架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる

この記事の所要時間: 24




袁紹が宦官を惨殺に行く

 

西暦200年、それまで曹操(そうそう)とは小康状態を保っていた

華北の雄袁紹(えんしょう)は、ついに重い腰を上げ、

曹操(そうそう)の討伐に向かいます。

 

その兵力は17万人、一方の曹操(そうそう)は15万人を動員しました。

袁紹(えんしょう)軍は、手始めに黄河を挟んで対岸にある白馬を守る

曹操(そうそう)軍の劉延(りゅうえん)に襲いかかりました。

 

前回記事:41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操




攻撃の先鋒隊を務めた顔良(がんりょう)

顔良&文醜

 

その攻撃の先鋒を勤めたのが袁紹軍随一の猛将顔良(がんりょう)でした。

曹操(そうそう)軍が、顔良(がんりょう)の苛烈な攻撃に耐えている時に、

関羽(かんう)は、赤兎馬に跨り、青龍堰月刀を引っ提げて

顔良(がんりょう)の前に立ち塞がります。




関羽(かんう) vs 顔料(がんりょう)

関羽 男だち

 

「何を小癪な、そこをどかぬかーー!!」

 

顔良(がんりょう)が押しまくっている余勢を借りて、

関羽(かんう)に突進した瞬間、、

 

顔良(がんりょう)の首は、血煙をあげて遥か上空に跳ね上がっていました。

関羽(かんう)は、これを造作もなく拾い上げて袁紹(えんしょう)軍の将兵に見せます。

 

総大将が討ち取られてパニックになった袁紹(えんしょう)軍は総崩れになり、

白馬の劉延(りゅうえん)は窮地を脱しました。

 

 

袁紹(えんしょう)2枚看板の文醜(ぶんしゅう)を派遣

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

顔良(がんりょう)が斬られた事を知った袁紹(えんしょう)は、

直ちに顔良(がんりょう)の親友で武勇は顔良(がんりょう)に

勝ると言われる文醜(ぶんしゅう)を派遣します。

 

 

文醜(ぶんしゅう)は崩れた兵力を立てなおし、黄河を渡って

延津(えんしん)という土地に軍を集結させようとします。

 

そこに曹操(そうそう)軍の、張遼(ちょうりょう)、

そして徐晃(じょこう)が向かってきます。

 

流石は文醜(ぶんしゅう)、顔良(がんりょう)を上回る力で

二人の将軍と互角に打ち合い、全く引けを取りません。

 

その時、白馬から急いで、延津(えんしん)まで戻ってきた武将がいました。

そう関羽(かんう)です、律儀なモノで徐晃(じょこう)や

張遼(ちょうりょう)の応援に来たのです。

 

関羽(かんう)加勢する

関羽神様

 

「貴様が関羽か?友の仇、討たせてもらうぞ、うおおおお!!!」

 

関羽(かんう)を見るや、文醜(ぶんしゅう)は激怒して矛を振りまわし、

突進してきます。

 

しかし、関羽(かんう)は全く怯まず、それを難なくかわし

気合い一閃、青龍堰月刀を打ち下ろしました。

 

その勢いの凄まじさに文醜(ぶんしゅう)は支えきれず、背中を見せて逃げます。

ところが赤兎馬を駆る関羽(かんう)に追いつかれ背後から真っ二つに斬られました。

 

「ひえええ、何という強い武将だ、、」「逃げろ皆殺しにされるぞおお」

 

文醜(ぶんしゅう)が討ち取られたのを見た袁紹軍兵は

先を争って黄河に飛び込み、その後を曹操(そうそう)軍は、

簡単に追い詰めて殲滅してしまいました。

 

 

 前哨戦は曹操(そうそう)軍の勝利

曹操 油断

 

こうして、曹操(そうそう)対袁紹(えんしょう)の前哨戦は、

関羽(かんう)の大活躍により、曹操(そうそう)軍の大勝利となったのです。

 

関羽(かんう)は義兄弟の劉備(りゅうび)が袁紹(えんしょう)軍にいること知る

曹操は関羽をGET

 

関羽(かんう)は、この時の戦いで劉備(りゅうび)が鄴という

袁紹(えんしょう)の支配都市に居る事を知り顔良(がんりょう)、

文醜(ぶんしゅう)の二将を斬った事で恩は返したと考え、

曹操(そうそう)の下を離れる事になります。

 

因みに三国志の正史では関羽(かんう)が斬ったのは顔良(がんりょう)だけで

文醜(ぶんしゅう)は斬っていないとされています。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

次回記事:43話:孫策、後事を孫権に託して病没する




よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  2. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!…
  3. 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  4. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  5. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  6. 【李傕・郭汜祭り 2日目】凶暴さでは李傕に劣らない郭汜のバイオレ…
  7. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  8. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてし…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?
  2. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  3. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者
  4. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは?
  5. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  6. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明 三国志フェス2015に「はじめての三国志」のおとぼけも主演します! ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった! 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・

おすすめ記事

  1. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  2. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後
  3. 【はじさん運営報告】イベント・企画・アクセス数
  4. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  5. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?
  6. 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ!
  7. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」
  8. 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP