呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

スーパーDr華佗




※こちらの記事は「大戦乱!!三国志バトル」専用オリジナルコンテンツです。

 

三国志は、一人で万人を倒す猛将が登場して戦いの限りを尽くす物語です。

しかし、猛将や知将達の破壊の一方で華佗(かだ)は病に苦しむ人々を救う

医術の力で世の中を再生させる事に貢献していきました。

彼の医術は時代を超越したもので、曹操(そうそう)は彼を主治医にしますが、

ある悲しい理由で、華佗曹操に疎まれ獄死してしまうのです。




華佗は徐州で遊学し次第に名を知られる

 

華佗元化は(かだ・げんか:?~208年)はどこで産まれたか分かりません。

一説では、曹操と同じ豫(よ)州沛国譙(しょう)県であるとも言われています。

華佗という名前も本名ではなく、先生という意味が変化したものだそうです。

中国では名門は何十代にも渡り一族の名前が系図に残りますから、

そこから考えると、華佗は下級身分の出身で地位は高くなかったのでしょう。

 

華佗は若い頃に徐州で遊学し「経書」を学んだようです。

そして、陳珪(ちんけい)によって孝廉(こうれん)という行いの良い人を

役人に取り立てる制度で推挙されたり、三公の黄琬(こうえん)によって

招聘(しょうへい)を受けたりしていますが、いずれも断っています。

伝承によると華佗は百歳近い高齢であるにも関わらず、若々しい姿で、

養生の術に長じていたようです。




華佗スーパーDrぶりを発揮、体操から外科手術まで・・

 

華佗は、健康増進の方法として体操の元祖というべき五禽戯(ごきんぎ)を考案します。

これは、熊や鳥、虎、鹿、猿というような動物の動きを取り入れた体操で

毎日行う事で新陳代謝を活発にし、汗をかいて食事も美味しくなるというもので

五禽戯を行うと90歳を超えても病気知らずだったそうです。

 

また、華佗は、麻沸散(まふつさん)という全身麻酔を施して腹部を開く

外科手術を行っていたという記録もあります。

それに、お酒に薬草を混ぜてお正月に飲む屠蘇(とそ)も華佗が始めたようです。

このように、華佗は時代を超えたスーパーDrだったのです。

 

関連記事:五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!

 

スーパーDr華佗の診察日記 寄生虫退治

 

神医と讃えられた華佗は、中華各地を転々としつつ、病人を治していきます。

曹操に仕えた陳登(ちんとう)は生の魚が大好きでそのせいで寄生虫が胃に棲みつきます。

胃の不快感でうめいていると、たまたま、近くにいた華佗が虫下しの薬を

2升調合して半分づつ飲ませると陳登は口から虫を吐き、すっかり治ってしまいました。

 

しかし、華佗は、

「この病気は3年後に再発するので、その時までに良い医者を探しておきなさい」

と言って立ち去ります。

3年経過して陳登の病は再発しましたが、近くに名医がいなかったので、

そのまま死んでしまいました。

 

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

 

スーパーDr 華佗の診察日記 怒らせれば治る

 

ある郡の大守は、重病に苦しんでいましたが、華佗が診断すると、

思い切り怒らせれば治るという事が分りました。

そこで、華佗は高額の治療代をふんだくりながら、ろくに診断もせずにすごし、

大守が治療するように催促すると、大守の悪口を書いた手紙を残して逃げました。

手紙を見た大守は怒りのあまり数升の血を吐き、それで病気は治りました。

 

スーパーDr華佗の診察日記 双子の流産

 

李通(りつう)という人の妻が流産した後に重病に罹りました。

華佗が診断すると、お腹に子供が降りずに残っていると言います。

しかし李通は、「すでに子供は降りた」と言って信じません。

一時は回復した妻ですが、しばらくすると再び腹部の激痛を訴えます。

李通が再び華佗を呼ぶと、流産した子供は双子で一人残っていて、

腹部を圧迫していると診断し外科手術で、もう一人の子を取りだしました。

以後、妻の病気は回復しました。

 

スーパーDr華佗の診察日記 何とか出来ないの?

 

小役人の尹正(いんせい)は、体が熱っぽく、喉が渇き人の声でイライラし、

小便が出ないという症状に悩まされていました。

華佗は診察して、

「熱い物を食べて汗が出れば治ります、出なければ、

泣きながら死んでしまうでしょう」と言いました。

 

尹正は、熱いモノを食べましたが、汗が出ません・・

そして、華佗の診断通り苦痛で泣きながら死んだそうです。

 

よく考えると、詰めが甘かったり、治療じゃなくて人を怒らせただけ

というような話もありますが、全体としては名医です。

 

曹操に名声が届き、主治医になる

 

華佗の評判は、ついに天下の3分の2を支配した曹操まで届きます。

曹操は原因不明の頭痛と目まいに悩まされていたので、さっそく

華佗に治療をお願いすると、華佗は針治療であっという間に治します。

 

曹操は喜び主治医として手元に置くようになりました。

でも、華佗の心は少しも晴れませんでした。

 

低い身分に絶望し曹操の元を離れる華佗

 

華佗の望みは高い官位でした、若い頃に経書を納めたのも医師として

認められたいという願いからでした。

ところが三国志の時代の医師は地位が低く、職人や占い師のような

カテゴリに押し込められていました。

 

なまじ、鄴(ぎょう)のような華やかな都にいると、きらびやかな馬車と、

多くの従者にかしずかれた高位・高官がどんどんやってきます。

田舎で治療している時には、感じなかった虚しさが華佗を襲います。

 

幾ら病気を治しても褒美があるだけで地位は低いままです。

悲しくなった華佗は故郷に医学書を取りにいくと嘘をつき、

曹操の元を離れてしまいます。

 

華佗の嘘を知った曹操は怒り、投獄して殺してしまう

 

曹操は華佗が戻らないので、何度か催促の使者を出しますが、

「妻の看病をしている」と言うばかりで戻ってきません。

曹操は華佗を疑い、部下に家を監視させると、妻が病気というのは

嘘であるという事が判明しました。

 

おのれ!華佗、ワシを騙したなぁ!」

 

曹操は華佗が嘘をついて自分から逃げた事を許せず、強引に故郷から

引きずり出すと投獄してしまいました。

 

そして、どうして自分の元から逃げたのかと執拗に追及し、

荀彧(じゅんいく)が命乞いするのも聞かず、拷問の末に殺してしまうのです。

 

sp_title01

 

 

スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

の続きは、「大戦乱!!三国志バトル」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「大戦乱!!三国志バトル」を登録しよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹仁 曹操の窮地を何度も救った英雄・曹仁
  2. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  3. 馬超と韓遂 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?
  4. 呂蒙を慰める孫権 これぞ理想の主君!呂蒙の才を更に伸ばした孫権
  5. 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔?
  6. 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?
  7. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  8. 関羽 関羽の名言にはどんなモノがあるの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  2. 劉備 結婚
  3. キングダム
  4. 毛沢東(もうたくとう)
  5. 趙雲
  6. 孔明の罠
  7. 荀彧
  8. 明智光秀 wikipedia
  9. バリバリビジネスマンの坂本龍馬

おすすめ記事

  1. 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任 劉備 危機一髪
  2. 龐統はどんな性格をしていたの?希代の怠け者であり曹操を騙した軍師 龐統
  3. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」
  4. 孔明の北伐の目標はどこだったの? 北伐する孔明
  5. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  6. 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動 悩む司馬炎

三國志雑学

  1. 影の薄い孫権
  2. 車に乗る諸葛亮
  3. 木牛流馬


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 項羽
  2. 孔明
  3. キングダム52巻
  4. 劉備と酒を交わす曹操
  5. 曹操は褒め上手
  6. 木牛流馬
  7. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代 これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック! 孫権と張昭 【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!? 呂布のラストウォー 呂布 呂布奉先はどんな人?武力だけじゃない凄い所8選 周瑜と孫策 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった? 孔明 まだまだいた三国志の名外交官たち5選 吉田松陰の弟子と松下村塾の教育方針を紹介 孫武(ゆるキャラ) 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの? 田豊 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP