編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

この記事の所要時間: 32

三国志演技 三国志正史

 

三国志に登場するのは、豪傑や知将ばかりではありません。

その99・9%は、名も無い兵士達なのです。

 

ある意味、その存在が無ければ物語が成り立たない兵士ですが、

その実態は、輝かしい武将の陰に隠れて、あまり見えてきません。

そこで、はじさんでは、三国志の兵士達の日常について書いてみます。

 

 

兵士の給料はどうなっていたの?

兵士

 

兵士だって人間、食べなければ生きてはいけません。

補給を断たれた軍隊があっという間に崩壊するように、

これは、一日も怠る事の出来ない大問題でした。

 

張鵬一『晋令輯存』(三秦出版社)という本によると、

三国時代の終わり頃の西晋の時代の西域に駐屯した兵には、

一日に、六升の麦が支給されていたとあります。

 

六升というと、10・8リットルになり多いというイメージですが、

これは現在の基準の話で、当時の1升は現在の二合半にしかならず、

六升と言っても、実際は1升五合という事になります。

これは脱穀前の麦であり、実際に食べられる量はもっと少ない事になります。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

 

勤務した日数しか麦はもらえなかった・・

帰宅は5日に1度(泣) 三国志の武将

 

仮に、1升五合の半分が食べられたとして、8合位が実質支給となると、

それでも個人の腹を膨らませるには充分な量です。

 

ところが、ここには落とし穴があり、兵士は常雇いではなく、

勤務日数制だったので、出動しない日は給料がありません。

 

辺境の警備兵ですから、異民族がやってきた時以外は、

交代制だと考えると、月々の出動は15日位として、

一日、4合が食べられるラインになります。

成人男性の食事としては、そんなに多くもないですね。

 

もしかすると、兵士の気分としては、食糧が乏しくなると、

「異民族、死人が出ない程度にカモーン」というものだったかも・・

 

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

武器はどうだったのか?死んだり逃げた場合は?

兵士

一般の兵士の装備は自前だったようです。

三国時代の兵士は、曹操(そうそう)が組織した青州兵の例に倣い、

兵戸という制度で代々が戦争に従事する事が決められていました。

逆に従軍する義務がない戸籍を民戸と言います。

 

兵戸は、家族で国から土地を貰って暮らしていますが、

その中から、成人男性が兵士として割り当てを受けて戦地に出ていました。

 

もし、兵戸の兵士が病死すると同じ家から別の成人男性が、

代わりに出陣する決まりになっています。

 

そして、兵戸の兵が逃亡した場合

同じチームを組んでいる兵戸とその家族に捜索の義務があり

もし、見つけ出せない場合には彼等が処罰されました。

 

関連記事:曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」

関連記事:三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  2. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を…
  3. 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこ…
  4. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  5. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介…
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10…
  7. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき…
  8. 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介
  2. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに?
  3. 三国志の時代に流行した超クールなスポーツ撃壌
  4. 1万7000人、秀吉軍のフルマラソン(中国大返し)街道でお茶とおにぎり食い放題、5日間で70キロ走破
  5. 鍾会(しょうかい)ってどんな人?蜀を滅ぼして独立を目指した男
  6. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲しがった人材マニア 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 【お知らせ】はじめての三国志が電子書籍レベール「桃園出版 三国舎」を設立 出来ると言われる人必携!三国時代の役人7つ道具 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介

おすすめ記事

  1. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男
  2. 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男
  3. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  4. はじめての三国志企画 – エイプリルフール特集
  5. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗
  6. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  7. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  8. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP