はじめての列子
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

かぼちゃ 孫権




ee44a7190f0527b0bacbdd6ca5c4f8c0_m

 

呉の三代目君主である孫権(そんけん)には、面白い民話が伝わっています。

 

孫権は、若い頃武昌にいた事がありました。

彼は、武芸にも学問にも優れていて、殆ど全ての学びを終えると

暇で仕方が無くなったので

近くにいた農夫からカボチャの栽培方法を学びました。




孫権は頑張り屋さんな性格

かぼちゃ 孫権

 

孫権は何事も手を抜かず、一生懸命にやる性格だったので、

自分でカボチャの種を植えると、毎日、水をやり、肥料を与えて、

カボチャの蔓が延びると、棚を造って這わせ、熱心に世話をしたので、

ぐんぐんとカボチャは育って誰にも負けない美味しいカボチャになりました。




張飛(ちょうひ)が孫権に会いに行く

セイリュウ刀と蛇矛

 

そんな頃、主君劉備(りゅうび)の命令で、

張飛(ちょうひ)が孫権に会うべく呉にやってきました。

 

「呉君はどこにいらっしゃるのか?」張飛が呉の家臣に聴くと

 

皆、「呉君は、カボチャ畑にいらっしゃる」と答えます。

 

張飛は、それを聞いても俄かには信じませんでした。

 

「呉の主ともあろう者がそんな農夫のような事をするわけがない

孫権は、俺に会いたくない理由でもあるんだろう」

 

張飛は、構わず、呉の方々を探し回りますが、どこに行っても孫権はいません。

 

 

実際にカボチャ畑に行ってみた

かぼちゃ畑 三国志

 

そこで、まさかと思いつつ、言われたカボチャ畑に馬を走らせました。

 

そこは、一面のカボチャ畑で、麦わら帽子を被った農夫が、

泥だらけになって一生懸命にカボチャを収穫しています。

 

「なんだ、やっぱり、ここにも孫権はいないじゃないか!

あいつら嘘つきやがって、ぶつぶつ、、」

 

張飛は八つ当りで、そこにあったカボチャを蛇棒でプスプスと突き刺して遊んでいます。

 

 

孫権、現る

孫権と三国アヒル

 

「将軍!何をするのです、カボチャに傷をつけないでくれ!」

農夫が振り向くと、それは紛れもない孫権の姿でした。

 

張飛はビックリして、馬から降りて、無礼を詫びたと言われます。

 

孫権が育てたカボチャは、皮が薄く実が締まっていて美味しいと

評判になり、後にその土地の名産物になったそうです。

 

孫権のほのぼのした話

孫権 冠

 

なんだか、ほのぼのした話ですが、

ストレスの強い時代を生き抜いた孫権ですから、

もしかしたら、本当に気晴らしで農業をしたのかも

知れないと思うのは私だけでしょうか?

 

それにしても、張飛は、龐統の時といい、孫権の時といい

劉備の代わりに、どこかに行くパターンが多いですね。




よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した…
  2. 龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?
  3. 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話…
  4. 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか…
  5. 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  6. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  7. 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ!
  8. 劉備とサンタクロース サンタクロースにホコリ!?中国にもクリスマス・年末年始はあるの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁家をイジメる董卓
  2. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  3. 曹操は褒め上手
  4. 三国志 人気武将ランキング
  5. 老荘思想(ろうそうしそう)

おすすめ記事

  1. 曹操の窮地を何度も救った英雄・曹仁
  2. 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ
  3. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王
  4. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人
  5. 【三国志トランプ】人物の説明文がトホホな人たち 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  6. 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? 五虎大将軍の馬超

三國志雑学

  1. 張翼
  2. 曹休と曹丕を可愛がる曹操
  3. 解煩督 呉
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子

おすすめ記事

山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖の能力を数値化してみたらこうなりました 曹操 詩 【三国志群雄列伝】3分でわかる:三国志の群雄達の名言 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 蜀の姜維 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした? 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽 吉川英治様表紙リスペクト 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の居城だった坂本城とは?本能寺の変後の坂本城も紹介 劉備勝ちまくり!仮想三国志 もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP