。

 

尹正は、熱いモノを食べましたが、汗が出ません・・

そして、華佗の診断通り苦痛で泣きながら死んだそうです。

 

よく考えると、詰めが甘かったり、治療じゃなくて人を怒らせただけ

というような話もありますが、全体としては名医です。

 

曹操に名声が届き、主治医になる

 

華佗の評判は、ついに天下の3分の2を支配した曹操まで届きます。

曹操は原因不明の頭痛と目まいに悩まされていたので、さっそく

華佗に治療をお願いすると、華佗は針治療であっという間に治します。

 

曹操は喜び主治医として手元に置くようになりました。

でも、華佗の心は少しも晴れませんでした。

 

低い身分に絶望し曹操の元を離れる華佗

 

華佗の望みは高い官位でした、若い頃に経書を納めたのも医師として

認められたいという願いからでした。

ところが三国志の時代の医師は地位が低く、職人や占い師のような

カテゴリに押し込められていました。

 

なまじ、鄴(ぎょう)のような華やかな都にいると、きらびやかな馬車と、

多くの従者にかしずかれた高位・高官がどんどんやってきます。

田舎で治療している時には、感じなかった虚しさが華佗を襲います。

 

幾ら病気を治しても褒美があるだけで地位は低いままです。

悲しくなった華佗は故郷に医学書を取りにいくと嘘をつき、

曹操の元を離れてしまいます。

 

華佗の嘘を知った曹操は怒り、投獄して殺してしまう

 

曹操は華佗が戻らないので、何度か催促の使者を出しますが、

「妻の看病をしている」と言うばかりで戻ってきません。

曹操は華佗を疑い、部下に家を監視させると、妻が病気というのは

嘘であるという事が判明しました。

 

おのれ!華佗、ワシを騙したなぁ!」

 

曹操は華佗が嘘をついて自分から逃げた事を許せず、強引に故郷から

引きずり出すと投獄してしまいました。

 

そして、どうして自分の元から逃げたのかと執拗に追及し、

荀彧(じゅんいく)が命乞いするのも聞かず、拷問の末に殺してしまうのです。

 

sp_title01

 

 

スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のク…
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第12部
  3. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょ…
  4. 16話:菫卓を変貌させた権力と武官差別
  5. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  6. 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  7. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりや…
  8. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備は本当に大器だったの?三国志演義の主役を斬る
  2. 袁術祭り開催日程のお知らせ
  3. 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選!
  4. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  5. 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話
  6. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの? 占領する城を増やし領土を広げる国盗りボードゲーム『三国志ダイス』の事前登録を8月22日からスタート どうして蜀は人材難に陥ったのか? 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1 はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。 みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説

おすすめ記事

  1. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  2. 何で武田晴信は長尾景虎との対決を避け続けたの?
  3. 【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も徳で感化させる
  4. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?
  5. 【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い
  6. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  7. 吉田松陰の「草莽崛起論」とはどんなもの?分かりやすく解説
  8. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP