本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権




ee44a7190f0527b0bacbdd6ca5c4f8c0_m

 

呉の三代目君主である孫権(そんけん)には、面白い民話が伝わっています。

 

孫権は、若い頃武昌にいた事がありました。

彼は、武芸にも学問にも優れていて、殆ど全ての学びを終えると

暇で仕方が無くなったので

近くにいた農夫からカボチャの栽培方法を学びました。




孫権は頑張り屋さんな性格

かぼちゃ 孫権

 

孫権は何事も手を抜かず、一生懸命にやる性格だったので、

自分でカボチャの種を植えると、毎日、水をやり、肥料を与えて、

カボチャの蔓が延びると、棚を造って這わせ、熱心に世話をしたので、

ぐんぐんとカボチャは育って誰にも負けない美味しいカボチャになりました。




張飛(ちょうひ)が孫権に会いに行く

セイリュウ刀と蛇矛

 

そんな頃、主君劉備(りゅうび)の命令で、

張飛(ちょうひ)が孫権に会うべく呉にやってきました。

 

「呉君はどこにいらっしゃるのか?」と張飛が呉の家臣に聴くと

 

皆、「呉君は、カボチャ畑にいらっしゃる」と答えます。

 

張飛は、それを聞いても俄かには信じませんでした。

 

「呉の主ともあろう者がそんな農夫のような事をするわけがない

孫権は、俺に会いたくない理由でもあるんだろう」

 

張飛は、構わず、呉の方々を探し回りますが、どこに行っても孫権はいません。

 

 

実際にカボチャ畑に行ってみた

かぼちゃ畑 三国志

 

そこで、まさかと思いつつ、言われたカボチャ畑に馬を走らせました。

 

そこは、一面のカボチャ畑で、麦わら帽子を被った農夫が、

泥だらけになって一生懸命にカボチャを収穫しています。

 

「なんだ、やっぱり、ここにも孫権はいないじゃないか!

あいつら嘘つきやがって、ぶつぶつ、、」

 

張飛は八つ当りで、そこにあったカボチャを蛇棒でプスプスと突き刺して遊んでいます。

 

 

孫権、現る

孫権と三国アヒル

 

「将軍!何をするのです、カボチャに傷をつけないでくれ!」

農夫が振り向くと、それは紛れもない孫権の姿でした。

 

張飛はビックリして、馬から降りて、無礼を詫びたと言われます。

 

孫権が育てたカボチャは、皮が薄く実が締まっていて美味しいと

評判になり、後にその土地の名産物になったそうです。

 

孫権のほのぼのした話

孫権 冠

 

なんだか、ほのぼのした話ですが、

ストレスの強い時代を生き抜いた孫権ですから、

もしかしたら、本当に気晴らしで農業をしたのかも

知れないと思うのは私だけでしょうか?

 

それにしても、張飛は、龐統の時といい、孫権の時といい

劉備の代わりに、どこかに行くパターンが多いですね。




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 劉備軍で指揮を執る徐庶
  3. 士匡
  4. 痛い目にあう孫権
  5. ローマ法王の尻に敷かれる貧乏な欧州の国王達
  6. 典韋にボコボコにされる成廉

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP