よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説

三国志地図

 

三国志は古代中国の物語ですので、当然、その時代の地名が頻繁に登場してきます。

中でも特に目にすることが多いのが『州(しゅう)』の名前でしょう。

劉備(りゅうび)が関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)と義兄弟の契りを交わした涿県楼桑村(たくけんろうそうそん)は当時の兗州(えんしゅう)にあり、彼が皇帝として支配した蜀(しょく)の国は州で言えば益州(えきしゅう)という地にあたります。

 

三国時代の行政区画はどのように分けられていたのでしょうか?

そして、『州』とはどんな規模の行政区画だったのでしょうか?

 

 

 

『州』は現代日本の都道府県に当たる?

九州

中国において『州』という行政区画が用いられるようになったのは、三国時代より1200年程前の周(しゅう)の時代にさかのぼることができます。

当時は中国全土を九つの州に分け、これを『九州(きゅうしゅう)』と総称しました。

 

三国時代より200年程前、後漢(ごかん)の時代になると、行政区画は州・郡(ぐん)・県(けん)の三級制が敷かれるようになります。

州は行政区画の最も大きな単位で、現代の日本で言うなら『都道府県』に当たると言えるでしょう。

 

後漢の時代には13の州が設置されましたが、『九州』という呼称は中国全土を意味する言葉として、後の世でも用いられています。

 

 

三国時代の14州について

三国志地図 州

三国志の舞台となる三国時代には、中国全土は

 

・幽州(ゆうしゅう)

・青州(せいしゅう)

・冀州(きしゅう)

・并州(へいしゅう)

・徐州(じょしゅう)

・兗州(えんしゅう)

・豫州(よしゅう)

・司州(ししゅう)

・雍州(ようしゅう)

・涼州(りょうしゅう)

・揚州(ようしゅう)

・荊州(けいしゅう)

・益州(えきしゅう)

・交州(こうしゅう)

 

の、全14州に区分されていました。

各州がどのような場所にあったかについては、地図をご参照ください。

 

三国鼎立が成立した時代、魏は首都である洛陽のある司州の他、幽・青・冀・并・徐・兗・豫・雍・涼の十の州を支配下においていました。

 

揚州の建業を都とした呉は、その他荊州と交州、合わせて3つの州を治めました。

当初、荊州は益州の成都を都とした蜀の支配下にありましたが後に呉に奪われており、最終的には益州ひとつだけをその領土としました。

 

 

現在も用いられている『州』

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

 

三国時代以降も、『州』は行政区画を表す名称として用いられ続けています。

三国時代から約300年後の隋(ずい)の時代、州という単位は一時的に廃止されましたが、

次の唐の時代には、道(どう)の下にあたる区分の名称として復活しました。

 

現在の中国、中華人民共和国でも、『州』の名称は『省(しょう)』などの第一級行政区の下にあたる少数民族の自治州として使われています。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

 

よく読まれてる記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

ライター:

石川克世

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

好きな映画:

未来世紀ブラジル

パンズラビリンス

タルコフスキーのストーカー

座右の銘:

・事象に惑わされるな。ここがお前の現実だ(押井守)

・私に3分、時間をください(鈴木健二)

・これでいいのだ(バカボンのパパ)

 

この記事のデザインを担当した人:よりぶりん

よりぶりん 三国志

■HN:
よりぶりん

■自己紹介:
イラスト担当のよりぶりんです、ご存じの方もそうでない方も名前だけでも覚えて帰って下さいね。

三国志初心者の新米イラストレーターでございます。

なにとぞ温かい目で見てやってください。宜しくお願い致します

■口癖:
「すいません」 とにかく謝ったら勝ちと思っている腰ぬけです

■集めている物:
漫画本「ワンピース・龍狼伝・浦安鉄筋家族」etc

■幸せを感じる瞬間:
麻雀の牌を触っている時!お風呂に入った時!

■尊敬する人:
麻雀を日本に伝えた人(誰かわからないですが・・・)

■どうしてもこれだけは譲れないもの:
コーヒーが飲めない環境!コーヒーが無いと凶暴になります。

■何か一言:

イラストのリクエスト御座いましたらお気軽どうぞ!
メッセージサイトに頂ければ全力で落書きさせて頂きます(笑)
よりぶりんでした。

関連記事

  1. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  2. 【三顧の礼】Three Kingdomsの諸葛亮が一瞬で張飛のハ…
  3. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  4. 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史
  5. アドバイザー賈詡の張繍育成日記
  6. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  7. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだっ…
  8. 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

  1. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  2. これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)
  3. 69話:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い
  4. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦
  5. 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?
  6. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった 漫画では猟師の潁考叔!本当は気合いの入った戦士だった 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!? 燃える本能寺 明智光秀の遺体は本物ではないって本当? 豊臣秀吉 戦国時代2 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!

おすすめ記事

  1. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  2. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  3. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  4. 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備 後継者を決めるのに困っている劉表
  5. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる
  6. ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!
  7. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(2/3)
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP