よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国時代の音楽ってどんな感じだったの?

この記事の所要時間: 253

周瑜 周郎

 

曹操は音楽を好み、宴の席で楽の音に合わせ、しばしば即興詩を披露したといいます。

また、周瑜は音楽に精通し、したたか酒に酔っていても、音楽の演奏に間違いがあるとその事を指摘するよう振り向いたことから

 

『曲に誤りあれば周郎が振り向く』と言いはやされました。

 

三国時代、人々にとって音楽はどのようなものであったのでしょうか?

 

演奏できる状態で発見された紀元前6000年頃の骨笛

1024px-Neolithic_bone_flute

 

音楽の起源は古く、いつ頃からあったのか、定かではありません。

現在、最も古い時代に作られた笛であると確実視されているのは、ドイツで発見された36000年前の骨製の笛です。

 

中国神話において、人類を創造したとされる神『女禍』(じょか)が、人間に音楽を与えたとされています。

 

1986年には中国で紀元前6000年頃に作られたと思われる笛が数本出土しています。

 

素材はタンチョウの骨と考えられ、中には現在でも演奏可能なものも含まれていました。

 

 

政治・道徳的に重視されていた音楽

三国志 音楽

 

現代人にとっての音楽は娯楽であり芸術であり……

つまり楽しむための創作作品、というイメージが強いところですが、古代中国では、音楽を政治的な儀礼に利用する考え方が強くありました。

 

その時代、音楽は人の本心やまごころを表現するための重要な手段と考えられていました。

音楽は正しく用いることで人間の意識をコントロールして意識を高める道具とされ、

礼儀作法と合わせて『礼楽』(れいがく)とも呼ばれました。

 

礼楽を重視した孔子は音楽理論を記述した『楽経』(がっけい)という書物を記したとされていますが、

これは秦の始皇帝が行った『焚書坑儒』(ふんしょこうじゅ)によって焼き払われ、失われてしまったと伝えられています。

 

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

 

 

重箱の隅をつついたわけではない周瑜

周瑜 美男子

 

『礼楽』の考え方によれば、音楽は正しい楽器や曲目、そして演奏を行うことで初めてその本来的な役割を果たすとされ、

さまざまな思想家が音楽理論を論じる書物を書き記しました。

 

こうした『礼楽』の考え方は前漢時代まで支配的であったとされますが、

後漢の時代に入るとそうした堅苦しい考え方から解き放たれた自由な形式の楽曲『楽府』がもてはやされるようになります。

 

曹操も、この新しい音楽である『楽府』に合わせて即興詩を詠んだとされています。

 

しかし、三国時代は新しい音楽の時代ではありましたが、まだまだ古い『礼楽』の考え方が根強く残っていたことは想像に難くありません。

音楽を正しく演奏することが求められる『礼楽』にあっては、小さな演奏ミスも大きな問題であったのでしょう。

 

些細な演奏ミスをいちいち指摘するような周瑜の行為は、現代時の音楽観からすればやや『重箱の隅を突く』ようにも思えますが、

『礼楽』という背景を考えれば、音楽に精通していたという周瑜の反応としてはごく自然なものだったのかもしれませんね。

 

中国風のメロディと聞いてどう思い浮かべますか?

中国 メロディ

 

『中国風のメロディ』と聞いて、多くの方がまず思い浮かべるのは

 

「チャカチャカチャンチャンチャンチャンチャン~♪」

 

というメロディではないでしょうか?

 

さまざまな楽曲に似たようなフレーズが使われており、その原典が何であるかははっきりしていませんが、どうやらその出典元は中国の音楽ではないようです。

 

19世紀半ばにアメリカで作曲された

 

「アラジンの中国大スペクタクルあるいは魔法のランプ(The Grand Chinese Spectacle of Aladdin or The Wonderful Lamp)」という

オペレッタに、この原型となったメロディが確認できます。

 

 

魔法のランプのメロディ

 

あのメロディは欧米人が『中国風』を意識して創ったもののようですね。

 

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

耳で聞いて覚える三國志

 

こちらの記事もよく読まれています

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

よく読まれてる記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

 

孔明 軍師

 

 

よく読まれてる記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

 

お酒 三国志 曹操

 

よく読まれてる記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

 

賈詡

 

よく読まれてる記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

ライター:

石川克世

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

好きな映画:

未来世紀ブラジル

パンズラビリンス

タルコフスキーのストーカー

座右の銘:

・事象に惑わされるな。ここがお前の現実だ(押井守)

・私に3分、時間をください(鈴木健二)

・これでいいのだ(バカボンのパパ)

 

関連記事

  1. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事…
  2. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  3. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  4. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  5. 三国志演義の趙雲の見どころを一挙ご紹介!
  6. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  7. 【シミルボン】これは意外!モノマネが大好きだった三国志の人々
  8. 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【海の日特集】甘寧だけじゃない三国志に出てくる海賊達を紹介
  2. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  3. 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで)
  4. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る
  5. 諸葛恪は諸葛亮からあれをパクッていた!?
  6. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山 【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた! 髀肉の嘆(ひにくのたん)って何?劉備が嘆いた言葉とは? 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事 吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!

おすすめ記事

  1. 【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術
  2. 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!?
  3. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!
  4. 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた
  5. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  6. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  7. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  8. 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP