42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁紹が宦官を惨殺に行く

 

西暦200年、それまで曹操(そうそう)とは小康状態を保っていた華北の雄袁紹(えんしょう)は、ついに重い腰を上げ、曹操(そうそう)の討伐に向かいます。

行軍する兵士達a(モブ)

 

その兵力は17万人、一方の曹操(そうそう)は15万人を動員しました。袁紹(えんしょう)軍は、手始めに黄河を挟んで対岸にある白馬を守る曹操(そうそう)軍の劉延(りゅうえん)に襲いかかりました。

 

前回記事:41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操


攻撃の先鋒隊を務めた顔良(がんりょう)

顔良&文醜

 

その攻撃の先鋒を勤めたのが袁紹軍随一の猛将顔良(がんりょう)でした。曹操(そうそう)軍が、顔良(がんりょう)の苛烈な攻撃に耐えている時に、関羽(かんう)は、赤兎馬に跨り、青龍堰月刀を引っ提げて顔良(がんりょう)の前に立ち塞がります。


関羽(かんう) vs 顔料(がんりょう)

関羽 男だち

 

「何を小癪な、そこをどかぬかーー!!」

 

漢の顔良(がんりょう)

 

顔良(がんりょう)が押しまくっている余勢を借りて、関羽(かんう)に突進した瞬間、顔良(がんりょう)の首は、血煙をあげて遥か上空に跳ね上がっていました。関羽(かんう)は、これを造作もなく拾い上げて袁紹(えんしょう)軍の将兵に見せます。総大将が討ち取られてパニックになった袁紹(えんしょう)軍は総崩れになり、白馬の劉延(りゅうえん)は窮地を脱しました。


袁紹(えんしょう)2枚看板の文醜(ぶんしゅう)を派遣

顔良と関羽

 

顔良(がんりょう)が斬られた事を知った袁紹(えんしょう)は、直ちに顔良(がんりょう)の親友で武勇は顔良(がんりょう)に勝ると言われる文醜(ぶんしゅう)を派遣します。

 

馬に乗って戦う徐晃

 

文醜(ぶんしゅう)は崩れた兵力を立てなおし、黄河を渡って延津(えんしん)という土地に軍を集結させようとします。そこに曹操(そうそう)軍の、張遼(ちょうりょう)、そして徐晃(じょこう)が向かってきます。

 

流石は文醜(ぶんしゅう)、顔良(がんりょう)を上回る力で二人の将軍と互角に打ち合い、全く引けを取りません。

 

はじめてのプロ野球 関羽

 

その時、白馬から急いで、延津(えんしん)まで戻ってきた武将がいました。そう関羽(かんう)です、律儀なモノで徐晃(じょこう)や張遼(ちょうりょう)の応援に来たのです。


関羽(かんう)加勢する

関羽神様

 

「貴様が関羽か?友の仇、討たせてもらうぞ、うおおおお!!!」

 

関羽(かんう)を見るや、文醜(ぶんしゅう)は激怒して矛を振りまわし、突進してきます。しかし、関羽(かんう)は全く怯まず、それを難なくかわし気合い一閃、青龍堰月刀を打ち下ろしました。その勢いの凄まじさに文醜(ぶんしゅう)は支えきれず、背中を見せて逃げます。ところが赤兎馬を駆る関羽(かんう)に追いつかれ背後から真っ二つに斬られました。

 

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

「ひえええ、何という強い武将だ、、」「逃げろ皆殺しにされるぞおお」

 

文醜(ぶんしゅう)が討ち取られたのを見た袁紹軍兵は先を争って黄河に飛び込み、その後を曹操(そうそう)軍は、簡単に追い詰めて殲滅してしまいました。

 

 

 前哨戦は曹操(そうそう)軍の勝利

曹操 油断

 

こうして、曹操(そうそう)対袁紹(えんしょう)の前哨戦は、関羽(かんう)の大活躍により、曹操(そうそう)軍の大勝利となったのです。

 

関羽(かんう)は義兄弟の劉備(りゅうび)が袁紹(えんしょう)軍にいること知る

曹操は関羽をGET

 

関羽(かんう)は、この時の戦いで劉備(りゅうび)が鄴という袁紹(えんしょう)の支配都市に居る事を知り顔良(がんりょう)、文醜(ぶんしゅう)の二将を斬った事で恩は返したと考え、曹操(そうそう)の下を離れる事になります。因みに三国志の正史では関羽(かんう)が斬ったのは顔良(がんりょう)だけで文醜(ぶんしゅう)は斬っていないとされています。

 

次回記事:43話:孫策、後事を孫権に託して病没する

 

 

関連記事

  1. 馬謖を斬り悲しむ孔明
  2. 劉備と再開する趙雲
  3. 孫堅逝く
  4. 官渡の戦い
  5. 発石車 曹操
  6. キレる劉備

    全訳三国志演義

    112話:怒れる劉備は70万の大軍で呉を攻める

    関羽(かんう)ばかりか、張飛(ちょうひ)ま…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP