呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

関羽 男だち




袁紹が宦官を惨殺に行く

 

西暦200年、それまで曹操(そうそう)とは小康状態を保っていた

華北の雄袁紹(えんしょう)は、ついに重い腰を上げ、

曹操(そうそう)の討伐に向かいます。

 

その兵力は17万人、一方の曹操(そうそう)は15万人を動員しました。

袁紹(えんしょう)軍は、手始めに黄河を挟んで対岸にある白馬を守る

曹操(そうそう)軍の劉延(りゅうえん)に襲いかかりました。

 

前回記事:41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操




攻撃の先鋒隊を務めた顔良(がんりょう)

顔良&文醜

 

その攻撃の先鋒を勤めたのが袁紹軍随一の猛将顔良(がんりょう)でした。

曹操(そうそう)軍が、顔良(がんりょう)の苛烈な攻撃に耐えている時に、

関羽(かんう)は、赤兎馬に跨り、青龍堰月刀を引っ提げて

顔良(がんりょう)の前に立ち塞がります。




関羽(かんう) vs 顔料(がんりょう)

関羽 男だち

 

「何を小癪な、そこをどかぬかーー!!」

 

顔良(がんりょう)が押しまくっている余勢を借りて、

関羽(かんう)に突進した瞬間、、

 

顔良(がんりょう)の首は、血煙をあげて遥か上空に跳ね上がっていました。

関羽(かんう)は、これを造作もなく拾い上げて袁紹(えんしょう)軍の将兵に見せます。

 

総大将が討ち取られてパニックになった袁紹(えんしょう)軍は総崩れになり、

白馬の劉延(りゅうえん)は窮地を脱しました。

 

 

袁紹(えんしょう)2枚看板の文醜(ぶんしゅう)を派遣

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

顔良(がんりょう)が斬られた事を知った袁紹(えんしょう)は、

直ちに顔良(がんりょう)の親友で武勇は顔良(がんりょう)に

勝ると言われる文醜(ぶんしゅう)を派遣します。

 

 

文醜(ぶんしゅう)は崩れた兵力を立てなおし、黄河を渡って

延津(えんしん)という土地に軍を集結させようとします。

 

そこに曹操(そうそう)軍の、張遼(ちょうりょう)、

そして徐晃(じょこう)が向かってきます。

 

流石は文醜(ぶんしゅう)、顔良(がんりょう)を上回る力で

二人の将軍と互角に打ち合い、全く引けを取りません。

 

その時、白馬から急いで、延津(えんしん)まで戻ってきた武将がいました。

そう関羽(かんう)です、律儀なモノで徐晃(じょこう)や

張遼(ちょうりょう)の応援に来たのです。

 

関羽(かんう)加勢する

関羽神様

 

「貴様が関羽か?友の仇、討たせてもらうぞ、うおおおお!!!」

 

関羽(かんう)を見るや、文醜(ぶんしゅう)は激怒して矛を振りまわし、

突進してきます。

 

しかし、関羽(かんう)は全く怯まず、それを難なくかわし

気合い一閃、青龍堰月刀を打ち下ろしました。

 

その勢いの凄まじさに文醜(ぶんしゅう)は支えきれず、背中を見せて逃げます。

ところが赤兎馬を駆る関羽(かんう)に追いつかれ背後から真っ二つに斬られました。

 

「ひえええ、何という強い武将だ、、」「逃げろ皆殺しにされるぞおお」

 

文醜(ぶんしゅう)が討ち取られたのを見た袁紹軍兵は

先を争って黄河に飛び込み、その後を曹操(そうそう)軍は、

簡単に追い詰めて殲滅してしまいました。

 

 

 前哨戦は曹操(そうそう)軍の勝利

曹操 油断

 

こうして、曹操(そうそう)対袁紹(えんしょう)の前哨戦は、

関羽(かんう)の大活躍により、曹操(そうそう)軍の大勝利となったのです。

 

関羽(かんう)は義兄弟の劉備(りゅうび)が袁紹(えんしょう)軍にいること知る

曹操は関羽をGET

 

関羽(かんう)は、この時の戦いで劉備(りゅうび)が鄴という

袁紹(えんしょう)の支配都市に居る事を知り顔良(がんりょう)、

文醜(ぶんしゅう)の二将を斬った事で恩は返したと考え、

曹操(そうそう)の下を離れる事になります。

 

因みに三国志の正史では関羽(かんう)が斬ったのは顔良(がんりょう)だけで

文醜(ぶんしゅう)は斬っていないとされています。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:43話:孫策、後事を孫権に託して病没する




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編
  2. 孔明による出師の表 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  3. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  4. 馬謖を斬り悲しむ孔明 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  5. 趙雲 三尖刀 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  6. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  7. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第4部
  8. おとぼけ 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCL…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. チャーチル
  3. ツンデレ曹丕
  4. 出世した韓遂
  5. 陸遜

おすすめ記事

  1. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは? 徐庶
  2. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官
  3. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由 李儒と三国志
  4. 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道) 赤壁の戦いで敗北する曹操
  5. 明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった経緯 明智光秀 麒麟がくる
  6. 実は笑い上戸のちっこいオッサン? 『曹瞞伝』に見る曹操像 笑う曹操

三國志雑学

  1. 側室の女性達を励ます甄氏
  2. 結婚を喜ぶ孫策
  3. 司馬懿
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張魯
  2. 黄巾賊を撃退する太史慈
  3. キングダム52巻
  4. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  5. ゾンビ化した孟獲
  6. 紂王

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】 100万人の三國志 Specialとはどんなアプリゲーム? 徐庶と出会う劉備 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜 陸抗と羊祜は力が拮抗していたから○○しなかった 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 渋沢栄一 渋沢栄一とはどんな人?大政奉還後、明治時代の実業家になるまで 『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。演義編に新シナリオ「徐庶伝」を追加。お得なパッケージの限定販売も はじめての三国志 画像準備中 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP