三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる




袁紹が宦官を惨殺に行く

 

西暦200年、それまで曹操(そうそう)とは小康状態を保っていた

華北の雄袁紹(えんしょう)は、ついに重い腰を上げ、

曹操(そうそう)の討伐に向かいます。

 

その兵力は17万人、一方の曹操(そうそう)は15万人を動員しました。

袁紹(えんしょう)軍は、手始めに黄河を挟んで対岸にある白馬を守る

曹操(そうそう)軍の劉延(りゅうえん)に襲いかかりました。

 

前回記事:41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操




攻撃の先鋒隊を務めた顔良(がんりょう)

顔良&文醜

 

その攻撃の先鋒を勤めたのが袁紹軍随一の猛将顔良(がんりょう)でした。

曹操(そうそう)軍が、顔良(がんりょう)の苛烈な攻撃に耐えている時に、

関羽(かんう)は、赤兎馬に跨り、青龍堰月刀を引っ提げて

顔良(がんりょう)の前に立ち塞がります。




関羽(かんう) vs 顔料(がんりょう)

関羽 男だち

 

「何を小癪な、そこをどかぬかーー!!」

 

顔良(がんりょう)が押しまくっている余勢を借りて、

関羽(かんう)に突進した瞬間、、

 

顔良(がんりょう)の首は、血煙をあげて遥か上空に跳ね上がっていました。

関羽(かんう)は、これを造作もなく拾い上げて袁紹(えんしょう)軍の将兵に見せます。

 

総大将が討ち取られてパニックになった袁紹(えんしょう)軍は総崩れになり、

白馬の劉延(りゅうえん)は窮地を脱しました。

 

 

袁紹(えんしょう)2枚看板の文醜(ぶんしゅう)を派遣

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

顔良(がんりょう)が斬られた事を知った袁紹(えんしょう)は、

直ちに顔良(がんりょう)の親友で武勇は顔良(がんりょう)に

勝ると言われる文醜(ぶんしゅう)を派遣します。

 

 

文醜(ぶんしゅう)は崩れた兵力を立てなおし、黄河を渡って

延津(えんしん)という土地に軍を集結させようとします。

 

そこに曹操(そうそう)軍の、張遼(ちょうりょう)、

そして徐晃(じょこう)が向かってきます。

 

流石は文醜(ぶんしゅう)、顔良(がんりょう)を上回る力で

二人の将軍と互角に打ち合い、全く引けを取りません。

 

その時、白馬から急いで、延津(えんしん)まで戻ってきた武将がいました。

そう関羽(かんう)です、律儀なモノで徐晃(じょこう)や

張遼(ちょうりょう)の応援に来たのです。

 

関羽(かんう)加勢する

関羽神様

 

「貴様が関羽か?友の仇、討たせてもらうぞ、うおおおお!!!」

 

関羽(かんう)を見るや、文醜(ぶんしゅう)は激怒して矛を振りまわし、

突進してきます。

 

しかし、関羽(かんう)は全く怯まず、それを難なくかわし

気合い一閃、青龍堰月刀を打ち下ろしました。

 

その勢いの凄まじさに文醜(ぶんしゅう)は支えきれず、背中を見せて逃げます。

ところが赤兎馬を駆る関羽(かんう)に追いつかれ背後から真っ二つに斬られました。

 

「ひえええ、何という強い武将だ、、」「逃げろ皆殺しにされるぞおお」

 

文醜(ぶんしゅう)が討ち取られたのを見た袁紹軍兵は

先を争って黄河に飛び込み、その後を曹操(そうそう)軍は、

簡単に追い詰めて殲滅してしまいました。

 

 

 前哨戦は曹操(そうそう)軍の勝利

曹操 油断

 

こうして、曹操(そうそう)対袁紹(えんしょう)の前哨戦は、

関羽(かんう)の大活躍により、曹操(そうそう)軍の大勝利となったのです。

 

関羽(かんう)は義兄弟の劉備(りゅうび)が袁紹(えんしょう)軍にいること知る

曹操は関羽をGET

 

関羽(かんう)は、この時の戦いで劉備(りゅうび)が鄴という

袁紹(えんしょう)の支配都市に居る事を知り顔良(がんりょう)、

文醜(ぶんしゅう)の二将を斬った事で恩は返したと考え、

曹操(そうそう)の下を離れる事になります。

 

因みに三国志の正史では関羽(かんう)が斬ったのは顔良(がんりょう)だけで

文醜(ぶんしゅう)は斬っていないとされています。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:43話:孫策、後事を孫権に託して病没する




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 大喬 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  2. 馬良(眉白) 三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』
  3. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  4. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷…
  5. 西郷隆盛は大家族!幕末ビッグダディを解説
  6. 【保存版】キングダム、あの名将の悲惨な最期ワースト8選
  7. シリア 関羽 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ
  8. そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 桃園兄弟

おすすめ記事

  1. 謎の書物『契丹古伝』とは何?騎馬民族征服王朝説を解説 騎射の術に長けた騎馬兵士
  2. 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの?
  3. 三国志をテーマとした美少女簡単ストラテジーRPG『三国志炎舞~王様の物語~』8月25日より配信をスタート
  4. 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービスを考える」 はじめての三国志編集長kawauso
  5. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  6. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い

三國志雑学

  1. 君たちはどう生きるか?劉禅
  2. ブチ切れる曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫武(ゆるキャラ)
  2. 車に乗る諸葛亮
  3. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル
  4. 苛ついている曹操

おすすめ記事

【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った? 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は? 曹丕 曹丕はけっこうグルメだった!?蜀の食文化にも食いつく! 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官 【李傕・郭汜祭り 6日目】全員悪人の例外?献帝を保護するつもりだった段煨(だんわい) 胡亥 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの? 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習 宋銭 お金と紙幣 澶淵の盟はどんな影響が出たの?堕落する真宗と北宋の滅亡の始まり

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP